VOCALOID

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

VOCALOID(ボーカロイド、防火ロイド)は、浜松あたりで開発された軍用技術を民生化するために開発されたアンドロイド用技術の総称である。現在はデスクトップミュージック製作を目的とした対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェースの一種として実用化されている。つまり、こいつらは全員宇宙人郷田タケシを除く)である。今現在VOCALOIDたちはUTAUシステムで動くVIPPALOID(ヴィパロイド)たちやUTAUloid(ウタウロイド)たちと熾烈な縄張り争いを行っている。原材料は人声とも言われるが似ても似つかない音を発するので記事中声優名などが登場しても気にしない方が良い。 また、彼らを登場人物とした数々の二次創作ではただのアンドロイドであったり、デジモンだったり人間だったりするが、宇宙には同じ顔が5人いるので赤の他人だと思って良い。

類似品に注意。例:ナガモンMINGOSNOCALOID

東京消防庁に開発移管されたVOCALOIDの変わり種。現行型の肺活量を拡大し、声ではなく毎分200lの水を放射する事で火災を未然に防ぐ。別名防火ロイド。
今VOCALOIDの間で流行っている食べ物らしい。

目次

[編集] ボーカロイドの概説

彼(彼女)らはヤマハをバックに持つVOCALOID養成スクールの卒業生である。 VOCALOIDたちはそこで2年ほど訓練を受けプロの世界へ羽ばたいていく。

その後は各方面で活躍することになるが、主にニコニコ動画の住民らが価値を見い出し、積極的に活躍の場を与えられている。しかし彼(彼女)らは仕事を選ぶことができず、マスターと呼ばれる上の人のどんな無茶振りにも応じなければならない。

大半のボーカロイドはマスターに買われた後、たっぷり愛玩され、「主人の作った曲を歌う道具」としての本来の職分を一切果たさないまま存在そのものを忘れ去られていく。 ところで有名になってから「ボーカロイドと言っていいのはヤマハボーカロイドスクール出身者だけよ!」とのエライ人のお言葉を最近聞きませんか?


[編集] VCL48

いわゆるプロデューサーが秋○康なヤマハ!そのヤマハがつくるアイドルユニットがVCL48で いろいろな事務所のタレントたちが集まってひとつのグループを作っている!  え?違うって? ちなみに、もちろん総選挙の1位は初音ミクさん!

2位以下にはどんなのがあるんだって?下の一覧を見てね、初音ミク以外を知らずして、ボカロを語った気分になってるそこらのオジサン、1体も分からないでしょ?

[編集] みんなのアイドル☆Vocaloid

とりあえずめんどくさいので適当に紹介するよ! お気に入りがいたらテストで100点とってママに1000円貰って買ってね☆ ここに書いていないVocaloidのファンは自分で記事にしてね☆

[編集] クリプトン事務所

[編集] インターネット事務所

[編集] AHS事務所

[編集] キューンレコード事務所

[編集] ヤマハ大事務所

[編集] 未来人

[編集] 1st PLACE

[編集] 韓国からの来訪者

[編集] 海外組VOCALOID

いずれも日本での発売はクリプトンが販売元。

[編集] 老舗ZERO-G 事務所

[編集] 新参PowerFX 事務所

[編集] Vocaloidプロデューサー

VocaloidプロデューサーとはVocaloidたちが世界に羽ばたき、輝ける様にVocaloidたちを助け、レッスンする縁の下の力持ちたちである。たまに本物のプロがいたりするから侮れない人たちである。彼らの作る曲があまりにもネット上で売れるとCDやゲーム内の曲として使用されるためチョイトしたお小遣い程度の金額が懐に入ってきたりすることを期待しているプロデューサもいるとか?ただ、商売敵は膨大な人数であるためにどのようにすればヒット曲になるかは個人が戦略を突き詰めなければならなず、Vocaloidプロデューサーはかなりシビアな環境におかれる。

まあ、良い曲作れや!

