カイロ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

カイロ(かいろ、Cairo、القاهرة、懐炉)とは、アフリカ大陸を暖める暖房器具である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カイロ」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「カイロ (エジプト)」の項目を執筆しています。

概要[編集]

カイロは、人口・GTP供にアフリカ第一位の都市である。ナイル川を挟んだ隣には、ピラミッドで有名なギーザがある。

歴史[編集]

昔、それも紀元前4000年ぐらい前の昔。ファラオによって治められていたエジプトはカイロが中心となって暖めていた。もちろんピラミッドも作られた。え?スフィンクス?知るかそんなの。

しかし、クレオパトラの鼻が高すぎたため、ユリウス・カエサルがあっさり誘惑にのってしまい、エジプトは面目丸潰れとなって、冷えていき、廃墟の町と化していた。

639年にイスラム帝国軍が攻めてきて、勝手にフスラートという名の都市を建設していった。969年にはチュニジアのシーア派が攻め込んできて、城壁都市のミスル・アル=カーヒラを建てた。

その後、イスラム帝国の王朝はめまぐるしく変化して、王朝が成立したと思ったら他の王朝に征服されるを繰り返して、1516年にマムルーク朝がオスマン朝に征服されると、カイロは急激に冷えていった。

だが、地元の人々は交易をなんとか続け、ナポレオンの遠征も切り抜けた軍人のムハンマド・アリーがエジプトの近代化を推し進め、カイロは急激に暖まっていった。

使用[編集]

カイロを暖めるには幾つかの方法がある。

振る
眠っているビジネスや事業を発展させて、経済を奮い振るいたたせる。
揉む
売春婦にあれの大きな女を多用して、疲れた男たちに揉むかいのあるクッションを提供して、風俗産業を発展させる。
火をつける
やる気のない労働者たちに闘争心を抱かせ、自身の魂に火をつける
水をかける
政治を行ううえで、邪魔となる過激派グループを弾圧して、彼らに水をかけるなどして頭を冷やさせる。マトモな人間になったら即戦力にもなる。
酸化させる
政治に興味のない若者たちに行政とはなんたるかを説き、投票に酸化させr参加させる
Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

問題[編集]

カイロには大きな社会問題があり、2009年に豚インフルエンザが流行ると、マスクが多く購入されたが、同時に湯たんぽブームで、カイロの売れ行きが悪くなり、町に酸化鉄があふれかえり、深刻なゴミ問題となった。

火事が増えたのは言うまでもない。

関連項目[編集]