WikiLeaks

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

WikiLeaks(うぃきりーくす)とは、ウィキメディアプロジェクトの一つである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「WikiLeaks」の項目を執筆しています。

概要[編集]

WikiLeaksとは、ウィキメディア財団が運営する、ウィキペディアでは書くことの出来ない真実を掲載するために設立されたウェブサイトである。要は裏サイトのようなものである。その証拠の一つとして、このサイトはMediaWikiの体裁をとっており、自分たちがいかようにも操れるようにしてある。それをいったらアンサイクロペディアチャクウィキもMediaWikiを使っているではないかと反論が飛んできそうだが、我々はウィキペディアの支配下からMediaWikiを解放させる代わりに利用しているだけなので問題ない。

運営[編集]

ウィキメディア財団は自身に決して被害がいかないように念入りに細工はしてある。まず、事実上の運営者はウィキメディア財団でこそあるものの、公式の設立者はハッカーということになっている。これはウィキメディア財団関係の不利情報こそつかめないものの、何でもかんでも真実を公表するWikiLeaksの姿勢に一応敬意を示しているからである。ただ、財団がハッカーを設立者にした真の目的はスケープゴートであり、敵対勢力の攻撃を一手に引きうけさせることが目的である。実際、名目上の設立者は逮捕されてしまった。

また、運営資金は寄付によって賄われるが、この寄付はWikiLeaks自身に来た者だけでなく、ウィキメディア財団に届いた寄付も流れているという説が有力である。実際、ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズからのメッセージをお読みくださいとウィキペディアが必死に寄付集めしているのもWikiLeaksの運営資金が欲しいからである。特に日本人はたかりやすいと判断されたのか、寄付を求める額が高い。

情報収集[編集]

彼らは真実を集めている。その真実はどのように集めているのだろうか。それは、雇ったハッカーたちにハッキングさせまくり、機密情報を盗み出しているのだ。ウィキメディア財団はハッカーたちを働かせ、いざとなったらスケープゴートにするという、ハッカーに対して最悪の待遇である。 情報収集の範囲は各国政府や巨大組織、多国籍企業など広範囲にわたる。また、寄付によって集めた金を賄賂にし、身の安全を約束する代わりに内部情報を売り渡す裏切り者も常時集めている。今のところハッカーよりも裏切り者による情報拠出のほうが事例が多いとされる。

設立理由[編集]

そんな当人たちには何の利益もなさそうで、しかも慰謝料が大量発生しそうなサイトを、何故体面を思いっきり気にし、金の亡者であるウィキメディア財団が運営しているのだろうか。最大の理由としては、隠された真実の支配者となることである。それにより例えばエクストリームスポーツ実行委員会ノーベル財団JASRACなどの敵対勢力にとって都合の悪い真実を暴いて弱体化させ、自分たちにとって都合の悪い情報であればそのまま握りつぶすことで、圧倒的な情報アドバンテージを得ることができる。真実を暴く力を見せることにより、この情報を暴かれたくなければと脅すことすら可能となるのだ。これが弱小勢力であれば問答無用で叩き潰されるが、ウィキメディア財団は叩き潰されるほどは弱くないため十分に交渉材料とすることができる。

真実[編集]

黒幕がウィキメディア財団ということにはごく一部を除き気付いておらず、各国政府ですらWikiLeaksにいいようにやられている。世界は混乱し、財団の情報支配は着々と進んでいるのだ。WikiLeaksがMediaWikiを使っている理由を、財団はよりによってアンサイやチャクウィキのように勝手に独立したと主張しているのだ。我々が勝ちとったMediaWikiの独立を逆手にとり、自分たちは無関係を装っているのだ。これに我々が憤りを感じないわけがないのだ。

なお、ウィキペディアを筆頭とするウィキメディア財団支配下のサイトでは、ウィキメディア財団とWikiLeaksは無関係ですよと言っている。だが、それは嘘である。この事実は隠されているが、WikiLeaksでは、絶対に明かされないだろうと思われる。自分たちが黒幕とばれたらいろいろと不都合が起きるので当然だろう。なので、ウィキメディア財団に対抗するために、アンサイクロペディアでは当記事の執筆によりこの事実を公表するものとする。

秘密[編集]

以上は、WikiLeaks に対する公式見解であるが、秘密とされている裏情報(裏の真実)もある。これは本来はUncyclopediaにも公開するべきではないのだが、内緒でこっそり書いておこう。

実を言うと、Wikileaksとは、ウイルスのかわりに人間による情報漏洩を目的とした団体(およびウェブサイト)である。

情報産業が発達するのにともなって、ウイルスもまた発達した。それを見た人間の中のウイルスとも言うべき自称ハッカー連中が、「おれもまたかっこいいウイルスになりたい」と憧れたあげく、自らをウイルスにしようと試みた。これらの連中が集まった組織が WikiLeaks である。いずれにせよ、既存の情報機器にもぐりこみ、そこから機密情報を盗むという点では、同様である。

しかしながら、ウイルスに対してアンチウイルスソフトがあるのと同様で、WikiLeaks に対しても政府組織の側から刺客ウイルスが送られた。それに感染したせいで WikiLeaks のボスは逮捕されてしまった。容疑は性的暴行である。これは現実に起こったことなのか、政府の資料がウイルスによって書き換えられたのか、はたまた政府が自分で資料を書き換えておきながらウイルスのせいだというフリをしているのか、定かではない。いずれにせよ、政府と WikiLeaks との戦いは、人類とウイルスとの戦いと同様で、たえず進化を繰り返しながら、次々と高度化していくのである。

なお、Wikipedia 内には、Wikipedia を浄化するという目的で、不適切だと感じた説明を次々と削除していくウィキペディアン が存在するが、彼らもまたウイルスの一種ではないかという嫌疑がかけられている。彼らはウィキペディアンを自称しているが、実際には Wikipedia ではなく WikiLeaks に属していて、越境進出しているのかもしれない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]