エノキタケ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「エノキタケ」の項目を執筆しています。

エノキタケとは、過激なダイエットで業界を生き抜いてきたキノコ界のアイドルである。

概要[編集]

エノキタケといえば、冬場の鍋物の名脇役として、「なめ茸」の名で毎日のご飯の相手役に、あるいは野菜と一緒にフライパンの上で踊ったりと、今やシイタケブナシメジと並び様々な舞台に引っ張りだこの国民的アイドルキノコとして、その名を広く知られた存在である。しかし彼女の現在の華やかな地位が、我々の想像を絶する努力の賜であることは、意外なほど知られていない。

驚異の肉体改造[編集]

デビュー前の姿。かつてこのような太ましい体型をしていたことは、現在では完全に黒歴史となっており、一部のマニア以外知るものはない。
現在の姿。まさに美白。

右の写真を見て、エノキタケだとひと目で気づく人は、マニア以外ではまず稀であろう。素人であれば、これが化粧をしたブナシメジやナメコだと言われても案外納得してしまうのではないだろうか。実際、エノキタケが日本の食卓にデビューするにあたって、最も懸念されたのが、他の名だたるキノコ達との差別化であった。キノコ業界は、部外者から見ると年中代り映えもなく変化に乏しい所のように映るが、実際にはかつてトップスターの一角として人気を博していたヒラタケ(芸名:シメジ)がその後に台頭したブナシメジとの競争に敗れて引退同然の状態に追い込まれるなど、消費者の好みによってあっさり脱落することもある厳しい世界なのである。エノキタケは実は割と古参の部類に入るキノコなのだが、それでもシイタケなどの強力なライバルの存在は無視できなかった。そのため、彼女は過酷な苦行に励まざるを得なかったのである。そして、狭い瓶の中に入ったり身体に紙を巻いたりして体格を矯正し、店先に並んでいても日焼けしない特殊体質[1]に生まれ変わるなど、より細く、より白くなることに全身全霊を傾けた結果、現在知られる姿へと大いなる変貌を遂げたのであった。デビュー当時の彼女の姿は、シイタケのように太くてガッシリとしたキノコしか知らなかった当時の消費者の目に、鮮烈な印象を残したに違いない[2]。彼女が出演数ナンバーワンという栄光を掴み取ることになった陰には、このような涙ぐましい努力の跡があったのである。しかし露出の割にギャラは少ないらしく、庶民派とも言えるが今なお苦労の多いキノコであるかもしれない。

現在のキノコ業界[編集]

現代のキノコ業界は激動のさなかにある。外国生まれのエリンギは日本人になじみのないキノコであったが、来日してしばらくが経ち、現在では完全に日本のお茶の間に浸透している。さらに最近では、ハタケシメジホンシメジなど、それまで一部のマニアにしか知られていなかった地下アイドルが、スーパーマーケットなどメジャーな舞台で活動するようになったり、前述のヒラタケがより自然に近い体型になってで再デビューを果たし、僅かながら復活への道を歩んでいるなど、新たな動きもある。このハタケシメジやヒラタケの例にあるように、自然美あふれる健康的な姿が、消費者に好ましいものとして受け入れられつつあるというのが最近の潮流であり、エノキタケも一部で「ブラウンえのき」と称しデビュー前を思わせる茶色い姿をアピールしている。その波のいかんによって、今後エノキタケがかつてのふくよかな姿を消費者の前に見せることが果たしてあるのか、今マニアたちの間で大きな注目が集まっている。

脚注[編集]

  1. ^ デビュー当時はすぐ肌が黄色くなるのが欠点だと言われていたが、その後克服した。
  2. ^ 一方であまりに見慣れない体型のせいか、消費者に怖がられることもあったらしい。