UnNews:政府、お父さん銀行に融資継続を要請

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
2021年5月30日 (日) 00:05時点におけるまほまほ~ん (トーク | 投稿記録)による版 (→‎関連ニュース: +cat)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2021年1月8日配信】

お父さん銀行の窓口。女性側は「都度契約」を希望している。

政府は7日23時に緊急の記者会見を開き、主に若い女性に融資を行っている全国の「お父さん銀行」に対して、緊急事態宣言期間中も融資の継続を要請した。具体的な融資額については規定しないものの、「これまでと同額以上の融資を継続して欲しい」としている。

お父さん銀行は、10代後半から30代までの若い女性がお父さん側に時間と話題と「若い女の子と一緒に居られる」という「夢」の提供の申し出を行い、それらを審査の上融資を行い、女性側の経済支援を行う金融機関である。夢の中身は「大学の学費を稼ぎたい」「留学したい」「キレイな姿でいたい」「子育て費用を稼ぎたい」等があるが、実際は「ホストクラブの担当に会いたい」「バンドマンに貢ぎたい」というケースも多くあるとされ、お父さん銀行側の審査は年々厳しくなっている。審査を通りやすくするために「夢」に「大人の関係」を追加提供する女性も少なくないが、これは売春にあたるため、女性側にとっては避けたいオプションである。そのため、お父さん銀行側と食事を共にするだけで済むためのノウハウを共有し、かつ体を求めてこないお父さんが多いと言われる「P活サイト」が近年急増している。食事の内容は焼肉が多いとされている。

一方、お父さん銀行の融資については毎月定額を融資する「定額契約」と1回女性と会うごとに融資する「都度契約」の2種類があり、都度契約は融資額が低く援助規模が安定しないが「お茶のみ」で良いことが多く、定額契約は高い融資額を獲得できる一方で大人の関係が必要になることが多いという特徴がある。

近年の若い女性への経済援助スキームとして「お父さん銀行」は一定の地位を確立しつつあり、融資の相場も上がる一方であったが、2020年の新型コロナウイルス流行に伴いお父さん銀行側の財布の紐が厳しくなり、「なかなか会えなくなるから」という理由で融資が打ち切られたり、万が一コロナに感染した際に「感染経路を洗い出されたくない」というお父さん側の意向で融資審査にすらたどり着けない女性が続出。融資額の相場は2020年上半期は前年までの半額以下に落ちたとも言われ、2020年夏以降は一定改善が見られたものの、同年12月からのコロナ第三波の発生で再び状況が悪化していた。

さらに、7日の緊急事態宣言で「会食」が明確に槍玉に挙げられ、飲食店の営業が原則夜8時までとなることで、主に平日夜間が中心となっている「お父さん銀行の営業」が当面の間大幅縮小を迫られることになった。そのため、昨年の緊急事態宣言期間と同様、お父さん銀行からの融資が打ち切られたり、融資審査を受けられなくなる女性が続出することが懸念されていた。また経済援助が得られなくなることで、女性の自殺が増える可能性が高く、2020年9月から増えている「女性の自殺」をさらに助長してしまうという指摘が政府内で挙がっていた。

これを受けて、政府は全国の「お父さん銀行」に対して、融資を継続することを要請。会食が難しくなることで融資の理由が無くなってしまうことに対しては「オンライン会食」で代替するように求めた。物理的な体の触れ合いが出来ないことから「大人の関係」の扱いが残るが、「売春については認めていないので知ったこっちゃない」と突き放す方向だ。また融資を止めるお父さん銀行に対しては「通報してくれればお父さんの名前を公表する」とし、時短要請に応じない飲食店名を公表することを同じ仕組みをお父さん銀行に対しても設け、融資継続に向けて強くサポートするという。

政府は過去の金融恐慌を受けて金融機関のガバナンスを確保するために策定していた「金融検査マニュアル」をイノベーションの邪魔になるという理由で昨年廃止したことに加え、市場規模数千億円ともいわれる「お父さん銀行」に対して融資継続の圧力を加えることで、金融市場の開放をこれまで以上に進めたい方針だ。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

関連ニュース[編集]

最新 | 社会 | 国際 | 経済 | 政治 | 文化・スポーツ | 科学・暮らし・インターネット | おまかせ表示 | メインページ