しあわせソウのオコジョさん

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「しあわせソウのオコジョさん」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「しあわせソウのオコジョさん」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「しあわせソウのオコジョさん」の記事を執筆しています。

しあわせソウのオコジョさん』は、宇野亜由美の漫画『オコジョさん』を原作とするケモノアニメ。2001年10月から2002年9月にかけて、テレビ東京系列で火曜18時00分から18時30分に放送されていた。

くれぐれも「しあわせ荘」と書いてはいけない。シャーッ!

概要[編集]

槌谷遥というコミュ障大学生が、拾っちゃったオコジョ(コジョピー・オコジョさん)を嫌々飼う話。槌谷やオコジョの周りの人間・動物により色々とおかしい出来事が引き起こされるギャグアニメ、かと思いきや、まあそれはそれで合っているのだが、実は超美人巨乳人妻が過激なコスプレをし、夕方なのに平気でドギツイ801ネタやケモホモを垂れ流し、ロリショタイケメンがわんさか出てきて、挙句獣医がガチムチズーフィリアというとんでもない問題作である。夕飯時にケモショタ放尿を放送したのは恐らくこのアニメだけだろう。 あと「オコジョ番長」とかいうカオスな学園パロディもやってた。

ハム太郎とは似ているようで大違い。でも当時それほど騒がれず、今ではすっかり風化してしまった悲しい作品。

登場人物[編集]

ここでは様々な人種に考慮し、ケモノと人間に分けて紹介する。

ケモノ[編集]

コジョピー・オコジョさん/オコジョ番長(中の人沢城みゆき
本作の主人公のオコジョ。ケモショタ。山の中で人間に捕まりペットショップに売り飛ばされ、逃げ出したが街の中で死にかけていたところを槌谷に拾われる。
性格はDQNチンピラ、ややツンデレ。主に爪で相手をひっかく攻撃をする。あとからあげ!後半からどんどんヘタレ化し、ぶっちゃけチョロリたちの信頼も薄そう。作中で二回失禁した。制作スタッフは間違いなく変態ケモナーである。オコジョは夏になる茶色の毛に生え変わるが、それは本作のコジョピーにも反映されている。夏毛は夏毛でまた良い。
番長編ではやたらデレが強調されており、もう番長でも何でもない。シャーーーーーーーーーーーーッ!!
チョロリ(中の人:山崎バニラ
みんなのアイドル、ちょろりたん!ハムスターではない。漫画家に飼われているスナネズミ。ケモショタ。「~でやんす」、「あっしは~」と喋り、コジョピーを「おやびん」と呼び、慕っている(表面上は)。
作中のケモキャラの中では、数少ないメスケモであるコジョルーと一、二を争う人気であった、と思う。まりもー!!
タッチン/フェレット番長(中の人:伊丸岡篤
槌谷がコジョピーを飼いはじめたことに触発された友人佐伯シュンが、衝動買いしたフェレットオスケモ。ケモキャラの中でこいつだけ声が超渋い。
コジョピーのことを「野良オコジョ」と呼び軽蔑している、ように見せかけておきながら酔っ払ったときには「好きじゃあああああああああああああああアッー!」と言いながら迫ったり、夏毛姿に欲情したり、危ないケモホモキャラ。だが後半から空気化。
番長編ではそういうキモさは無くなったが、アホキャラ化した。みゅーーん!
コジョルー(中の人:鮭延未可
ジュビダッパジュビルルルルヤヤヤルルルルル(名曲ぽかぽかコジョルーより。今となっては泣ける)。後半から登場するオコジョ。ケモロリ。同じくロリキャラの西塔みゆに飼われる。一つのマンション二匹オコジョがいるとか異常事態だが、そんなことは都くんしか気にしない。
お前らが好きそうな池沼天然キャラ。アニメオリジナルで、めちゃくちゃテキトーに作られたっぽいが、メスケモということもあってか屈指の人気ケモキャラであった。る♪
チビマモ(中の人:うずまきナルト
槌谷達の住むマンションの大家の息子、仙堂一郎に飼われている、えーっと・・・何の動物か忘れたがの仲間っぽい生き物。ケモショタ。時々コジョピー達と絡み、テキトーな情報をマジ顔で「本当だ・・」と言いながら話す。コジョピーには「チビザル」と呼ばれている。
ヒャッホー(中の人:谷井あすか
森下繭美が1682円で入手したモモンガ。メスケモ。モモンガのくせにムササビ並みに飛ぶ。そして佐伯兄妹よりテンションが高い。ひゃっほーーーーー☆
ピョンキー・ピャンキー(中の人:寺田はるひ)
田所るると田所るかが飼っているハリネズミ。ケモロリのピョンキーは(パッと見)大人しく、ケモショタのピャンキーは凶暴。

他にもコジョピーの妹とか、ネズミどのとか可愛いケモキャラがちまちま出てくる。

人間[編集]

