UnNews:韓国原発の新設白紙に 文大統領「安全安価でない」

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

韓国文在寅大統領は、「原発は安全でも安くもなく、環境にいいわけでもない」と指摘し、技術大国小日本でも事故が起こってしまうのに韓国人の

では原発のような高度技術は制御不能だとして、新規原発の建設計画を白紙にするほか、設計寿命を超えた原発は稼働を延長しないと宣言。延長して運転中の原発は早期に閉鎖するとした。

韓国では過去の強制的大停電を教訓として発電所が大量に建設され、電力が余っているという事情もある。

CO2を排出しない、とされる原発を止めて火力発電等に依存することは環境問題を引き起こすのではないか、との懸念については、「アメリカ・トランプ政権パリ協定から離脱し、環境問題で韓国が批判されにくい状況だ」と楽観視。もし電力が 不足しそうな時は「電灯の使用を止め、ロウソクで明かりを取ろう」と、前大統領を退陣に追い込んだロウソク革命を引合いにだし、憲政史上初の大統領弾劾を勝ち取った自らの偉大さをアピールした。

なお、文大統領は核爆弾の製造にまい進する北朝鮮について聞かれると、「金第一書記率いる北の技術は確かで、独裁国家であるがゆえに人民が感じるプレッシャーが強く、倫理観も非常に高い」と高く評価し、「韓国と違って北朝鮮の核技術は安全で、たとえ核兵器が完成しても同胞である我々に向けられることはなく、アメリカ日本に被害を及ぼすだけだと確信している」と問題視しない意向を示した。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