チョコミント

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「チョコミント」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「チョコミント」の記事を執筆しています。

チョコミントとは、スペアミント種に分類されるハッカ属の植物。近年になって生まれた交雑種であり、食用にも用いられる。

概要[編集]

チョコミント.jpg

ハッカ属は交雑や環境要因による変化を起こしやすく、形態による区別は困難である。チョコミントはアオイ科植物の果実[1]に似た独特の香りを持つため判別しやすい部類に入る。更にチョコミントを生成して精油を作ると、チョコレートを思わせる香りとなる。チョコミント精油は菓子に広く使われ、またハーブティーにもなる。生葉の味はスペアミント種ということでペパーミント程辛くはなく、ミント類にしては薄味扱いされるので生葉を食用にする事は少ない。

ミント類全般の特性として繁殖性は非常に高い[2]が、チョコミントのハッカ脳[3]含有量は20 - 40%とかなり低い。その為精油の大量生産が難しく、単独で市販される事はあまり無い。大抵は食品製造過程で、フレーバーオイルとして少量用いられるのが常である。

歴史[編集]

1980年代オランダペルフェティ・ファン・メレ社で偶然交雑種が発見されたのが、チョコミントの発祥とされている。ペルフェティ・ファン・メレ社はFRISKメントスで知られる世界的なミント菓子メーカーであり、他にも多くの交雑種を産み出している[要出典]。しかしペルフェティ・ファン・メレのミント菓子は清涼感を重視しており、刺激が弱くまたラインナップにないチョコレート風味の精油が採れるという事で商品化は見送られた。

その後取引先を通じてアメリカへ渡った際に新フレーバーを模索していた大手菓子メーカーがこれに注目、軽いメンソール刺激と甘い香りのコントラストが若者に人気となり様々な菓子に使われることになる[4]

日本においてはカネボウ(現クラシエ)が美容品素材として輸入し、しばらくは食用ではなくフッ素入歯みがき粉の苦味軽減[5]に使われていた。その為か日本のインターネット上では、チョコミントを使ったアイスクリーム等を「歯みがき粉味」と呼ぶ傾向がある[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ カカオ等。
  2. ^ ミント類は強害草に分類される事もあり、そもそもの生命力が異常に強い上地下茎が柔らかく切れやすいので駆除の成果が上がりにくい。僅かな種が落ちただけで家庭菜園を壊滅させてしまったケースもある。
  3. ^ いわゆるメンソール分。
  4. ^ 例えばHershey'sでは、チョコミント精油を仕上げに使ったポテトチップスが産み出され人気を博した。
  5. ^ フッ素は虫歯予防に効果的とされているが、非常に苦いという特性を持つ。その為特に児童向け歯みがき粉には、香料で果物やチョコレートの味を付けることが多い。大人向けでも、それこそミントを苦味軽減に用いる。

関連項目[編集]

この項目「チョコミント」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。