ネイピア数

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ネイピア数」の項目を執筆しています。

ネイピア数(Neipia Suu)とはヒトラーの代表著書である『わが逃走』にて紹介された数である。 N"e"ipia Suuの2番目の文字からeと略されることが多い。 ちなみにこのeの読み方をイーと混同されている学者先生が多数いるが、正しくはエと読むので良い子の皆は真似をしないように注意をしなければいけない。


定義[編集]

(但し、 はティッシュ箱の個数とする)

わが逃走』が出版された当時、eは2.71の下にもっと小数点があるのではないか、もしかしたら無理数なのではないかと一部のオカルトマニアが騒いでいたが、今日では戯言であったことが証明されている。 ちなみに、一部では小数点の数ほどティッシュには陰(ry

高校数学においては、小数計算の手間を省くために2.71≒3として計算することが多く、円周率(3.14≈3)と勘違いする学生が多い。

ネピアとの関連性[編集]

王子ネピア株式会社のジョン・ネイピア博士によりティッシュペーパーを箱から取り出す際に途中で千切れてしまうティッシュペーパーの数とeが合致することが確認された。しかしながら内気な性格であったネイピア博士はこの大発見を誰にも洩らすことは無かった。 当時日本の密偵をしていたヒトラーはこの発見にいち早く気付き、後年自らの著書に記すこととなる。尚、ネイピア博士はこの功績によりノーベル賞に最も近い男と言われ続けている。