槌谷遥(つちや はるか)(中の人:小泉豊
コジョピーの飼い主のコミュ障大学生。女装。コジョピーの飼い主。とにかく喋らない。長門より喋らない。返事は無言で「コックン」と頷く。コジョピーの扱いは結構雑だが、何だかんだで大切に思っている(多分)。趣味は園芸で、大学では園芸サークルに所属している。
がかなりださく、チューリップがでかでかとプリントされたTシャツを着ていたりした。だが井澄曰く「超美形」とのこと。
久遠ゆうた(くどお ゆうた)(中の人:加藤奈々絵
槌谷と同じマンションに住む小学生ショタ。声にやや癖がある。眉毛の太さ、形が回によってバラバラ。
本作の中ではかなりの常識人。ちょっと泣き虫。言動の一つ一つがショタコンのハートをわし掴みにする。
佐伯シュン(さえきシュン)/サエキ先生(中の人:原田英敬)
槌谷と同じ大学に通う友達。常に笑顔。槌谷と顔の作画の差がハンパない。タッチンの飼い主。初期はコジョピーを生き埋めにするなど、のトモコと共にかなりイカレたキャラで、「サエキ死ね」が定型句となるほどだったが、回を重ねるごとにそうでもなくなった。好物は豚足。
番長編では何故か教師。自分の給料のことしか考えていない見事なクズであった。
佐伯トモコ(さえきトモコ)(中の人:中村明香)
佐伯シュンの。お前らが大好きなJK貧乳。何で兄と二人暮らしなんだろう。顔が兄と同じでアレだが何故か可愛く見えてくる。不思議。あと中の人肺活量無さすぎ。
久遠ゆうたの母(中の人:荘真由美)
通称「ママン」。正式な名前は無い。巨乳。弁当屋で働いている。常に三角巾とエプロンをつけており、出かけるときなども絶対に外さない。だがそれがママンの人気の秘訣だろう。
当時本作のキャラの中でも異常な人気を誇ったエロ可愛い人妻キャラ。番長編では必然的にセーラー服ブルマスク水など過激なコスプレ姿となるため注目を集めた。
塚原映日(つかはら あきひ)(中の人:高橋広樹
ガチムチのイケメン獣医。普通にしていれば名医だが、オコジョ厨の変態で、度々暴走し夕飯時のアニメとは思えないヤバさを発揮したケモナー、というかズーフィリアである。だがコジョルーにはあまり欲情しない。ケモショタ専門?
番長編ではオコジョ番長を病気でもないのにテキトーなことを言って入院させた。あのままだとオコジョ番長は間違いなく犯されていただろう。マジキチとしか言いようがない。
富士咲都(ふじさき みやこ)(中の人:木川絵理子
塚原の動物病院の事務・助手。それなりに美人。貧乳?Wikiですら間違って表記されているが、藤崎ではないので要注意。まったくにわかばかりで困る。
妄想が激しい。塚原に片思いしていると思われるが、塚原はオコジョさんしか見ておらず人間のなんぞに興味ないので見向きもされない可哀想な人。
漫画家(中の人:ママンと一緒)
チョロリの飼い主。正式な名前は無い。槌谷の隣の部屋に住んでおり、常に締め切りに追われ、編集社からの電話に怯えまくり、発狂している。普段は無頓着で女性とは思えない格好をしているが、たまに外出する時は派手にキメる。ただそのキメ服のセンスも古臭い。アニメだから仕方ないか。
田所るる(たどころ るる)・ 田所るか(たどころ るか)(中の人:ヒャッホー)
槌谷達と同じマンションに住む双子の姉妹。幼稚園児らしいがみゆより大人に見える。「変なのごっこ」(両腕を上に挙げ、「変なのー変なのー変なのー変なのー変なのー変なのー変なのー変なのー」と歌いながら上半身を左右に揺らす)'がかなりやばいので、この双子が出てくる回を視聴する時は注意が必要。というかきもい、可愛くない。
森下繭美(もりした まゆみ)(中の人:武藤寿美
近所のJC。パッツンのロングヘアー。並乳。口を開くことはほぼ無く、全ての人との会話はテレパシーのようなもので行う。いつも親友兼突っ込み役の井澄と行動しており、槌谷に恋心を抱いている。槌谷に近づく口実のためだけにモモンガ(ヒャッホー)を飼ったり色々しているが中々うまくいかない。
「無限に広がる、思春期の妄想」
井澄(いずみ)(中の人:うずまきナルト)
繭美と同じ中学の友達。フルネームは不明。ショートヘアー。突っ込み役で、空手チョップを使う。
ミズホ(中の人:たがみかおり
トモコの友達で同じ高校に通っている同級生。巨乳。国家機密に関わる仕事をしているらしいが、詳細は不明。本人曰く「国家機密だから!」。出番は少ないが、タイトなミニスカ戦闘服姿がまぶしい。
西塔みゆ(さいとう みゆ)(中の人:ヒャッホーや双子と一緒)
後半から登場。ロリ。槌谷達のマンションに引っ越してきた後、コジョルーの飼い主に。ゆうたとは元々知り合いだったらしい。動物の扱いが結構酷い。
やや性格が悪い。ロリだがお前ら好みではなさそう。ゆうたも大変だな・・。
長谷川マサシ(はせがわ マサシ)(中の人:タッチン)
後半から登場。DQN系イケメンの高校生。ホモ。ってか、槌谷の姉である閑を槌谷の女装(写真で見た)と勘違いし、しかもそれに惚れてしまい苦悩する。こいつの出てくる回も色々とアウト。

他にも度々登場するペットショップの店長とか、大家の息子の仙堂一郎とか、通称科学君の仁科学とかいる。

その他[編集]

ナレーション(CVは数人いるらしい)
この作品の特徴の一つ。無機質な女性の声で解説をしたり、突っ込みをいれる。番長編でも健在。
この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。(Portal:スタブ)

関連項目[編集]


キャベツ.jpg このアニメ「しあわせソウのオコジョさん」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)