モータルコンバット

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
うえっ.jpg この項目には、グロテスクな記述が含まれています
脳と消化器官の連携が強い等の理由で吐き気がする方は、お医者様に相談して閲覧を中止するなどしてください。
未完
この作品「モータルコンバット」は、まだ完結していません。頭のカタイひとたちは内容がまとまってから書けとか言うでしょうが、ここはアンサイクロペディアです。足りない部分はで補い、完璧な記事に仕上げてください。

モータルコンバット(Mortal Kombat)とは、1992年ミッドウェイゲームズより発売された格闘ゲーム。

にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「モータルコンバット」の項目を執筆してくれています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「モータルコンバット」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「モータルコンバット」の記事を執筆しています。

概要[編集]

1992年の8月(即ちカービィと同級生)アメリカのゲームセンターに置かれたのが最初のものである。 このとき注目されたのはキャラクターがなんと実写取り込み[1]であり、それまでの2D格闘ゲームに比べリアルさを放っていた。 キャラクターのほとんどは中国、日本をモデルとしてるようだがあんまその日本人や中国人にはウケなかった。[2]だってこいつらなんかキ○ガイっぽいんだもん! だが原産国「アメリカ」では、日本で言う「スマブラ」「ポケモン」並みの人気を誇り、ミリオン、ギネスも多数獲得している。むしろこれが普通の反応デス!

フェイタリティ[編集]

なんといってもこのゲーム一番の目玉は首を背骨ごと引っこ抜いたり天空からゲーム機を落として押しつぶしたり、パワーを抜いた後骨盤を思いっきり踏み折ったりととにかく残酷に相手をぶっ殺す「フェイタリティ」が話題を呼んだ。製作者側としてはアホな殺し方を見てゲラゲラ笑うスプラッタ・コメディーのつもりで実装したのだが、頭の固い人たちにはそのジョークが通じなかったようで、人権保護団体から苦情が飛びまくり、しまいにはCEROやESRBができたきっかけのゲームという伝説を残している。いかにも架空のキャラクターですと言うアニメ調なデザインではなく、実写取り込みだった故により生々しく感じられるところもそれを後押ししてしまったと言えるだろう。

ちなみにテーレッテーオーモーイーガーみたいに「試合中に使用できる逆転必殺技」という性質のものではなく、あくまでもすでに勝負がついた相手をこれでもかッというほどグロい方法でぶっ殺す気分爽快なオマケのシステムである。

Kについて[編集]

このゲームでは、本来Cで書くべきところがKに置き換えられていることが多い。(例:Classic→Klassic、Complete→Komplete)  その理由は殺すを強調したいがゆえに「'KILL'(ぶっ殺す)」の頭文字をとったとのこと。

シリーズ[編集]

モータルコンバット[編集]

衝撃の瞬間。(ショック起こす人が出ないようにぼかし掛けました。)
シリーズ一作目だが、このころから体がグッチャグチャになったり血がブッシャーと飛び散る描写はおもいっきしあった。とくにサブゼロのたーのしー脊髄ぶっこ抜きは人権保護団体、もしくはその派生もとい過激派のCEROやESRBから『アホか貴様! かわいそ過ぎるだろ!!!』とかとにかくめちゃめちゃに怒られてしばらく自粛することになった。
後々SFCSEGAハードでもでたが、こういうのにお厳しいNINTENDOは出血描写をなくし、サブゼロは脊椎ぶっこ抜きを早くも自粛した。[3]
メガCD版は相変わらず血ブシャアァッ背骨ブチィッッ

モータルコンバットⅡ[編集]

このころから地下のとげ床に落として串刺しにするステージフェイタリティ、赤ちゃんにさせて敵に屈辱、プレイヤーに癒しを与えるベイバリティ、殺さないどころか相手にプレゼントを送るなど友好を示すフレンドシップが登場。
そしてキャラ特定のフェイタリティも強化。前作はみんなひとつずつだったが今回は全員が2つ以上持つようになっている。
今作も家庭用ゲームハードでリリースされ、NINTENDOはやはりグロ描写に対する規制を行った。しかしその対処法というのが『血が緑色』『フェイタリティが決まると画面が白黒になる』と余計グロくなっちって意味なし。そのくせ星のカービィ364はバーチャルコンソール版でも血の色が赤色じゃないかとかは言うな。トッシー![4]

