ZIP

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
Zipから転送)
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ZIP (ファイルフォーマット)」の項目を執筆しています。

ZIP(じいちゃんはインポ、じっぷ、実父)とは、色んな物がざあああああっと詰まったパンドラの箱の現代版である。類似品として、LZH、RAR等が存在する。

概要[編集]

持ち運びやすいようにZIP化した車。使用する際は解凍ソフトを使って解凍しなければならない。

エロ画像の詰め合わせをメールで友人にプレゼントしようとしたとき、一つ一つファイルを指定して添付するのは非常に面倒である上に、サーバーによっては一度に添付できるファイルの数も限られているし、フォルダで送ることもできない。そんな経緯があって開発されたのがZIPである。 複数のファイルをZIP化して一つのファイルに圧縮する事により、エロ画像の円滑な取引が可能になった。ついでありとあらゆる物が圧縮されて配布されるようになり、複数話のDVDを一つにまとめて管理しやすくなったり、ウイルスの隠れ蓑になったりと、色々な所で引っ張りだこ。今日もどこかで誰かが声高に「ZIPでくれ」とせがんでいることであろう。

やり方[編集]

圧縮したいデータをジッパー付きのファイルに押し込む。無理に入れようするとジッパーが咬んでしまうので気をつけなくてはならない。また、データの圧縮時には熱が放出されるため、連続して圧縮を行うとパソコンが過熱して故障の原因となるのでこれも避けるべきである。

解凍する際には外部から熱を与えればよいので、画面上のアイコンをで温めるか、パソコンごと電子レンジにかけるのが一般的である。時間が無かったり、電子レンジにパソコンが入らない場合はやむを得ず解凍ソフトが使われる。

秘密の呪文を唱えないと解凍出来ないとされている「パス付き」と呼ばれるものもあるが、既知平文暗号解読によって破られてしまうことが秘密とされており、そういった秘密やファイルフォーマットなど既知平文の推測につながる仕様を産業から海外の認識では遠い(時折、日本では逆転の発想が必要である)はずの知的水準の低い一般市民も含むギャングたちから遠ざけて、万引きや置き引きなどの窃盗から守ろうとする動きが各国で盛んである。

類似品[編集]

LZH(LHA)
日本人が生み出した方式。日本で広く普及したが、実はウイルス対策ができず、開発者自身が使用中止を求めている欠陥品。
RAR
ZIPよりも強く圧縮でき、データを分割できる優れもの。しかしこの方式で圧縮できるソフトは限られる。割れによく使われる。
TAR
ミーハーな*NIX使いが好んで使う圧縮方法、壊れやすい。
GZIP
サーバのファイルを圧縮して送る、サーバ側が死ぬ。

代表的な解凍ソフト[編集]

お湯
と言う位だから、お湯で暖めて溶かすのが一番簡単である。しかし、最近のパソコンは軟弱なので、ちょっとお湯がかかっただけですぐに壊れてしまう。
Lhasa
チベットの首都の名を冠するソフト。チベット仏教の高僧の念が凍てついたファイルを溶かすらしい。しかし、ZIPとLZHにしか効果がない。
Lhaplus
水系ポケモン。パソコン内で流水解凍を行う。
WinRAR
パソコン上に光臨したエジプトの太陽神。おそらく一番普及している。終わらない試用期間で有名。
7zip
アメリカ発祥のコンビニエンスストア。コンビニに持っていく事で解凍できてお手軽。

ZIPに詰まっている物[編集]

関連項目[編集]


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
ZIPの執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)