ターボチャージャー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ターボチャージャー」の項目を執筆しています。

ターボチャージャー(Turbo Charger)とは、多くの男たちを虜にしてきた魔法のカタツムリである。

概要[編集]

頭の固い百科事典によるとターボチャージャーは「排気ガスの圧力でタービンを回し、タービンに直結したコンプレッサーで吸気を圧縮する過給機」である。すなわち、このカタツムリによって多くの吸気がエンジンに送り込まれ、出力が増幅されることを意味する。また、ブースト(過給圧)が高ければ高いほど、ターボチャージャーが大きければ大きいほど、あるいはターボチャージャーの数が多いとパワーは増す。すなわち、「パワー=正義」と考えている男たちがこのカタツムリに魅せられるのは当然といえよう。そのため、ターボチャージャーはエンジンへの吸気のみならずパワーへの野望をも過給する役割を担っていると言えよう。スピードとパワーを正義と考えている男たちはターボチャージャーによって得られた力をスピードや重量挙げに生かしている。つまるところ、ターボは男のロマンである。

用途[編集]

ディーゼル機関車
重い荷物を引っ張ってこそ男。鉄男はそう考えているであろう。それを成すのに最適な方法は何か。ディーゼルエンジンを開発したルドルフ・ディーゼルという男は「ディーゼルエンジン+ターボチャージャー」という答えを見出した。これがターボチャージャーの最初の実用例である。
自動車
前述したとおり、いともたやすく出力向上を図れるため、車に取りつかれた強者共は好んで己の愛車のエンジンにターボチャージャーを取り付ける。彼らは愛車にターボチャージャーが付いていない場合はターボチャージャーを後付けし、初めからターボチャージャーが付いている車両にはより大きなターボチャージャーを付ける。また、トラック野郎はより大きく重い荷物と男の野望を運ぶために己の愛車にターボチャージャーを付けている。
戦闘機
第二次世界大戦後にジェットエンジンが実用化されるまで、戦闘機にはレシプロエンジンが用いられていた。高度が高ければ高いほど戦いは有利になる。しかし、高度が高ければ高いほどエンジンに供給される酸素は薄くなり、失速しやすくなる。そこで、各国の空軍はターボチャージャーを戦闘機に付けることによってスピードを稼ぎ、より分厚い装甲とより多くの爆弾を積んだ戦闘機を異次元の標高まで持ち上げるパワーを得ようとした。その代表例がB-29である。

関連項目[編集]


Abe いいこと思いついた お前 テンプレ貼った この項目「ターボチャージャー」に加筆しろ
男は度胸 !  何でもためしてみるのさ きっといい文になるぜ
ほら遠慮しないで 書いてみろよ (Portal:スタブ)