モータルコンバット3[編集]

色違いキャラを有無言わさず粛清[5]。そしていままで中国色の強かった世界からロボット[6]、魔界のステージが出てきてグローバル面が強くなった。
脊髄ぶっこ抜きが復活しているがCEROやESRBがうるさいせいでブラックアウトしている。[7]

アルティメットモータルコンバット3[編集]

寒0やサソリが「何でリストラさせたんだ!」とミッドウェーにブチ切れたのがきっかけで配信されたアップデート版。
今作はゲームボーイアドバンスへの移植もされたが敵がクッソ強く、クソゲー扱いされてしまった。トッシー!

モータルコンバット トリロジー[編集]

1~3までのMKの集大成。そして実写時代最後の作品。

そして日本で発売された最後のMKである。PlayStation版とNINTENDO64版がある。

前者はキャラはいっぱいいるがシャンツンの変身でバグって最悪電源を切らないといけなくなるというファン泣かせなところがあった。またロード時間が長く、敵を倒した後'''FATALITY'''という文字が出るまでのときですらロード時間が発生する。すなわちディスクの回転回数が多く寝ている人の前でやるのはお勧めできない。
後者はロードは早いものの容量が少ないせいで人気の少ないやつからはぶられてしまった。

モータルコンバット4[編集]

ここからは日本ではCERO:Zでも足りなくなり、発売禁止となった。あのサブゼロとかいう奴ぶっ殺...間違えた。許さん。 またハードの性能向上と時代の流れにより、実写取り込みのカクカクアニメーションから、ポリゴンがヌルヌル動く3D格闘ゲームへと進化した。
前作までの作品で厄介だったのが、『即死コンボ』である。このせいでこれまでのモーコン初心者は『ひどいや!まったくこうげきさせずにしかもざんこくにころすなんて!《泣》』と泣きを見たに違いない。今作は初心者にも優しくするためにコンボの総ダメージ量が40%を超えると透明人間がお互いを突き飛ばして攻撃を即中断させるMAXIMUM DAMAGEというシステムを導入。これによりチートなしのフェアな戦いが可能になった…と思われがちだが、一部のキャラのコンボのつなげ方によっては何故か発生しないときがある。
グロさ、リアルさは前作より上。実写取り込みの2Dドット絵では表現できる幅にいろいろと限界があったが、3Dポリゴンになったことでズブリとやってブチリとしたうえでぐちゃりとするのがやりたい放題になったのだ。まあ、さらに数世代先の最新作と見比べてしまえば、なんか粘土人形で遊んでるみたいなもんに見えてしまう感はなきにしもあらずだが、当時としてはすごかったんですー。ホントここまでやっていいんすかってみんな驚いたんですー。
実写じゃなくなったということでもういいだろと脊髄ぶっこ抜きが復活している。

モータルコンバットゴールド[編集]

SEGAのドリームキャストで発売。しかし開発期間が短いばっかりにバグまみれという欠陥工事モノだった。
赤ディスクで応急処置されたが、それでも不具合は結構残っている。

モータルコンバット:デッドリーアライアンス[8][編集]

PlayStation2用ソフト。急激にリアル化。それに伴いグロさもアップ。
武器攻撃と格闘攻撃を自由に変えることができるようになった。しかし肝心のフェイタリティは一人ひとつずつになってしまった。日本で発売させるためなんだろうか…だが残念。日本での発売予定も虚しく今作もCERO:Zでは足りず、発売中止となった。エロの規制をぬるくしている暇があったらグロの規制もぬるくせんか!
また主人公のリュウ・カンがいきなり殺されている

モータルコンバット:ディセプション[編集]

