シモーヌ・ド・ボーヴォワール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「正直、寝てみるまではレスビアンだと思ってたよ。」
シモーヌ・ド・ボーヴォワール について、ジャン=ポール・サルトル
「人はシモーヌ・ド・ボーヴォワールに生まれるのではない。シモーヌ・ド・ボーヴォワールになるのだ。」
シモーヌ・ド・ボーヴォワール について、シモーヌ・ド・ボーヴォワール
男前である。

シモーヌ・ド・ボーヴォワール(Simone de Beauvoir, 1908年1月9日 - 1986年4月14日)は、フランスアカ左寄り実存主義哲学者である。ジャン=ポール・サルトルの恋人にして女神様としてよく知られている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「シモーヌ・ド・ボーヴォワール」の項目を執筆しています。

若かりし日々[編集]

シモーヌ・ド・ボーヴォワールは、レーニンの旦那どこぞのフランス女[1]の私生児であった。レーニンはフランス女の出産をつゆ知らず、シモーヌの存在にも気づかなかった。シモーヌはフランス女のよき「友人」であった、スティーブ・ジョブズ[2]に預けられた。スティーブは金持ちであった。結果として、シモーヌはあちこちを飛び回る金持ちのおてんば娘に育った。十代のとき、彼女は平々凡々学校に行かされた。そこで彼女は心の友ジャン=ポール・サルトルに出会った。彼らは上流階級のパーティの場に欠かせない存在だった。彼女はサルトルに人ごみにまぎれる方法を教えた。その間二人とも子猫吸引LSDを試した。子猫でトリップした彼らは哲学を研究したくなった。高校生活の終わりに彼女は本当の父親のことを聞かされ、おくればせながら娘らしい連帯感の発作[3]を起こし、父親の共産主義を受け入れた。彼女に影響され、サルトルも同じ方向へ進んだ。

賢明なフランス人として[編集]

「あたしがしゃべってるときにしゃべらないで!今度同じことやったら殺すわよ」

サルトルは続いて実存主義のイエスとなった。彼女は彼の考えを受け入れつつも、独自の見解をいくつか持っていた。その中に彼女の大発見である『チーズ作る女』[4]の着想もあった。キルケゴールやらニーチェやらを読みながら、二人は他の派の哲学者たちとファミリーレストランや喫茶店でたむろした。シモーヌが、今までに出会った三人とは別の、彼女の心をバラバラにしてしまいそうな男、アルベール・カミュに出会ったのはまさにこの頃だった。サルトルとカミュは、哲学の討論とチーズ作りにおいて互いの裏をかかんとし、彼女の献身をかけて争った。サルトルのチーズがより美味だったため彼が勝利した。最終的には、この「愛の三組」は、彼らの特別な関係についての特別な規則を文書にした。

第二の性とトロツキー[編集]

サルトルが『存在と無とチーズフォンデュ』を執筆中であった一方で、シモーヌは彼女の主著『第二の性』を書き終えたところだった。基本的な主張としては、女性男性よりもすぐれたチーズ職人であるが、全ての女性という個体の核心は銀河系の中で孤立しており、不足しているものもある[5]ため、この孤立をどうにかしてなくそうという試みは達成できない。真の解決策はチーズである。でっかい一塊のチーズである。であるからして、よきチーズ職人たれ、さらば女性は男性より素晴らしい、というものである。

レーニンは1952年に謎の死を遂げた。シモーヌは父の葬儀に出席し、まさにそこで彼女の人生における三人目の恋人、レオン・トロツキーに出会ったのだった。彼女は彼を誘惑しようと試みたが、レーニンの死は彼の心に大きな穴をぽっかり空けていたため、彼は彼女を愛せなかった。後に不能者トロツキーは仕方なく仏教に改宗した。彼とシモーヌは友人のままであり、彼女はトロツキーの文体で『あたい、スターリンなんて大大だいっ嫌い』という政治本まで書いた。

老年期[編集]

老年期のシモーヌについては、サルトルがうたた寝をしているとシャーペンでぶっ刺し[6]、朝食をとっているとでかいタラでひっぱたく[7]などして彼の死を先延ばしにしたことを除いてはあまり語られていない。

サルトルがついに死んだとき、彼女はただ一言こういった。

別に。
ジャン=ポール・サルトル について、シモーヌ・ド・ボーヴォワール

サルトルの死後、シモーヌはチベットの洞窟でグルーに喰われて悲惨な死を遂げ、トロツキーと一体になった。事件は彼女が洞窟の中を歩行中に起こった。ヤクのチーズの貯蔵法を研究していたのではないかといわれるが、彼女がなぜ洞窟の中にいたのか定かではない。彼女は食われる前に解脱したのだと人々は言う。いまや極楽はグルーの腹の中にあるのだ。

関連項目[編集]

この記事は、en:Simone de Beauvoirから翻訳されたものです。

訳者注[編集]

  1. ^ 根限り声を張り上げて歌うやかましい歌手。
  2. ^ 企業家で、アップル・コンピューター設立者の一人。セリーヌ同様、年を考えると矛盾するが気にしない。
  3. ^ 女子高生が学校の休み時間にグループでトイレに行ったり、そこから疎外されると過呼吸になったりするのとは格が違う。
  4. ^ 彼女のデビュー作の題名は『招かれた女』
  5. ^ 事実、ボーヴォワールはこのことを論じるのにかなりのページを割いている。
  6. ^ サルトル参照。
  7. ^ 『フィッシュ・ダンス』というどうしようもなくナンセンスなギャグ。二人の男のうち片方が相手の頬を小魚でひっぱたき、しまいにもう一人がでかい魚をフルスイングして相棒を川に落とす。