Undictionary:ぬ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Pencil2.jpg アンディクショナリー索引
    A B C D E F G
    H I J K L M N
    O P Q R S T U
    V W X Y Z    
      数字 記号
                                 

[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。


ぬ(ヌ)[編集]

ひらがなでは「め」と、片仮名では「ス」と間違われ易い不幸な文字

ヌイグルミ[編集]

くるみの一種。殻に針で縫ったようなのような模様があることから名づけられた。

ヌーブラ[編集]

アフリカに生息するヌーに装着するためのブラジャー人間にもこれをわざわざ装着しようとする女性がいるらしい。

糠に釘[編集]

「暖簾に腕押し」「焼け石に水」という、風流を感じさせる同義語が二つもあるため、そちらばかり使われて殆ど使われることのない可哀想な慣用句。

抜け殻[編集]

腐臭のしない死体

[編集]

にもにも染まりきれず、陸地とも湖ともつかぬ半端なもの。

ぬるぽ[編集]

ガッ!

Bouncypotato.gif
これだけでは満足できない人のために、アンサイクロペディア暇人たちが「ぬるぽ」の項目を執筆しています。

ぬれせん[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ぬれせんべい」の項目を執筆しています。

千葉県の先っぽにある銚子電鉄の路線。同社の収益の大半を稼ぎ出している。

ぬれ手で粟[編集]

(濡れた手で粟を取ろうとしても水が邪魔をして取れないことから)やっても無駄なこと。

濡れ場[編集]

お風呂のこと。体を洗う方法が48種類あり、タオルだけでなく縄を使い細部まで洗う伝統的な文化を差す。