基本的なシステムは前作と同様。しかしフェイタリティは再び一人二つずつに戻り、この戦場を選んだのが悪いといわんばかりにステージのしかけを用いて相手を殺すステージフェイタリティが復活した。
シュジンコウ(主人公)を操作してモーコンの世界を体験する『コンクエスト(ドラゴンクエストじゃない)』が登場。残念だがシュジンコウのなまえを自分の好きな名前にすることはできない。ああああなんぞもってのほかである。
今作では「せめてフェイタリティーばかりは…!」とやられる前に自ら命を絶つHARA-KIRIができる。(当然負けになる。)しかし名前の通りに切腹しているのはケンシキラのみ。あとはKUBI-KIRI、KUBI-HINERI、KUSIZASHIとユニークなものである。
あのNINTENDOもついに折れたのかゲームキューブでも発売された[9]が今作も日本未発売。うん、グロいしね。グロいからしょうがないよね...じゃねぇよ。困る人が出るじゃねぇか。

モータルコンバット:アルマゲドン[編集]

懐かしいレイン、モタローなどのキャラクターが3Dになって登場。ファンを大いに喜ばせた。またキャラクタークリエイト機能も搭載し、自分の好きなキャラクターでモーコンを楽しめるようになった。[10]
でも肝心のフェイタリティはとりあえず相手をぶん殴ったり腕を引きちぎったりとワンパターンなものになってしまい、せっかく喜んだファンの顔がどんどん死んでy
死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

モータルコンバット vs. DC Universe[編集]

ご対面

「空を見ろ!」 「鳥か!?」 「飛行機か?」『いや、スーパーマンだ!!

スーパーマンバットマンなどで知られるDCコミックのヒーロー、そしてその悪役たちがモータルコンバットの世界に登場。
さしものモーコンのキャラクターもこんな大物ヒーローを前にすると『サインくれー!』『握手させて!』『お姫様抱っこして~!』となる…はずもなく、もはや殺し殺されが一般的なコミュニケーション手段と化したモーコンキャラたちは、この大物ヒーローたちをヒーローと思わないどころか『やあ君たちおはよう。ちょっとフェイタリティ食らってかないかい?』とばかりにヒーローたちを挑発してきたのである。
これにはヒーローはおろか、バットマンの宿敵であるジョーカー、デス・ストローク・ザ・ターミネーター。スーパーマンの宿敵レックス・ルーサーなど悪役も黙っちゃいねぇぞ!とばかりに残虐なフェイタリティを取得。モーコンキャラと肩を並べるほどのできに仕上がった。
一方ヒーロー、ヒロインキャラにも「ヒロイック・ブルータリティ」という決め技が存在する。これは相手キャラを殺さない程度に成敗するなんともつまらないヒーローらしいものである。殺さないんかい。(まースーパーマンやバットマンが人をぶっ殺すようなことをしたらヒーローとしてどうかとおもわれかねないが…)
今作の特徴として、更なる技術進歩によってポリゴンで作られたキャラクターたちの出来がよい一方で、「わーい、すーぱーまん や ばっとまん が あくとう を たおす ゲーム だ!」と間違って買ってしまったちびっこたちへの配慮なのか、フェイタリティのグロさが若干控えめになっている。
血は一応出るが地面にべしゃーっとなったり体にべっちょりとくっついたりしない、腕やら首やらが千切れない、どうしてもふせぎきれないグロシーンは画面から相手をフェードアウトさせ音だけといろいろ縛られてる。そんなこともあって対象年齢はスマブラと同じくティーンむけ。
でも日本未発売。日本よ。一体なにがダメなんだい?

