UnNews:韓国で新たな犠牲者が決まる

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2017年5月9日 ソウル 韓国日報配信】

韓国で新たなるテトンニョンを選出する大祭の儀式が執り行われ、文在寅氏がテトンニョンに就任した。テトンニョンとは朝鮮半島南部に伝わる風習による身分で、文化人類学者の研究結果によると、テトンニョンは生け贄の一種と考えられている。

テトンニョンは霊的に絶大な力を持ち、幸運をもたらすとされており、多くの人々からの信仰を集める。日常では、国家の安寧や、国民の願望を叶える祈願をする。またテトンニョンの仕事としてお布施集めも重要である。この国家的な生け贄であるテトンニョンの制度は、適当な人間をテトンニョンに担ぎ上げておき、その適当な人間が「霊的な力」を失ったと多くの人に思われた頃に、その人物をテトンニョンの座から追放してあの世刑務所に叩き込み、神聖な生け贄として神に捧げる習慣が続いている。

韓国国籍を持つ40歳以上の成人がテトンニョンになる資格があるとされている。テトンニョンは韓国の運命を占う予言者でもある。テトンニョンに選ばれることは、悲惨な形で人生が終了することに直結しているため、人並み以上の知性を持つ人物はテトンニョンなどと言う役割をやりたがらない。なので、少々知的に難のある人物を周囲の人間がおだてたり、騙したりしてテトンニョンの候補にしてしまう。かなりの残虐性を含む制度なので、公平を期する目的で国民の投票でテトンニョンになる人物を決める制度となっている。通常の場合テトンニョンに選ばれた人物は、5年間程度テトンニョンとして崇拝された後に、悪質な罰ゲームよりヒドい悲惨な最期を遂げることにより、韓国にまつわる負の力を一身に背負う。そして韓国に五穀豊穣・家内安全・商売繁盛の幸運をもたらすと信じられている。

外部リンク[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