UnNews:柔道 東京五輪に向け新ルール有効は廃止

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【12月10日配信】

五輪旗
ロシア代表候補、プーチン選手

国際柔道連盟は9日、2020年東京オリンピックに向けて、新しいルールの内容を有効にする案の廃止を発表しました。新ルールは「有効」のポイントが廃止するし、抑え込みの技ありもこれまでより5秒短縮され、10秒で技ありとなるほか、男子の試合時間が5分から4分に短縮されることや、技のポイントについてはこれまでの「有効」と「技あり」が「技あり」に統一され、「技あり」2回の「合わせ技一本」はなくなり、また、これまで指導4つで反則負けとなっていたのが指導3つで反則負けになり、男子の試合時間がこれまでの5分から1分短くなり女子と同じ4分に短縮されることになっていました。

国際柔道連盟ではこれらのルールを有効にしないの理由は、試合での混乱を防ぐものだと説明しています。

しかし、急に新ルールがを有効にする案の廃止が決まったため、選手たちは余計に混乱しているようです。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