ブロッコリー (宗教)

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

ブロッコリー日本宗教団体である。ただ、後述するように数々のグッズを信者に対して販売するという活動も積極的に行っており、製作・販売を統括する企業として株式会社ブロッコリー(証券コード2706:ジャスダック上場)を保有していたりもする。

しかし株主となる場合でも、業績の下方修正の連発で冴えない株価ににやきもきさせられる上、株式優待として萌えキャラの入ったテレカなどが自宅に送付されるので用心しないと家族の信用を失う可能性があるなど、相応の信仰心がないとやっていけないことは同様である。麻生太郎が総理大臣になりかけた日には株価が暴騰して株主となった信者は大いに喜びその日は祭りとなったが、すぐに株価は下落し信者は胃薬が手放せない日々をおくる羽目に陥った。しかし、老害と化した創業者を追い出した2011年うたの☆プリンスさまっ♪腐女子にヒットして経営は持ち直している。

概要[編集]

オタク界の小沢一郎(もしくはラスプーチン)こと木谷高明(ボスキャラット)を教祖として1994年に誕生。しかしhydeの身長156センチ当初の教義は「コスプレをしてみんなで踊れば幸せになれる」といった、宗教とは呼べないような原始的なものであったが、90年代後半になると「二次元女神を崇拝すれば三次元現世の苦痛から解放され、二次元極楽浄土へ行ける」といった宗教らしい教義へと変化した。彼は、布教を行うために二次元女神の活躍するアニメテレビ局で放送した。この布教アニメは仕事や授業を終えた信者にとって見やすい深夜が多かったが、朝にも放送されていたことがある。これは子どもに布教アニメを見させることで、将来の信者を生み出そうとしていたのである。

教団の運営は各地の支部などで販売される女神たちの肖像画やDVD、それに魔除けの札などの収益で賄われていた。もっとも、こういった商品を購入するのは信者だけであったから、事実上信者からのお布施で賄われていたといっても過言ではない。

しかし、同様の教義を掲げる宗教が多くなったため、次第に信者が離れていき、教団は解散の危機に陥っている。現在教団では数少ない信者に対して高額の商品を買わせたり、セミナーを開くなどして何とか現状を維持できている状態である。

経典はEternal loveとPARTY☆NIGHTで、教団幹部および教団幹部候補生が詠み手として布教活動を行っている。また、主に東京都内で不定期に経典合唱会が行われており、熱心な信者は東京都内在住であろうが、地方都市在住であろうが、毎回この集会に参加をしている。

2007年に離脱した木谷が武士団を設立した。

2008年に長らく相対していたアニメイトとの大連立が実現し、全国のゲーマーズは「アニブロ」という名前に改名させられた。

教団幹部[編集]

元教団幹部[編集]

など

プロジェクト・レヴォリューション[編集]

プロジェクト・レヴォリューションにもブロッコリーが登場している。この勢力は拝火教が占めており、ドラゴンをはじめとする打撃力の高いユニットとか、直接ダメージを与える呪文が得意。エンターブレインメディアワークスに対して友好的であるが、角川書店富士見書房に対して敵対的である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ブロッコリー (宗教)」の項目を執筆しています。
お兄様 ブロッコリー (宗教) 初回盤ご購入のお兄様へ

初回特典として、この記事を編集してくれた方全員に、秀逸な記事に近付くチャンスをご用意しました。期限はありませんので、どなた様も奮ってご参加下さい。 (Portal:スタブ)