作詞作曲プロデューサー
自分の熱い音楽魂をVocaloidたちに注ぎ込むプロデューサーたちである。ボランティア精神の塊の人や素人など様々な人たちがいる。時々プロやセミプロが隠れている。成功すれば金が入ってくる。
メイクアップアーティストプロデューサー
キャラクターの絵を描くプロデューサーやキャラクターの3DCGを製作するプロデューサーである。ボランティア精神の塊の人もいる。有名な絵を描ければその人気に乗じて同人誌が売れまくる。
ダンス指導プロデューサー
Miku Miku Dance でダンスを教え躍らせるプロデューサー。人を楽しませる精神にはものすごいものがある。ボランティア精神の塊の人もいる。最近は企業からの請負でダンスモーション製作する者も現れているらしい。
演奏指導プロデューサー
Miku Miku Dance で演奏の仕方を教え見事に演奏させるプロデューサー。人を楽しませる精神にはものすごいものがある。ボランティア精神の塊。ボランティア精神の塊の人もいる。最近は企業からの請負でダンスモーション製作する者も現れているらしい。
映像監督プロデューサー
Miku Miku Dance で映像作品を作り上げるプロデューサー。人を楽しませる精神にはものすごいものがある。しかし、映像作品はがダンス作品よりは失敗作が多い傾向なのが残念な点である。ボランティア精神の塊の人もいる。最近は企業からの請負でダンスモーション製作する者も現れているらしい。

[編集] Talkloid

トークロイド(カタカナ表記の場合)ね!
最近、音楽制作活動に疲れた(元から才能あるのかその辺は気にしてはならない)Vocaloidプロデューサーが歌わせられないなら、「トークで人気を取ってやるべ!」とVocaloidシステムの根幹を揺るがす勘違いな行動をし出した結果起こった新たな使用方法のVocaloidシステムの呼び名である。

[編集] Talkloidプロデューサー

簡単に言うとVocaloidプロデュサーたちがVocaloidたちを歌わせず、話させているのでこういう名前になる。また、Talkloidを意図的に使うプロデュサーは『Talkloidプロデューサー』と呼ばれているかもしれないがそんなことは知りません!ほら!早く本来のVocaloidの作業に戻りなさい!そしてVocaloidたちが面白く話し立ち回れる脚本を書く能力が無いTalkloidプロデューサーは痛い目に合う諸刃の剣!どのみち才能が無いプロデューサーは消えていくのさ!  また、Vocaloidたちは日本語のイントネーションを最初から知らないので、うまく教えられるかはプロデューサー次第である!うまく教えられないと棒読みちゃんもびっくりなカタコトになってしまう。

[編集] Dancaloid

端から音楽制作活動できないよ~!(潔過ぎだろ~w)と、Vocaloidプロデューサーが歌わせられないなら、「ダンスで人気を取ってやるべ!」とVocaloidシステムの根幹を揺るがす勘違いな行動をし出した結果起こったMiku Miku Dance をVocaloidたちを使って躍らせた時だけにつけるMiku Miku Danceのシステムの別称である!

[編集] Dancaloidプロデューサー

簡単に言うとVocaloidプロデュサーたちがVocaloidたちに歌わせず、Miku Miku Dance内で踊らせているからだろ(怒笑)!または、Miku Miku Dance内でVocaloidたちを意図的に使うプロデュサーは『Dancaloidプロデューサー』と呼ばれているかもしれないがそんなことは知りません!Vocaloidの作業ができるようにに早く音楽知識とUTAU操作方法を習得しなさい! 取り敢えずDancaloidはDancaloidでVocaloidたちがきれいに素敵に踊れる能力が無いプロデューサーは痛い目に合う諸刃の剣!どのみち才能が無いプロデューサーは消えていくのさ! 

