UnNews:9条教の儀式が行われた

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

【2009年5月3日 アンサンクロペディア社会部】

9条教の教祖が神の啓示を受け、同教の経典「日本国憲法」を制定してから今日で62年を経た。9条教歴では62年1月1日に当たる今日が元日に当たり、毎年「日本国憲法」を愛する儀式が行われる。

9条教六本木大聖堂では特別ミサが執り行われ、最初に登壇した同教在築地 聖上野・村山教会の論説委員が「貧困という社会不安の中に政治テロや軍部の台頭、暴走が重なり、日本は戦争と破滅へ突き進んでいった。」と戦前を回顧すると、共○党党首は「憲法が定める国民の暮らしと権利の保障を忠実に信奉すべきだ」との説教を行った。検閲により削除人の父親が特攻隊員だったと自称する社○民党首は「憲法が理想とする軍隊のない平和国家を目指し、豊かな福祉社会を築く。」と神の前で誓った。

信徒総代として登壇したノーベル賞受賞者は、「日本人の9条に対する思いは軽くない。改憲に乗らないと信じている」と語った。

司祭が「9条を絶対に変えてはならない」と同教の聖典の言葉を述べると、集まった信者は「憲法改正反対」と祈りをささげた。

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