モータルコンバット[編集]

シリーズ一作目と混同を避けるためにモータルコンバット9、2011年版とも呼ばれる。vsDCユニバースと同じくハードはPlayStation3Xbox 360
今作の特徴はとにかく
グロい
そう、これまでもちょーグロく、日本じゃ発売できない代物だと言うのに今作はもうそんなもんじゃない。それはもう、当時の最新ハードの性能と最新技術を惜しみなくつぎ込んだ珠玉の出来に仕上がっている。
まず内臓がはっきり見える。そして体を千切るとき、骨の折れる音が生々しく聞こえるのである。さらにはフェイタリティは非常に凝った演出がなされ、ねっとりとしたカメラワークで掛けられたキャラの苦しむ姿をモロにプレイヤーに見せ付ける。
また超必殺ともいえるX-rayMOVEも追加。これは相手を強くぶん殴って骨が砕け散る描写をモロに見せるモノであり、サディスト必見である。特に相手が女性なら若干ながらアーンを見ることができるかも。
また、タイトルが一作目と同じということがあるようにテーマは原点回帰である。これまでのシリーズでごっちゃになったわけわっかんないことになったストーリーをすべて1から練り直したのである。決してストーリーモード冒頭に見られるコレまでの失敗、不手際をなかったことにするのではない。絶対にな!
それを踏まえてか、追加コンテンツで各キャラクターに昔懐かしい衣装が復活、さらにその衣装の場合に懐かしのフェイタリティ、例えばサブゼロの脊髄ぶっこ抜きなどが使用できる。こいつぁCEROも黙っちゃいませんぜ!と思われたものの、他のフェイタリティがそれ以上に派手かつグロいので、今更どうということもなかった。
今作から、DLCで「ゲストキャラクター」が参戦するようになった。最初ということで人数控えめにゴッド・オブ・ウォークレイトスエルム街の悪夢のフレディ・クルーガーが参戦。当然声は英語版のものである。

モータルコンバットX[編集]

2015年4月14日発売。PlayStation4 Xbox onePlayStation3PC向け。ハードが次世代機になったため、リアルさ激増。X-Ray MOVE杉田玄白涙目なグロさ。
ストーリーが少し進み、人気キャラクターの子供や弟子の世代が登場。ただでさえ多すぎる豊富なキャラたちの複雑すぎてわけわからない濃密なストーリーが展開され、人気キャラはますます魅力的に不人気キャラはますます空気に活躍する。
今回もゲストとしてジェイソンプレデターレザーフェイスエイリアンと、ホラー映画界の大物たちが参戦。原作の映画を忠実に再現してファンが思わず涙するもしくはいやまあゲームだからしょうがないんだけど映画ではそんな動きしてないよねって思わざるを得なかったりする動きを見せてくれる。逆にフェイタリティで無残に殺されたりもする。
あとロボット忍者色違いどもは面倒くさいから1キャラにまとめて参戦。
日本未発売。うん知ってた。

モータルコンバットXモバイル[編集]

iOS,Androidでプレイできるモバイル版モータルコンバット。日本語訳がちゃんとされているのが目立つ。というかそれ以外魅力ない。あとこれを日本語訳するぐらいなら本編も日本で発売してほしいものだ
3人パーティでしか戦えない、アップグレードがめんどい、フェイタリティも自由にできない。しかもスキンまで変更できない。別の戦闘タイプのそのキャラを買わなきゃいかん。主要メンバーのはずのサブゼロがアフロのいかついおっさん強そうな人と化している。む?なんだ!?誰だその凍った男は?その剣はなんだ。。。うわなにをするやめr

モータルコンバット11[編集]

