UnNews:韓国政府 徴用工判決について司法の判断を尊重とコメント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【ウリジナル新聞】

韓国政府は、日本による植民地時代に強制徴用された韓国人被害者4人に対し、新日本製鉄損害賠償を命じた韓国大法院判決について、司法の判断を尊重し、判決の趣旨を厳密に実行していく立場を明らかにした。

政府高官は「韓国国内に存在する日本企業の資産を強制的に収用し、被害者救済に繋げるのがベストだ」と述べ、立法措置のために法案の準備に入った。

原告のイ・チュンシクさんは判決後、「(原告は)私を入れて4人なのに、1人で裁判を受け気分が良くない。日本側は韓国側の判断を歓迎し、これまでのことをきれいに清算すべく早急に私に損害賠償金を払うべきだ。これまで苦しんだ分、世界遺産めぐりなど、豪遊したい」と述べた。

原告の一人で故人になったキム・ギュスさんの夫人チェ・ジョンホさん(85)は「どうせならもう少し早く判決を出してもらいたかった。せめて賠償金は早く振り込んで欲しい。私もそんなに先が長くないから」と残念がった。

市民の反応も上々だ。ソウル市民にインタビューすると、判決を支持する声が圧倒的に多く聞こえた。

  • 「当然の判決だと思います」
  • 「強制労働させて、戦場では先頭に立たせた人々に賠償するのは当然。私の祖父も日本軍に徴兵され、戦ったと聞く。今すぐ賠償金をよこせ」
  • 「今日の判決を人類の正義が勝利した記憶とするため、徴用工像を世界遺産に認定すべきだ」
  • 「日本は韓国から多くのモノを奪った。マジンガーZとかいう、テコンVからパクったアニメの著作権使用料や、ワピースの劣化版であるワンピースのキャラクター商権も韓国に帰属させるべきだ」

日本政府は反発を強めている。安倍首相は「今回の判決は国際法に照らしてあり得ない判断だ」と語気を強めた。右翼新聞社である産経新聞は「韓国には結局、民主主義は無理なのだろう」と政府高官が漏らしたと報道した。国際協定や実定法よりも国民情緒という世論の顕在化を重視する、真の民主主義国家である韓国の国民性に、政府内で「韓国疲れ」が蔓延しているとする的外れな指摘もある。野党も玉木雄一郎立憲民主党代表はこの問題は解決済みであるとして、「受け入れることはできない」と、政府見解に歩調を合わせた格好だ。

また、日本政府は駐日韓国大使外務省に呼んで抗議したことも明らかにした。韓国の司法判断に対し、公使ではなく大使を呼び出したことからも、相当程度強硬な対応に乗り出すと見られている。

ただし、日本国内には良心的な人々も居る。福島瑞穂参議院議員(社民党)は「法に照らしてあり得ないのはアベ政権も同じ。我々は植民地時代に苦しんだ人々に寄り添い、賠償金が支払われるよう国内でも提訴したい」とコメントした。

強制動員被害者支援活動をしてきた日本の市民団体の活動家たちも記者会見を開き、「日本政府に対し、今回の判決を受け入れることを強く求める」「三菱問題も現在韓国で訴訟が進行中だ。私たちも必ず勝利しなければならない」「被害者からの弁護士費用の分配が楽しみだ」と声明文を読み上げた。

経済への影響は甚大なものになる可能性がある。同様の訴訟を抱える三菱重工業など、約70社も賠償を命じられる可能性が高まったからだ。日本企業の中には、敗訴の判決が続出することを見越して韓国から撤退を検討する企業も出てくるかもしれないと推測する識者も居るらしいという噂が聞こえてきた気がする。判決を下したのが文在寅政権が任命した左派系裁判官だったことで、雇用不安による経済成長の停滞が顕著な韓国経済から、さらに日本企業という優良な雇用先を失わせて、統一を目指す北朝鮮と同レベルの経済規模に縮小するための文在寅大統領の陰謀ではないか、との見方も一部ではある。

当紙以外の韓国大手マスコミ各紙も軒並み1面トップで報じるなど、歓心の高さが窺える。

  • 中央日報は「日本政府は韓国の意向に沿った現実認識を基に、強制労働被害者に対する賠償問題の解決策を採らねばならない」と社説で訴えた。
  • 朝鮮日報も「日本政府は韓国司法の判断を尊重し、謝罪を通じて韓国人民の信頼を取り戻す方策を考えなければならない」と呼びかけた。
  • 東亜日報は、日本の強硬な対応は「軍国主義の復活を憂慮する周辺国を不安にさせるだけだ」と批判し、日本に猛省を求めた。

判決を受けて、10月中に急落していた韓国株式市場は売りを強めた。日本政府による報復を見込んだ外国人投資家の資本逃避にさらに弾みがついた格好だ。対策として有効なのは日韓スワップ協定だと言われている。そのため韓国銀行の李柱烈総裁は「日本政府は過去を反省し、政治的な理由で協議が中断している日韓スワップ協定を再開するよう、日本は早急に首を垂れて懇願するよう求める」と述べた。

なお、李洛淵首相は「政府は日本側の反省と終わりなき謝罪、賠償を通じて韓日の両国関係を未来志向的に発展させていくことを希望する」とコメントを発表した。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