「スタブ」の版間の差分

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
9行目: 9行目:
 
#てんぷら油ではなく、[[ガソリン]]だった。
 
#てんぷら油ではなく、[[ガソリン]]だった。
 
#[[裸エプロン]]をしているのが野郎である(惜しい!)
 
#[[裸エプロン]]をしているのが野郎である(惜しい!)
  +
#八宝菜と間違える
   
 
==正しいスタブの作り方==
 
==正しいスタブの作り方==

2008年4月23日 (水) 12:38時点における版

スタブとは、調理の手順を間違えた酢豚のことである。

自分では酢豚を完成することが出来ないので他の人に続きを頼もうとするが、そもそも手順が間違っているので小手先の手直しではどうにもならない場合が多い。

誤ったスタブの例

  1. アラブ人の料理人が豚のかわりに鶏肉を使ってしまった。
  2. インリン片栗粉と間違えて重曹を入れてしまった。
  3. 中華鍋だと思ったらパラポラアンテナだった。
  4. てんぷら油ではなく、ガソリンだった。
  5. 裸エプロンをしているのが野郎である(惜しい!)
  6. 八宝菜と間違える

正しいスタブの作り方

  1. 興味深いタイトルの記事を新規作成する。
  2. 天ぷら油を中華鍋で加熱する。
  3. 記事の内容を詳しく書く。
  4. 中華鍋がを噴く。
  5. 記事に{{スタブ}}を少々加えて、記事を保存する。
  6. 家と一緒にパソコンも燃え尽きる。
  7. 出来上がり。

歴史

最も古いスタブは、古王国時代のエジプト文明に書かれた「死者の書」の中に見出すことが出来る。 その中でアヌビス神は、酢豚を調理中にアメ(続きは不明)。

アンサイクロペディア

Wikipediaでは、何もないよりはあった方がまし、という観点からスタブを作ることは歓迎される。しかし、アンサイクロペディアではスタブは必要のないもの、ない方がまし、という姿勢を取っている。

この違いに気付かないと即座に削除要請を出されてしまい、アンサイクロペディアに「何処が自由な百科事典なんだ」と立腹して、編集者が離れてしまう。このことはアンサイクロペディアを編集する場合にはよく考慮に入れておく必要がある。


この項目「スタブ」は、記事というより味無し酢豚です。この味無し酢豚に味付けしてください。貴方なりに美味しくしてください。お願いします。 (Portal:スタブ)