またお前らか。
2018年12月6日、一年間のゲーム史を締めくくるThe Game Awards 2018にて、モータルコンバット11の発売決定がサプライズ発表され、トレイラーではライデンとスコーピオンが真っ先に登場し格闘を繰り広げた。2019年にSteamにてBeta版が配信、その後も順次人気キャラクターたちが続々と発表された。確か主人公格だったはずのリュウ・カンやクン・ラオは発表までにかなりの時間を要し、これを満を持しての登場と見るかファンからも製作者からもさほど期待されていなかったかと見るかはお察し下さい
前前作9でストーリーを再編し、前作Xでとうとう世代を進めたものの、今作で歴史改変をテーマとして時間を操る神様の力によって過去の人物を現代に登場させるという荒業を実行し、せっかく整理したりリストラしたりした連中ファンたちに退場を惜しまれていた人気キャラが続々と復活し、ますますわっけわかんない重厚なストーリーが繰り広げられる。
グラフィック類はさらなる次世代機へとアップグレードしたことで、より派手に、より精密に、より生々しく、よりグロく仕上がっている。グラフィックの作り直しでイメチェンしたキャラクターが多く、9やXではそこそこイケメン揃いだった人気キャラたちが軒並みオッサン顔になっている。多くのファンたちが「お前誰だ!?」とこの変更を喜んだ。
今回のゲストは「ホラー映画ばっかりじゃねぇか!」という批判を重く見てか、映画からはターミネーターロボコップが参戦、「ロボットばっかりじゃねぇか!」という賞賛を得ることに成功。あとアメコミからジョーカースポーンが参戦、vsDCユニバースのときとは違ってちゃんと残虐OKなキャラをチョイスしたことに「やればできるじゃねぇか! 最初からやれ!」と喝采を浴びた。さらに追加コンテンツでランボーも登場し、「いやーお金かけてるなァ、モーコンって本当に世界中で売れてるんだなァ」と日本の格闘ゲームファンたちが溜息を吐いた。
また、今作はニンテンドースイッチにも展開される。これはvs.DCユニバース以来の快挙である。手元でも、大画面でも、フルHDで繰り出される残虐映像、家族みんなで仲良くフェイタリティをぶちかますお世辞にも子どもの教育にはいいとは言えない光景が見られるかもしれない。家族団らんにはマリオカートどうぶつの森もいいけどDOOMやモーコンも外せないよね!
でも日本未発売。またかよ。

外伝作品[編集]

モータルコンバット ミソロジーサブゼロ[編集]

脊髄ぶっこ抜きというあまりにも衝撃的なFATALITYをかましたサブゼロはたちまちグロすぎて日本未発売になっちゃった事件の黒幕人気者になり、PlayStationにて彼が主人公の作品が発売された。
ちなみにこの作品のサブゼロは現在ヌーブサイボットとして活躍してる兄貴サブである。

モータルコンバット スペシャルフォース[編集]

両腕ぶっちぎるというサブゼロに負けず劣らずなFATALITYをぶちかましたジャックスを主人公に置いた作品。シリーズ内でも珍しいTPS視点の作品だが、日本はおろかグローバルに不人気。はっきり言ってダサい

モータルコンバット ショウリンモンクス[編集]

リュウ・カンクン・ラオを主人公に置いた作品。モータルコンバット1からモータルコンバット2までの二人の活躍を描いたもの。でもこの二人だけじゃなんなので枯れ木も山の賑わいって言うしスコーピオン、サブゼロ、ジョニー・ケイジなどおなじみのキャラクターも参戦。またバラカは何人もの仲間を引き連れて参戦している。
また今作はキャラが少ない分FATALITYの数が多く、特に主人公のリュウ・カンとクン・ラオにいたっては5つある。
また原作と比べていろいろ違うんじゃないのか!?と言う意見もあるのだが誰も気にしない。だってこれ外伝だもん。

キャラクター[編集]

劉鋼(リュウ・カン)
たしか主人公だったはず。
戦闘中やたらホォアー アチャーと怪鳥のような叫びを発する拳法家。この世にあまたあるブルース・リーを安直にパクッて作られたキャラのひとりと言える。もちろん武器はヌンチャクだ。
正統派クンフーの使い手かと思いきや、手から火が出る巨大な龍に変身するなどの謎の能力を持っている。特に理由の説明はないので、たぶん修行の成果だろう。すごいね、クンフー。
立体化初期はものすごい東洋人顔だったが、ちょっと美味しんぼのモブっぽい顔すぎるということで不評だったらしく、整形手術を受けたようで9からはイケメンになった。ただしその後11でポリコレ棒にぶん殴られて再び東洋顔に戻った。
作中二度殺されている。一回目はシャンツンとクァン・チーにやられたがディセプションで墓穴からぬけだし、アルマゲドンで魂と合流し、事なきを得たが、歴史が変わった9にてまさかの仲間であるはずの雷電に殺された。
Xでゾンビ化し闇堕ち。いろいろあって魔界の支配者になったりしてるらしい。
11でなろう主人公と化した。過去の自分が現代に転生し、雷電の力を吸収して「炎と雷の神」となって世界を救うという今までの不遇さを全部清算しようとする上層部の思惑が見え見えの活躍を見せた。

