セイタカアワダチソウ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
セイタカアワダチソウ
分類
: 植物界
: 被子植物門
: 双子葉植物綱
: キク目
: キク科
: アキノキリンソウ属
: セイタカアワダチソウ
天高く伸びるセイタカアワダチソウ。彼らは私たちを見下ろして何を思っているのだろう。

セイタカアワダチソウSolidago canadensis)とは、食べて良し、花も良し、さらに植えっぱなしでも毎年生えるという、完璧万能な植物である。
癒しのためにも、いずれ来る食糧危機のためにも今、1本でも多く庭に植えたものが勝ちである(畑でも可)。

概要[編集]

花を観賞するために輸入された菊の仲間である(本当)。さらに、食べると春菊のように豊かな香りがあり大変美味い(これも本当)。春菊も元々は観賞用に輸入された菊なので、何か因果めいたものを感じてしまう。

ただ、春菊と違い、セイタカアワダチソウは、あちこちに飛びまくるという凄まじい生命力と、回りの植物を枯らすという生物兵器能力を持っていたために、野生化してもうどうしようもない。

人間との関わり[編集]

そのままでも美しい花であるが、さらに美しくなるために切花としての改良が続いている(本当)。また、新芽は日本の春の食材として重要である。

食べてみよう![編集]

セイタカアワダチソウ。それは虫たちのパラダイス。

可食部分は新芽と花である。新芽は春菊の香りを強くしたものと考えてよい。

お勧めは天ぷらである。同期の山菜としてはタラの芽がありもてはやされているが、セイタカアワダチソウの方が香りも歯ざわりも上である。本種を食べればタラの芽では満足できなくなるほど美味い。おひたし等の茹でる系の料理では天ぷらよりも香りが多く残るため、香り高い食べ物が好きな人には特にお勧めできる。

まだ寒い時期(関東地方であれば、1月下旬頃からでも)に地表を探すのも良い。
芽は成長した葉と形が違うが、本種は純群落を形成する上、大きい物では1.5hydeに及ぶ枯死した前年茎が目印となるのでまず他の毒草等を誤食する心配がない。

花からは良質の蜂蜜が取れる。また花は軽く湯がいてポン酢でもいける。

いずれにしても、が来たならば、食べたい!と思える料理ができるだろう。しかしかの有名な岡本一真は、食べたことがない。本人は食べたがっている。

勘違いしないでよね![編集]

セイタカアワダチソウ。そこは虫たちのパラダイス。

本種が花粉症の原因とされたことがあるが、虫媒花のためその可能性は無い。花粉症の原因は風媒花の花(ブタクサなど)である。また、回りの植物を枯らすという生物兵器能力は、自分にも効く諸刃の剣である。

在来種を駆逐するとも言われ、事実セイタカアワダチソウの分布拡大によって土手のススキが追いやられた経緯があるが、昨今ではススキとの棲み分けがなされている。つまり、うまいことやっているのである。日本の在来タンポポを駆逐したセイヨウタンポポよりもよほど大人の対応である。

関連記事[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「セイタカアワダチソウ」の項目を執筆しています。


二代.jpg この項目「セイタカアワダチソウ」は、先人によって冒頭部が作られ、代々伝えられてきた物語のほんの序章に過ぎない、始まったばかりの項目です。これからの本当の物語の綴り手は、あなた自身です。 (Portal:スタブ)