UnNews:Google Earth新サービスにインサイダー疑惑

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

【2013年2月7日 日本廃人協会】

Google社が提供するバーチャル地球儀サービスであるGoogle Earthが先日極秘裏にバージョンアップされ、各国の偵察衛星に侵入してリアルタイムに地表の状況を監視できるようになった。 但しこのサービスについては一般公表はされておらず、極々限られたウォッチャー、もしくはGoogle社より選別された者のみが知る事実であった模様。

本日の衆議院予算委員会にて、光の戦士こと原口一博議員がこの事実を公表した所、ネットにて「知らなかった」「よくぞ我々の知らない新たな事実を公表してくれた」と多数の応援コメントが殺到した。 だが暫くして「これはインサイダーなのではないか」という意見が飛び出してからは状況が一転、「我らの光の戦士がインサイダーなんかする訳が無い」「インサイダーよりサイバーサンダーサイダーの方がいい」等という擁護のコメントで埋め尽くされた。

尚、Google社の株価はこのところ堅調に来ており、インサイダー疑惑を提起した自称スーパーハカー氏は「事実を究明して必ず立件してみせる」と息巻いており、予断を許さない状況。

外部リンク[編集]

20130207衆議院 予算委員会5 24年度補正予算 民主 原口一博


UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