代表的なフェイタリティ

  • 天空からゲーム機を落とす 良い子は真似しちゃだめだぞ!
  • 巨大な龍に変身し、敵をカニばる。吐く炎はオマケにすぎぬ。
雷電
雷の神。リュウカンらを導いて世界を救おうじゃないかと誘った張本人。
もう一度言おう。神様雷様)である。ぶん殴ったり打ち上げたり、はたまたぶっ殺そうとするなんぞもってのほかである。あー、みんな聞いてねぇか…
9ではコレまでのモーコンシリーズやったことがあるようなそぶりをしており、話をめちゃめちゃにしちゃっている。作中で何人もの主要メンバーを一度に死なせたり、主人公(笑)ならぬ主人公(泣)であるリュウ・カンを手にかけたり、重要な真実に気付くのが遅すぎたりで完全に"戦犯"扱いである。ツケが回ってきたのかXでリュウ・カンに敵意むき出しにされたりしたが、最後に地球のエネルギーの源を浄化したりとオイシイ所だけ持って行っている。それと引き換えに邪悪なエネルギーを吸い取った影響でダークヒーロー化。
11で現代の雷電は消滅。過去から来た自分が現代のリュウ・カンを倒し、過去の彼とアッー!して融合した。
体全体を青白いエネルギーに変えたりできる。その際やたらうるさい効果音が鳴る。ダウンして起き上がるたびに鳴るのですごくうるさい
弟に風神がいるが、知名度がめっちゃ低い。Xや11に登場して多少はマシになったかあれとは無関係。

代表的なフェイタリティ

  • 顔に電流をぶちまけて顔面崩壊いや首そのものを崩壊させる。掛け声が変。
  • 雷神なだけにライジンブレイクを喰らわせる。
  • 相手の口に杖をぶっ刺したあと、そこに電流ブッシャー。レントゲン写真のよう。
サブゼロ
お怒りのサブゼロ

冷蔵庫

忍者(青)。
手から氷と雪を出すことができる。特に理由の説明はないので、たぶん修行の成果なんだろう。すごいね、忍術。
別にあれとは関係ない。
じつは2人兄弟であり、兄貴は2以降、ヌーブ・サイボットとして活動する。
更には「氷なんてもう時代遅れだ。今は影だよ影。」と今まで使ってきた能力を裏切るトンデモなやつに変貌した。Fear Me!
2から登場しているのは弟。サイボーグ化の危機にさらされそうになるもなんとか逃げきった。
…ハズなのだが9でスモーク派だった雷電の手によりこいつが身代わりとなりサイボーグ化されてしまった。なんともカワイソス。
そんなわけで9のサブゼロは兄貴。でもヌーブ・サイボットも登場している。アレ? 弟もいるな…
兄弟そろってグロいのがお好きで且つ我慢ができないようで、シリーズ1作目にして早くも脊椎ぶっこ抜きを披露し、CEROからメチャメチャに叱られてる。
あのアイスソードを自ら作り出すことができ、殺されて奪われるのではないかと常にびくびくしている。
脊椎ぶっこぬきのおかげでかシリーズではかなりの人気を誇り、彼を主人公に据えた作品が作られるほどである。

代表的なフェイタリティ

  • 脊髄ぶっこ抜き 弟子に風祭 真がいる。
  • 下半身を凍らせて上半身をちぎり取る。フロスティー!
  • 腹から背骨と頭蓋骨を引き抜いた後、体を凍らせてその頭蓋骨でカチ上げる
尚宗(シャンツン)
シリーズ一作目のラスボス。モーコンやらないかと言った張本人。そう全部こいつのせいである。一作目はオジイチャンだったが妖術のおかげもあってなかなか骨のあるやつ。
2作目からは髪、髭が黒くなり、若々しくなった。ポニーテールっぽい。
11で映画版と同じ俳優が演じるという情報が確定し、ファンを狂喜させた。
他キャラに変身することができる。声もかわる。こいつだけ出演すればいいじゃんとか言うな。

