タブレット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2020年9月2日 (水) 20:27時点におけるPluto (トーク | 投稿記録)による版 (タブレットの矛盾した特徴)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「タブレット」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「タブレット」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「タブレット」の記事を執筆しています。

タブレットとは、携帯電話からスマートフォンへ進化する過程で生まれた突然変異種である。

概要[編集]

そもそも携帯電話というものが実用化されたのは1980年代の事で、当時は肩掛けを前提とした所謂「ショルダーホン」[1]が中心規格となっており通話料金や本体使用料も非常に高額だった。その後1990年代半ばになると、トランシーバーを応用したPHSとのラットレースにより小型化安価化が一気に進行。21世紀になると総合ITガジェットとしてスマートフォンが台頭し、従来規格品のシェアを大きく奪っている。

全体として携帯電話というものは、小型化高性能化を推し進めて進化し続けている。これはある意味では進化における必然であり、生物界においても大型化を推し進めた進化種は進化の袋小路に入ってしまう傾向にある。例えば恐竜は時代を下るに連れて大型化しているが、これにより環境変化への適応性を失い絶滅している[要出典][2]

今ではウエアラブル端末など視界にさえ入らない小型ガジェットが実用化されているが、タブレットはこれらの流れを完全に覆しているのである。総じてスマートフォンともノートPCとも付かない不可思議な存在であり、両者の合の子とも疑われている。

タブレットの矛盾した特徴[編集]

  • 画面の大型化
タブレットはスマートフォンの倍程度、小型の液晶テレビ並みの画面のサイズを持つ。しかしテレビ映像受信はワンセグであり、画質はスマートフォンと変わらない為サイズが大きくなると劣化が目立ってしまう。
Youtubeなどの動画サイト閲覧も同様で、基本的にサイズが小さい方が閲覧画質が向上する[要出典]ので画面の大型化は好ましくない。
加えて大型化液晶画面は衝撃に弱く、専用バッグを持ち歩く必要もある。スマートフォンや携帯電話のように。ポケットに放り込んで出掛ける事は難しい。
携帯電話回線に左右されないとは言われるが、Wi-Fiが使える環境であればノートPCの方が使いやすくコストも安い。
また特定の機種ではLTE接続自体が行えない為、即応性ではスマートフォンに大きく劣る。
  • マルチメディアガジェットとして
機能面ではスマートフォンに勝る部分もあるものの、ならばPCを使えば済む話である
もちろんゲームに関しては、専用ハードに遠く及ばない。そもそも操作が厳しい。十字キーと各種ボタンのありがたみが分かろうと言うもの。
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

脚注[編集]

  1. ^ お笑い芸人「平野ノラ」が現在も愛用しているタイプ。
  2. ^ フィクションの世界でさえ、地球連邦軍のモビルスーツはΖΖや逆シャアまで大型化し続けた結果クロスボーンバンガードの小型モビルスーツに手も足も出ないまま壊滅している。

関連項目[編集]