ブロイラー飼育

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ブロイラーから転送)
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブロイラー」の項目を執筆しています。

ブロイラー飼育( - しいく)とは、ニワトリマン・インデンシャー効果(MDE)を利用して効率よく肥育する方法である。

一般には「ブロイラー」とのみ呼ばれている場合も多いが、本来ブロイラー( broiler )とは焼く( broil )を語源とし、焼き鳥など食用の鳥を指す言葉であるため、この食用の鳥を効率よく肥育する飼育方法に関しては、正確には「ブロイラー飼育」という。

概要[編集]

このブロイラー飼育は、ニワトリをどれだけ効率よく肥育できるかが至上目的であるため、以下のような面が研究されている。

  • より少ない餌で
  • より短い期間に
  • よりいっぺんかつ大量に
  • より小さい施設(面積)で
  • より衛生的に
  • より柔らかく食べ易い
  • より手間も掛けず
  • より安価に

しかし一部の他人の利益を代弁するために詭弁を弄して社会に損益を招く者たちはブロイラー飼育で貧乏人までもが鶏肉を安価に食べられることを良しとせず、これらの鶏肉生産方法を非難している。

システム[編集]

ブロイラー飼育では、より少ないコストで最大の鶏肉を得ることを目的とすると言う厳しい至上命題が存在したため、絶え間ない改良によって完成された。この方法でニワトリは最早動物ではなく、植物のように「撒いて、栄養を与えて、一定期間したら刈り取る」という極めて効率の良い方法が取られることとなった。

もう少し具体的に述べると、まずニワトリの幼生であるヒヨコは「1山幾ら」で仕入れられる。次いで仕入れられたヒヨコは飼育場の柵の中に容器ごと撒かれ、更にその上から成長と肥育に必要な養分となるを撒き散らす。こうして一定期間肥育する訳だが、この期間に動物特有の病気が蔓延するのを防ぐため、農業に於ける農薬の替わりに、抗生物質を餌と共に投入する。こうしてヒヨコはニワトリに育つ。

なおブロイラー飼育では、活発に運動させると肉が固くなったり互いに喧嘩して怪我をしたり、また運動することで余分にカロリーを消費するため同じ量の餌を与えても得られる肉が減ってしまうため、できる限り運動させないようにする。この「運動させないようにする」ためには日本などで観測されたMDE現象を利用して、過密状態にさせることで実現させている。また成長ホルモンの利用など、少しでも早く育つよう様々な工夫が凝らされている。

最終的な刈り入れでは、ニワトリを飼育場から出荷用の箱に手早く放り込んで、加工工場に送り届けられる。

議論[編集]

これらブロイラー飼育であるが、一部の者からは大変な不評を被っている。曰く「ニワトリが通常の環境で生き物として成熟するのに90日掛かる所を、45日で強制的に肥育されている」や「狭い環境に押し込められ、ニワトリとしての健康な成長を阻害されている」、あるいは「急成長させられたために骨が脆い」などなど。

しかしその一方で、人道的見地からブロイラー飼育は理にかなっていると言う意見も存在する。まず短期間での生育は、より少ない飼料で成長できることを意味しており、例えば先進国で10トンの鶏肉を得るのに100トンのトウモロコシを飼料に使ってしまった場合、発展途上国ではそれだけ多くの者が飢えるが、10トンの鶏肉を得るのに50トンのトウモロコシですむのであれば、それだけ発展途上国はトウモロコシを多く消費することができる。またニワトリの健康な成長というが、結局は殺害され食卓に上るニワトリにニワトリとしての自我を育む期間を与えることは、それだけで残酷であり、ニワトリとしての自我ではなく農作物としての自我を与えるブロイラー飼育は、それだけニワトリの苦痛が少ないと考えられている。この他骨に至っては、スープの出汁を取るためだけに利用され他は捨てられてしまう骨を固くした所で、スープが取りにくくなるだけではなく、廃棄した場合の環境負荷も大きいといえよう。

こういった議論は依然決着がついていないが、その一方でブロイラー飼育は鶏肉生産のデファクトスタンダードとなっている。

関連項目[編集]