UnNews:日本マクドナルド、分社化を検討

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

ファストフード大手の日本マクドナルド社は、同日日本経済新聞社の取材に対し、平成29年3月中の分社化を検討していることを明らかにした。

同社のサラ・カサノバ社長は、平成29年4月1日より消費税が10%に引き上げられるのに対応するため、食事を提供する「日本マクド」と、食事をする場所を提供する「日本マック」に現在の「日本マクドナルド社」を分社化することを取締役会で決定したと答えた。次回の株主総会にて承認を得る考えだ。

軽減税率対象取引については、「飲食料品の譲渡」について、

  • 食品衛生法上の飲食店・喫茶店・その他の食事の提供を行う事業者が、一定の飲食設備のある場所等において行う食事の提供は軽減税率の対象とならない

とされている。同様に、政府・与党による発表によれば、フードコートでの飲食は軽減税率の対象とならないこともわかっている。

だが、日本マクドナルド社は、「「日本マクド」では、テイクアウトのみを提供する。もしその場で食べたいと願う顧客に対しては、いったん紙袋に詰めたものをテイクアウトにしてもらった上で店の外に出てもらい、別の入り口から「日本マック」が提供する食事場所に入店してもらう。一度店の外に出るので、これはテイクアウトだ。「日本マック」への入店については、1人1円の場所提供料を徴収する」とコメント。また、完全に店の入り口をわけるために、 2016年秋以降に、順次すべての店舗をパワーアップ改装することも表明。業績が低迷している同社には、税率アップによってイートインが割高となることでさらに売り上げが減少することへの警戒感が強く、訴訟大国出身の社長らしい法の抜け穴を突いた妙手と言えよう。

今後の展開としては、マクドナルドの同業であるモスバーガーケンタッキーなどが追随するのか、また、同様にファストフードである丸亀製麺はなまるうどん小諸そばなどがどのように対応するのかについて注目が集まりそうだ。

また、屋台の「たこ焼き」や「焼きそば」が軽減税率、椅子のある屋台の「おでん」が標準税率となることもわかっており、屋台運営各社は屋台から椅子を撤去する改修工事を進めている。同法は、通行の邪魔になる椅子が撤去されることで杖が引っかかってしまう足の悪いお年寄りや見境なく走り回ってよくぶつかってしまう子供たちにとても優しい国造りに貢献できる素晴らしい法案と言えるであろうと、日本経済新聞社は同日の社説で称賛した。


最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