[編集] 歴史

歌って踊れるアンドロイドの実用化に成功

従軍時代の歴史は初音ミクに書いてあるっぽいよ。

[編集] 民生化への道

当初はニッポン放送が人件費削減のため2010年の実用化を目指して密かに開発していたアンドロイド・アナで本技術の採用を予定していたが、子会社買収から守るために資金を使いすぎて開発資金を捻出できず、アンドロイド・アナそのものの開発が断念された。すでに言語の高速展開やドレミ音階ながら歌唱が可能だったともいわれる。

その後、この技術はしばらく日の目を見ずにいたが、禁則事項ですよりアンドロイド・アナ研究の情報の入手に成功したCRYPTONがそのうちの音声合成技術に着目する。CRYPTONは、そもそもこの技術がラジオのパーソナリティにもかかわらず完璧なアンドロイドの製造を目指していたことが失敗の原因と判断、代わりに近年秋葉原を中心に開発されているオープン系ソフトウェア開発技法のひとつ、バーチャル・アイドルと組み合わせれば初期開発費を大幅に抑えることができる上、オープン系への信仰に篤いアキバ系に広く売り込めると判断し、この技術の採用してVOCALOIDとして売り出した。その第一号が初音ミクである。なお深刻なバグが確認されたため放送禁止用語等のフィルタリング機能は省かれている。

なお、アンドロイド・アナ時代の中の人は後に大人の事情により闇に葬られてしまった(復活との噂も)ため、初音ミクの中の人には新たに藤田咲が起用された。

この第一号はまたたく間に拡がり、多くの信者獲得に成功するが、逆にその様子を見て警戒する者が現れ、様々な抗争に発展する。

[編集] 労働争議

アンドロイド・アナの開発が秘密裏に進められていた当初、この技術で音声を生成するためには専門の職人が求められていたが、YAMAHAとCRYPTONがこの技術のパソコンへの応用に目処をつけたことにより、パソコンを使い比較的簡単な操作で声を出せるようになった。

すると大量失業を懸念した音響効果職人による労働争議に発展する。また声優の仕事を奪うおそれがあるとの認識から後に俳協も合流する。2007年の春闘では大きく活動したものの、マスコミお得意の報道統制により一般人へは浸透できず、さらに人材派遣業界と自滅党が結託してこれの鎮圧に乗り出し、事態は沈静化した。

[編集] 電通・TBSとの抗争

TBS和田アキ子の陰謀により、あられもない姿でテレビの前にひきずり出されたミク。ファンの怒りは頂点に達するとともに、視聴率獲得の為なら手段を選ばないTBSと和田アキ子に非難が集中した。

電痛主導の護送船団方式で温々していたテレビ局各社であったが、その中にいながらこっそり他の代理店との取引を増やして儲けていた不治惨経グループを叩いておく必要があるとの経営判断で一致した電痛と倒凶放送(TBS)が傘下の住吉会自滅党を巻き込み、2007年秋より抗争が展開されはじめた。

具体的には、TBSが組員の和田アキ子を使い、ミクを騙して出演させた上で辱る作戦を展開し、これが社会問題化する。

また、同じ頃にTBSと電痛子会社が組み、客層は被るがアンドロイドではないシャナたんを買収して刺客を送り込んだり、自滅党がミクの活動拠点の鎮圧を試みる、電痛が取引先に圧力をかけて検索エンジンを停止させるなどの抗争が多方面に展開されており、成り行きが注目されている。

[編集] NHKへの出演

NHKは初音ミクの紅白歌合戦出演を毎年見送るなどVOCALOIDを冷遇することで有名であった。しかしついに初音ミクがNHKのニュース番組「ニュース深読み」(なぜ今世界で人気?ニッポンの"歌姫":2012年2月4日放送)への出演を果たした。日本中のVOCALOIDファンたちは上記のような騒動になることを恐れていたが、放送内容は「初音ミクはどうやって世界に広まった?」という至って真面目な内容でありファンたちを安心させた(どこぞの民法とは大違いである)。

現在本放送は、八王子Pが番組のために作曲した「フカヨミ」や、コメンテイターとして出演していた矢崎滋氏の「なぜグリーンアスパラではなくネギなんだ。」発言など、ミクの活動拠点を中心に大きな影響を与えている。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「VOCALOID」の項目を執筆しています。
Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、VOCALOIDに関するガラクタがあります。
Hatsune-miku.jpg この「VOCALOID」はまだ初音ミクの調教が足りないせいか、巧く唄えていないみたいです。このページをみっくみくにして下さる方を求めています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語