いいわけ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、シャ乱Qの楽曲について記述しているばい! 「いいわけ」のその他の用法につ・い・て・は「言い訳」をCHECK IT OUT!! はい!!!

いいわけは、つんく自らが将来声を失うことを予想し、それを題材にしてリリースされたシャ乱Qの代表曲の一つ。

歌詞(サビのみ抜粋)[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「いいわけ」の項目を執筆しています。
淋しい夜は ごめんだ
淋しい夜は つまんない
淋しい夜は 会いたい
淋しい夜は CRY CRY CRY

まず、1つのサビだけで4度も登場する淋しい夜とは、確実に多くの人が「アーン♥♥したいのに相手がいない夜」と捉えがちだが、それは大きな間違い。正しい意味は、「声を出せなくなって、歌うことが出来なくなったミュージシャンとしての晩年」のことである。そもそも「夜」という言葉には、「日没から夜明けまでの時間」や「不遇な時期」以外にも、砂の国人面ライオンが出したなぞなぞにも登場するように、「人生の晩年」という意味も存在する。

  • ごめんだには、「声が出せなくなってミュージシャンの人生に終止符を打ちたくない!」という意味がこめられている。
  • つまんないには、「歌うことが人生そのものだ!歌えなくなったら生きている意味がない!」という意味がこめられている。
  • 会いたいには、「嗚呼、(喉が)痛い!」と「誰か助けてくれる人に会いたい!」の2つの意味がこめられている。
  • CRY CRY CRYは、実際にこの曲を聴いて見ると、「辛い!辛い!辛い!」とも聴こえる。つまり、「本当に辛くて泣いちゃう!」と言う意味がこめられている。ここで同じ言葉を3度も唱えていることは、よっぽどこの淋しい夜が来てほしくなかったことであろう。

このように考えると、かの偉大なる作曲家でありながら聴力を失ったベートーヴェンが、その失われつつある聴力を題材にした交響曲第五番と曲の題材がよく似ている。すなわちこの曲は、交響曲第五番つんくヴァージョンとも呼ぶのが非常に相応しい。

概要[編集]

この楽曲は、自身がヴォーカルを務めるロックバンドシャ乱Qが人気絶頂だった1996年にリリースされている。つまり、実際に喉頭がんで声帯を失う約20年前から既に喉の違和感を抱えていたことが推測できる。

その後つんくは、自らがロリコンであることをアピールするようにアイドルプロデューサーとしての活動を開始。モーニング娘。を始めとする多数の人気アイドルを輩出させるが、シャ乱Qは活動休止(その後も一時的な活動はあるが)。これ以上バンド活動を続けていると、人気低迷より先に喉の病気が進行して、声が出せなくなってしまうと考えていたのだろう。

関連項目[編集]

この項目「いいわけ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)