UnNews:迫る2/14、商戦過熱

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2月12日配信】

貴方の思いをこの一本に。

今年も来る2月14日に向け、製酒業界による商戦が過熱の一途を辿っている。言うまでもなく2月14日はバランタインデー。1986年にバランタイン社のウイスキー販売量が世界第3位となったことを記念して始まった「愛する人にウィスキーを贈る日」である。

ある者は水割りである者はストレートで、またある者はオンザオックで。バランタインはあらゆる土地、ライフスタイルに適応する「庶民の贅沢」として愛されている。バランタイン社のある一人は「味が落ちずに、これほど変化に対応することができるのは、飛び抜けて良質なウイスキーだけなんだ」と語る。

日本でもそのブームは過熱の一途を辿り、毎年バランタインデーを前にするとデパートの洋酒売り場に出来る行列は最早風物詩。スタンダードな「ファイネスト」は勿論、希望小売価格80,000円という30年ものも飛ぶように売れ「毎月バランタインデーがあれば…」と店員が思わず笑みをこぼす売れ行きを誇っている。クリスマス仕様「バランタイン クリスマスリザーブ」のようにバランタインデーリザーブも企画されたが、予約段階で注文数を超えてしまい一般発売は殆ど行われなかったほどである。

今年のオススメはフレグランススタイル。ウィスキーと抜群に相性のいいチョコレートをマリアージュ相手にどうぞ。

貴方も一時、酔い痴れてみませんか?


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