ウェイン・ルーニー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
暴れすぎてキムチ券を食らうルーニー。

ウェイン・ルーニーWayne Rooney1985年10月24日 - )は、とは、イングランド代表のサッカー選手である。座右の銘は「Fuck!!」。

慰めを受けるルーニー。

2004年欧州選手権での活躍[編集]

グループリーグのスイス戦で当時の大会史上最年少記録となるゴールを含む4ゴールを決め、 イングランドのベスト8進出の大きな原動力となった。 しかし準々決勝のポルトガル戦、ポルトガルDFのジョルジ・アンドラーデとの接触から骨折してしまい、チームもPK戦で敗退した。 そしてこの大会の活躍を機にエバートンFCからマンチェスター・ユナイテッドFCへ移籍した。 その後、婚約者が居ながらも売春宿の常連だった事が報じられ、ルーニーが自分よりも20歳も年上の女性に執心だった事が判明し、世の年上好きの男性にとって大きな励みとなった。

2006年ワールドカップ[編集]

2006年ワールドカップで、イングランドは40年ぶりの優勝を期待されていたが、直前にルーニーが重傷を負ってしまった。大会は絶望的と思われたが、彼にはどうしても出場したい理由があった。それは、かねてから対立関係にあったポルトガルのカルバーリョに全世界が見ている大舞台で大恥をかかせることであった。そこで、順当なら準々決勝で当たるはずのポルトガル戦へ向けて、猛烈なリハビリを開始した。ベッカム斎藤佑樹も使った酸素カプセルはもちろん、北朝鮮人民軍に頼み、負傷をすばやく直す方法を教授してもらったりもした。また、過去何人もの死人を蘇らせている男塾にも助けを借りた。ちなみに重傷を負った原因は対戦相手チェルシーにいたポルトガル代表DFパウロ・フェレイラのタックルの際着地の姿勢が悪かったからという事で、ユーロ04の時といいポルトガルのDF陣とは相性はかなーり悪い。

うふふ

彼は驚異的な回復をみせ、イングランドも勝ち進み念願のポルトガルと対戦。ポルトガル戦ではスタメンで出場した。そして、試合も大詰めとなった後半、カルヴァーリョとボールを競り合った際に、思い切り股間を攻撃した。このプレーによりルーニーは一発退場となり、イングランドはPK戦で敗退したが、カルヴァーリョは二度と女性と行為はできない哀れな姿となり、見事にルーニーの大願は果たされたのであった。

2008年欧州選手権[編集]

ルーニーはワールドカップでイングランドが敗退したことなど気に留めておらず、「負けたのはジェラードがPKを外したせいだろ?」などと思っている。そして、2008年欧州選手権では、今度はクリスティアーノ・ロナウドを性的不能者にしようと企んでいる。(しかし彼には女性とゲイヲタもかなり多く、やったら仕返しでルーニーのも危ないという諸刃の刃) しかし、イケメンベッカムに嫉妬してメンバーから外したホモ監督のスティーブ・マクラーレンのせいで、イングランドは2008年欧州選手権自体に出場できなかった。

また、フィールドで戦争をする癖はこの頃から治ってきたが、2004年くらいから発症していた美しいプレイをすればするほどハゲていく病気がこの年に顕著に悪化し、ばれないように坊主にしても地肌が見え見えというリーブ21大喜びの状態となり、今後同社とCM契約の予定である。[1]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウェイン・ルーニー」の項目を執筆しています。

脚注[編集]

関連項目[編集]