Xbox 360

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「Xbox 360」の項目を執筆しています。
リングオブライトが美しいXbox360のロゴ
使用方法を解説した挿絵の1枚、基礎代謝向上につながる

Xbox 360(エックスボックス サンロクマル)は、アメリカ合衆国のパソコン関連ソフト制作企業マイクロソフト(Microsoft)が、若者達の議論欲を活性化させるために発売したエクストリーム・スポーツ向けの、据置型家庭用健康器具である。

2002年2月22日(日本国内)の初代『Xbox』発売以来、マイクロソフトは、驚異的なペースでXboxのモデルチェンジを行い、2003年には通算100代目の『Xbox 100』、2004年に『Xbox 200』、2005年初頭に『Xbox 300』を発売し、このXbox 360は、2005年12月20日に発売(日本国内)された、第360代目の『Xbox』である。この驚異的なペースでのモデルチェンジもあり、2001年の北米市場参入以降のわずか数ヶ月で、当時家庭用ゲーム機発売累計モデル数トップだった任天堂の記録を追い抜いている。

目次

[編集] 概要

連続36時間HALOをやり続けた直後のxbox 360ユーザー。

上記の目的に最適化させるため、音声コミュニケーション機能や議論に決着がつかなかった場合のために擬似的に競争を行うなどの機能がオプションで付属しているのが最大の特徴である。日本担当訪問販売員に熱意が全くないにもかかわらず、その取り上げやすいテーマ性からファンに限らず好評を博し、同シリーズの先代に当たるXboxと同等という奇跡的売り上げを短期間で達成している。しかし2011年8月現在、世界(主に北米と英国)では現行の据え置き機ではWiiに次ぐシェアを得たものの、日本では懸命な販促にもかかわらず現行据え置き機でぶっちぎりの最下位、歴代ではゲームギアの売り上げを抜けないでいる。

ユーザーのほとんどは若さとは既に無縁となった中年世代であり、失った若さと意欲を取り戻すためにXbox 360を購入し、若者と日々議論を戦わせている。一部の家庭用据置ヒーター型健康器具『追伸3』ユーザーやフィットネスマシン『wii』ユーザーから批判の対象にされることもあるが、それは製品コンセプトに合致したものであり計画通りといえる。

レクリエーションテーマとしてアイドルやペイントされたスポーツカー、オアフ島などが上げられることからもユーザーの平均年齢の高さが伺える。

最近は健康ブームに乗じてキネクトというコントローラレスになる周辺機器を開発し、これに注力している。

[編集] XboxとWindows

2002年の初代Xboxから2005年の第360代目Xboxの、359回ものモデルチェンジの間、マイクロソフトの本業のWindowsは、2001年発売の『XP』のまま一度もモデルチェンジされる事はなかった(結局、後継の『Vista』は、2007年発売)。本業を軽視してゲーム市場に傾注したマイクロソフトに対し、往年のWindowsユーザーからも辛辣な声が出されている。

また『追伸』シリーズのパナソニイック(Panasonic:日本のアダルトビデオ(AV)機器製造企業)も、健康機器部門への傾注の余り、本業のアダルトビデオ部門を疎かにしてしまった結果、本業の低迷につながり、この本業の業績悪化が健康機器部門へも悪影響を及ぼした。この事が『追伸3』のダブルダッシュ!!失敗につながったと見る声も多い。

そして、このマイクロソフト・パナソニイック両社とも、競合するGoogleApple任天堂などの脅威にさらされ、かつての栄光の姿は見る影もない。副業にうつつを抜かして本業を疎かにするとどうなるか、それをわかりやすく体現した、非常に優秀な反面教師であるということができる。

[編集] 命名の由来

Xboxの後継機なので、順当に考えれば『Xbox2』とするところなのであるが、実際には一気に357も飛ばして「Xbox 360」と命名されている。その理由については、当時ライバル機になるであろうと目されていた、パナソニイックの家庭用据置ヒータ型健康器具『追伸3』に、「『Xbox2』だと『追伸3』にナンバリングで負けている(つまり3>2)から」とされている。

しかし、冷静にその理屈で考えると、初代『Xbox』は、当時競合してしていた『追伸2』に、2>1(初代)と、参入当初から負けていたという事になる。この件に関しては、担当者の猛省・真摯な対応と、徹底した真相究明と再発防止が求められる。

[編集] 基本性能

  • アウトソーシングしたメインプロセッサ
  • アウトソーシングしたビデオプロセッサ
しかし某家庭用据置ヒーター型健康器具より開発しやすく性能も上らしい
  • アウトソーシングしたデザイン
  • アウトソーシングしたDVDドライブ
ただし某国の物にはエクストリーム・リコールに対応した物もある
  • 唯一自前で作ったマイク入力端子デバイス
  • 高い故障率

さらに、騒音公害一歩手前というほどの爆音や、尋常ではない巨大さと重量を誇るACアダプタ(通称:羊羹)なども有名である。

が、近年のモデルはそういった先鋭的な部分が失われ、スリルと興奮を与える故障率やエギゾーストノートは抑えられており往年のモデルの危うさを懐かしむ声も多い。

ただしアップデートにより120GHDD獲得勝負が発生したり、ロビーでの討論用チャットルームが設けられるなど改善された部分も存在する。

[編集] その他の性能

一般には知られていないが、インターネットブラウザがないこと以外は、某家庭用据置ヒーター型健康器具と同様画像の閲覧や動画の鑑賞が可能であり、挙句PC内部のそれまで再生可能であるため、一部若年室内単独エクストリーム・スポーツプレイヤーからなかなかの支持を受けている。2012年10月、インターネットエクスプローラーが実装。ただし有料

[編集] Xbox LIVE

有料

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

[編集] 実績システム

Xbox 360ユーザーは、議論において相手を論破したり、一定以上健康を増進した時に点数を獲得することができる(ゲーマースコアと呼ばれる)。この点数はユーザーの意思にかかわらず否応なしに公開されるが、それを自慢の種とするか羞恥プレイと感じるかはユーザー次第である。

[編集] 評判機能

Xbox 360では、ユーザーは他のユーザーを評価することができる。マナーが良い人や議論をしていて楽しい人、あるいはとても健康的な人などは高評価を得て、そうでないならば悪評を入れられる、という触れ込みであった。しかし、実際にはいじめの温床となっており(気に入らないユーザーに悪評を入れまくるなど)、この機能自体が悪く評価されている。

[編集] レッドリング・オブ・デス

相手は死ぬ。

[編集] 人気ソフト


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「Xbox 360」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)
vde
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語