ウマ娘ふたなりダービー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ウマ娘ふたなりダービー」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「ウマ娘ふたなりダービー」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「ウマ娘ふたなりダービー」の記事を執筆しています。

ウマ娘ふたなりダービー(-むすめ-)とは、JRAによる若年層への競馬振興を目的としたメディアミックス企画。

概要[編集]

日本における競馬の歴史は幕末まで遡るが、これは西洋競馬の模倣文化であり明治20年代後半には廃れている。これは西洋競馬の源流が貴族による所有馬の披露会であり、馬券制度もなく単なるショーだった為「ただが走っているだけ」に過ぎないとして多くの日本人がすぐに興味を失ってしまった事による。その後明治38年に「軍馬の育成や管理に民間の資金を流入させる」という目的で、本来御法度であるはずの賭博要素[1]を「公営の賭博遊戯」という屁理屈で取り入れた博打競馬が事実上解禁された。これが現在まで続く「競馬」の雛型である。

当初は賭博に関する知識を持つ役人が少なかったことから、予想外の高配当が出てしまったり逆にガチガチの銀行レースが大外れし八百長を疑われるなどトラブルが絶えなかったとされている。それが災いし発祥の国イギリスでは貴族階級の紳士淑女が優雅に交流するハイ・ソサエティなイベントだった競馬は、こと日本においては「一攫千金を狙うギャンブル[2]」となりヤクザチンピラが出入りする不道徳な反社会的イベントと成り果ててしまった。とはいえ莫大な金額が動くからこそ安易に廃止など出来ず、自治体も溢れんばかりに入ってくるカネ目当てに風紀の乱れを全力を挙げて見逃すのが日常化していく。その結果昭和末期の競馬場は、耳に赤鉛筆を挟んでスポーツ新聞を小脇に抱えた「日曜日の錬金術士」が、安酒とヤニの臭いを振り撒きながら死んだ目でレースを見つめていたり、文無しになって尚捨てられた馬券の中に万が一当たり馬券がないかと足元を這いずり回ったりと混沌の只中となってしまった。

そんな悪いイメージの定着した競馬業界は、バブル崩壊による不況が深刻なダメージとなった。社会全体が平和ボケしきって金余りなご時世ならまだしも、口に糊するだけで精一杯な状態でわざわざ危険な場所にいってまで無駄金を使おうというバカはそうそういないのである。競馬業界は生き残りをかけてクリーン化を図らねばならない時代、若い世代にも競馬に親しんでもらおうという企画が多種多様に生まれていった。その一つが、この『ウマ娘ふたなりダービー』である。

特徴[編集]

色とりどりのウマ娘たち。
色とりどりのウマ娘たち。存在そのものを消された数名とその理由についてはお察し下さい

近年多くの若者に好まれる[要出典]ふたなりと共に艦これなどで若者に人気の萌え擬人化を取り入れ、古今東西の名馬を牝馬牡馬問わず美少女ふたなりキャラクター[3]としてデフォルメ。キャラクター数を非常に多くする事で「数打てば当たる」という昨今のヒロイン作品の流行も取り入れている。そして「彼女ら」の多くは「日本ウマ娘トレーニングセンター学園」という学校の生徒となっており、これも人気のある学園百合のテイストを取り入れている。そして世に言う「ウマ並」と、昨今のオタク業界で求められる要素を様々付け足すことで若者への訴求力を高めているのが特徴である。またウマ娘の舞台はギャンブルとしての競馬が存在しない世界で、競技会「トゥインクル・シリーズ」は国民的かつ健全な娯楽として描かれる。これは競馬の源流に近いものであり、イメージのクリーン化に一役買っている部分がある。

ただ「実在の競馬馬を擬人化」という都合上、馬主や業界団体に対して最大限の配慮が求められるという難点もある。その為二次創作でもリョナレイプなど元になった競馬馬のイメージを損ねる表現や、現実のJRA他関連団体を「公序良俗に反する形での表現[4]」に取り入れるなどした場合法的手段に訴えられる可能性がある。

脚注[編集]

  1. ^ 江戸時代には既に賭博は「天下の御法度」であり、賭場の開帳は元より参加者に至るまで厳しく罰せられたと記録が残っている。
  2. ^ ただし日本の公営ギャンブルは「倍率1.0、全員同着」を理想としており、絶対に参加者の経済的利益にはならないようになっている。これは安易な金儲けが勤労意欲を奪い社会の安定を損ねるからで、儲かるのは胴元だけでなければならない。だがそれを公言すると集客数が激減するため、敢えて「儲かるかもしれない」と誤解させている部分もある。
  3. ^ 男子キャラクター(ウマ息子)はおらず、ふたなり設定を活用しウマ娘同士で繁殖する世界になっている。
  4. ^ 「ウマ娘を強制労働させるブラック企業」として登場させる等。

関連項目[編集]


Anime icon mid.jpg このアニメ「ウマ娘 プリティーダービー」はまだかんたん作画のままです。
作画修正をしていただけるスタッフを募集しています。 (Portal:スタブ)