トランプ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
曖昧さ回避 この項目では、カードゲームについて記述しているばい! アメリカ合衆国第45代大統領の人物につ・い・て・は「ドナルド・トランプ」をCHECK IT OUT!! はい!!!
「YOU PLAY WITH THE CARDS YOUR DEALT(手持ちのカードで勝負するしかないのさ……)」
トランプ について、スヌーピー
理想の手札(大富豪)。
理想の手札(額にスペードのA、インディアンポーカー)。

トランプとは、室内用の遊び道具を模した汎用投擲兵器である。アメリカ大統領候補者の大仁田厚やオヅラさん似の人のことではない。

概要[編集]

トランプは日本では0.57×0.37hydeが主流(レア種として0.56×0.40hydeのものも存在する)のまたは石油製の束で、いろいろなゲームに用いられるほか、占いマジックの小道具としてもよく用いられる。英語を勉強していなかった大人の人に「トランプって英語でなんていうか知ってる?」と聞くと「トランプって言うに決まってるじゃん」というが、実際はplaying cards(プレイングカード)という。会社の同僚などに聞かれて「トランプって言うに決まってるじゃん」と答えてしまったあなたはもうすでに手遅れである。一刻も早く会社を辞めなさい。「トランプ」は、本来「切り札」を意味する言葉である。投げて武器としてもつかえる。

トランプのゲーム[編集]

トランプはさまざまなゲームに使われる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ババ抜き」の項目を執筆しています。
ババ抜き・ジジ抜き
ババ抜きや、ジジ抜きは電車バスなど公共の乗り物の優先席若者がトランプを広げ散らかす行為のこと。中国では「老人差別」と表記する。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「神経衰弱_(トランプ)」の項目を執筆しています。
神経衰弱
ババ抜きが世界的に行われるようになると、老人たちの居座るところがなくなり次々と老人たちが衰弱していったことにより生まれたゲーム。3人の男女がグループを作り、1時間以内に何人老人を殺せるかを競うもの。
トランプ手裏剣
カードの短辺を人差し指と中指で腕をL字を作るような感じにして挟む。そして、二の腕を固定したまま前方に腕を伸ばす。同時にカードを離す。前にいるおっさんの首に刺さり、が噴水のように飛び出る。このやり方は、「しあわせ家族計画」(TBSならびに金福子)公認である。この時のターゲットは1.6hyde向こうのキュウリ。よい子はマネしないように。
このような遊び方もある。
ポーカー
5枚の組み合わせで芸術性を競うゲーム。また、イカサマの温床でもある。ここでの一部のエクストリームスポーツでも取り入られている。
ブラックジャック (カードゲーム)
21天国22地獄。ただし、某無免許医師とは直接関係ない。
大富豪
ホリエモンビル・ゲイツの気分をちょっとだけ味わえるゲーム。
その他
頭の固いとこへ行っていろいろ探してみましょう。

トランプのうんちく[編集]

カレンダー編[編集]

トランプには暦と深い関連性があると言われている。

  1. まず1〜13の中央値は7であるが、一週間は7日である事を言っている。
  2. またトランプは52枚あるがこれは一年間は52週間であることを暗示している。
  3. あとトランプはA〜Kすなわち1〜13までありこれが4セットあるので、トランプにある数字の合計は364あり、それにジョーカー1枚を足すと365、つまり1年間の日数を表す。
  4. さらに365にエキストラジョーカー1枚を加えると366、うるう年を示している。
  5. 加えて、トランプは4つのマークがあるが、これは四季を表している。
  6. 時計の数や月や干支は12までなのに、トランプの数字が13までで一枚余分である事は内緒である。

デザイン編[編集]

西洋ではトランプが中国から侵略されてからはギャンブルで金儲けをする人が多くなり、国は税金を少ししか取れなくなった。そこで国はトランプのギャンブルでよく使われるスペードのA(以下、A♠)に税金をかけた。また税金がかかっていることを証明するためにA♠にハンコを押していたので現在はその名残としてA♠の模様が複雑になったとされる。昔には日本にもトランプみたいなものがあったとされ、天正かるたと呼ばれるものや、切札、うんすんカルタというものがあった。ちなみに、「うんともすんとも言わない」という言葉はここから来ている。札の絵には布袋達磨、異国人などが書かれていた。フランスではトランプの絵札に実在もしくは伝説の人物を当てはめることがしばしばあった。現在はダビデ王カエサルクラブ、アレキサンダー大王などがトランプにいたが、これらの人々は今後追い出され、金正日ヒトラーフセインなど世界的な偉人がトランプに居座る予定となっている。

イカサマの仕方[編集]

今まで世に出ることが少なかった。知られざるギャンブラーにとっての脅威『イカサマ』仕事に影響しない程度に少しだけ紹介する。

フォールスシャッフル[編集]

カードをきり混ぜることをシャッフルと言うが、カジノなどで行われているシャッフルのほとんどが混ぜているようで混ざっていないというものである。このようなシャッフルのことを悪い人たちは「フォールスシャッフル」と呼ぶ。また、フォールスシャッフルにはいくつかに分けることが出来るが大雑把に3種類に分けられる。

  1. トップ(一番上のカード)を保つ方法
  2. ボトム(一番下のカード)を保つ方法
  3. カード全体を保つ方法

また、この3種類はそれぞれ活用方法が違い、次のゲームでどのイカサマ・テクニックでサカー(鴨)をぶっ倒してやろうか、などの気分によって使い分ける。

セカンド・ディール[編集]

たとえばデックの一番上にA♠があったとする。自分はA♠が欲しいが、カードを一枚ずつ配らなければいけない。しかしイカサマを使えば、配られたカードを見るとA♠はどこにも配られず、A♠はまだカードの山の一番上にある。そんなことを実現させるイカサマテクニックが「セカンド・ディール」である。カードを上から順番に配ると見せかけて、実は上から2枚目のカードを配るというものだが、心理的盲点をついている為知らなければ見破る事はむずかしいものである。しかし人生甘くはない、もちろん簡単に習得できるものではなく何年も練習をしなくては警察捕まってしまう可能性もある。

マークト・カード[編集]

セカンド・ディールは上にも述べたように一番上から2枚目を配る技法なので、カードの裏から何のカードか解らなければいけない。そんなときに活躍するのが「マークト・カード」。裏から見て何のカードかが解るように裏に秘密の印をつけたカードのこと。何らかの必要なカードが一番上にきたらそれを自分や仲間に渡るように保持(配りたいときまでセカンド・ディールを使えばいい)して、配りたい人へ上から本当に配る。などという使い方をする。ババ抜きなどのゲームでも活躍する。種類はたくさんあり、普通に手に入れることが出来る。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「トランプ」の項目を執筆しています。


Ronjeremy mario.jpg このゲーム「トランプ」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)