Uncyclopedia:秀逸な記事の選考/客を装った男

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

客を装った男[編集]

テンプレート案[編集]

ある日ふと、店員が店内を見渡すと、なにか奇妙なものがまぎれこんでいることがある。それが、客を装った男(きゃくをよそおったおとこ)だ。このとき注意して欲しいのは、客を装うのは男性ではなく、男である、ということだ。女、女性ではなく、男である、ということだ。客を装った男は普通の、一人前のお客さんになりたかった。だが、店員は、必ずなんらかの違いを、男と普通のお客さんとの間に見つけ、分けてしまうのだ。そして時には……。

男は、そのナイーブさゆえ、扱いが非常に難しい。注意して欲しい。もし対応を誤り、過度に刺激してしまうと、それ相応のしっぺ返し、反撃を食らうことになる。黙っていれば、何もしなければ、いい男なのに。

なお、フルフェイスのヘルメットをかぶった、似た男もいるが、そもそもその場合の男には客を装う気が全くなく、よって、客を装った男足り得ない、残念。>>記事全文

推薦者より[編集]

強盗事件の報道などでよく言われる「客を装った男」という表現、その典型を斜めに構えた視点から軽妙洒脱な文章で叙述しており、文章も読み易くユーモア性が高い。分量の少なさなどを勘案しても模範的な記事であると思料し、秀逸な記事に推薦します。--極楽丸 2009年6月21日 (日) 16:10 (JST)

投票欄[編集]

  • 反対)下手するとアンディクショナリー送りになるネタを、頑張って一丁前の記事に仕立て上げた、という程度の記事。他の記事と比較して特別おもしろいとは感じられませんでした。--かぼ 2009年6月24日 (水) 00:42 (JST)
  • 反対)ウィットに富んでいて比較的良記事だと思います。ただ、これくらいの文量の記事の繰り下がりのある引き算の10未返却事件と比べるとパンチ力はなく、秀逸な記事のレベルとまで言えないでしょう--ドドンパ会話|投稿記録) 2009年7月5日 (日) 01:12 (JST)
  • 反対)個人的にはこのくらいの分量で秀逸とされる記事がもっとあっていいとは思いますが、それは多分この記事のことではないです。同程度のボリュームの記事でもっと秀逸にふさわしいものがあるのではないでしょうか。--にくきう.GIF phoque/討論/貢献 2009年7月5日 (日) 01:18 (JST)

(終了)反対票多数で2週間を経過しましたので終了となります。--かぼ 2009年7月6日 (月) 00:52 (JST)