代表的なフェイタリティー

  • 妖術で作った正義のそろばんにブスり。
  • パワーを吸い取った後、おもいっきし背骨を踏み折る。パワーを吸い取られてる敵は肌が脱色すると言うカオスっぷり
  • ピエロに変身し、敵を銃殺。モーションはvsDCユニバースのジョーカーのパクリ。拳銃弾で敵の首が思いっきり吹っ飛ぶだと…
ジョニー・ケイジ
ガチムチで金髪のハリウッド俳優。スタントマンなし、CGなしですべて自分でアクションをこなすのが売りのナイスガイ。
緑色のオーラを出す能力があり、それを飛ばしたり分身を作ったりできる。特に理由の説明はないので、たぶんトレーニングの成果なんだろう。すごいね、ハリウッド。
キ●タマブン殴って相手をひるませることができる。9ではなぜか女性キャラにも効く。ジョニーを使って金的しまくって遊んでいた人もいるのでは。
世の中には「女性にキ●タマをいじめられたい」という願望を持つ悪趣味な人たちもいて、彼らは「ジョニーがだったらいいのに!」と枕を悔し涙で濡らす日々を送っていたが、続編のXでキャシー・ケイジが登場し、枕を嬉し涙で濡らす日々が訪れた。よかったね。
ストーリー上では、最初こそ映画の撮影と勘違いして殺人ゲームに参加し「うわーすげーリアルな特殊メイクだなー」と勘違いしていたバカ野郎だったが、そのうち魔界の勢力と戦いながらも常にユーモアや軽口を忘れないナイスガイみたいなポジションになってった。要するにいかにもハリウッド映画的な男である。はいはいナイスガイナイスガイ。

代表的なフェイタリティ

  • アッパーカットで首を飛ばしてドヤ顔。この首飛ばしアッパーはキ●タマパンチと並ぶジョニーの代名詞であり、「3回殴って3回首を飛ばす(…なんで首が増えるの?)」「首が飛んでる間に体のほうにいろいろして首を空中でキャッチ!」「イカした首飛ばしシーンが撮影できるまで何度もやり直す」などのバリエーションがある。
  • モーセのごとく頭をかちわり、その割れ目にトロフィーをドスッ。
  • 力任せに上半身をちぎる。脊髄ぶっこ抜きよりヤバい気がするがこっちはお咎めなし。
  • 相手の顔を地面に何度も何度も叩き付け、赤い顔にしたあと、逃走する。主観だとかなんとか言われてもあなた、実際見たらそうとしか見えませんよ。
スコーピオン
忍者(黄色)。サブゼロの色違い。 火を操る忍者。覆面の下はドクロ。別にあれとは関係ない。そんな怖い顔にもかかわらずシリーズを通しての初心者向け。
本名は白井流忍術使いのハサシハンゾウさん。サブゼロに一族もろとも殺されるも、復讐のために地獄から蘇ってきた男。1でサブゼロを殺して復讐を果たすも、2以降は復讐のむなしさを知りサブゼロ(弟)の味方に。その後サブゼロとまた敵対したりとかいろいろある。
9で歴史が再編成されて2以降のストーリーは全部なかったことになり、さらに別コスチュームで人間バージョンが使えたり(え、生きてんの?)、実は本当の仇はサブゼロではなくクァン・チーだったことにされたりして、
いままでの説明はもう全部台無しなんですけど! もうめんどくせぇから説明はいいや。炎の忍者、はいオワリ!
最近はリュウ・カンより目立ってしまい、ゲームパッケージやタイトル画面にリュウ・カンを押しのけて顔を出している。モータルコンバットXのE3トレイラーではサブゼロとともに真っ先に参戦確定し2人で喧嘩しまくった。11のトレイラーでもライデンと共に登場。
シリーズほぼ全ての作品に登場している。実質主人公。リュウ・カンは知らん。

代表的なフェイタリティ

  • ボーンと骸骨を見せて相手を思いっきりビビらせたあと、火を吐いて敵も自分と同じく骸骨にする。トッシー!
  • 名前の如くサソリに変身。相手に毒を注入すると思いきや、そのまま上半身をちぎり取る。
キタナ
女忍者(青)。
汚いとかいうな。モーコンの世界のお姫様。美麗なキャラだが年齢は10000歳である。武器は扇の姿をしたナイフ。勝利のポーズもその扇を利用して上品にきめる。リュウカンとは相思相愛。
Xではリュウ・カンもろとも悪役サイド。11も同様だが、過去の自分は味方サイドで話が進む。

代表的なフェイタリティ

  • キッスで相手の体を風船みたいにする。最後はお決まりのバーン。
  • 扇で相手の顔をモーセみたいにくぱぁさせる。
加納(ケイノォー)
モツフェチな893の親分。いちおう日本人で、カノウさんのはずだが、ケイノォーと呼ばれる。呼ばれるんだからしょうがない。ついにはケイノォーだと日本人っぽくないからか国籍不明になった。
とにかく内臓が見たいゆえにフェイタリティのほとんどがモツ抜きである。
顔の右半分はジャックスにヘッドスマッシュやられたゆえ、サイボーグ化している。右眼からレーザービームが出せる。すごいね、現代科学。
映画「シュガーラッシュ」出演経験あり。でも内蔵を引っこ抜く癖は治っておらず、隣にいた人の心臓を引っこ抜いたせいでそれ以降出番がなかった。それより何より、仮にも某夢の国製の映画に17禁ゲームネタを持ち込むのはいかがなものかと思うが、これも海外での人気を示しているのだろう。

代表的なフェイタリティ

  • モツ抜き 主に心臓を引っこ抜くのだがデッドリーアライアンスでは心臓はおろか肝臓など計4つ引っこ抜いてる。そしてプレイヤーには聞こえないものの何か天に向かって叫んでいる。
  • 目からビーム
レプタイル
忍者(緑)。爬虫類が進化した忍者。初代MKでは条件の厳しさがみんなのトラウマ
カニばるのが趣味。

代表的なフェイタリティ

  • ヨッシーの如く敵を長い舌でとっ捕まえて飲み込む。卵は産まない。
  • 相手に向かってゲロを吐き、溶かす。 9では相手の口にダイレクトに注ぎ込んだあと、相手がゲロを吐いてるあいだに胃を引き抜くというなんともエグいものとなっている。また4ではレプタイルがモロに「ゥウオエエェェェェッ!」と言っている
ミリーナ
女忍者(紫)。キタナの妹(もといクローン)。マスクをしている顔は美人。マスクを取ると…私きれい?
Xでデ・ヴォラに虫を口の中から大量に入れられ顔と腹を食い尽くされるという悲惨な最期を遂げた。でも歴史改変なんでもありの11で案の定復活を遂げた。
MK9で包帯1枚で各所を隠しているだけでほぼ全裸という露出度の高い衣装を割り当てられたため、悪趣味な人たちにフェイタリティ動画をたくさん取られてYoutubeにアップされてしまったという悲劇の過去を持つ。

代表的なフェイタリティ

  • 足にナイフをぶっさして身動きを取れなくする。その後セクスィーに相手に寄りかかり…頭ブチィッ。そしてカニばる
  • 釘を口に含み、敵に向かってドドドドドと吐きまくる。
  • 敵にキス・・・の後に敵を吸い込む。そして、相手を骨にして吐き出す。少なからずキタナの影響が見られる。
ソーニャ・ブレード
アメリカ特殊部隊の中尉。女だからって手加減は無用よ。
初期の作品では、格闘ゲーム特有の「なんでか知らないけどオーラを飛ばして攻撃できる人」だった。特に理由の説明はないので、たぶん訓練の成果なんだろう。すごいね、米軍特殊部隊。
MK9で設定をリセットした結果、そういう能力のない普通の人になったらしく、格闘術と最新兵器を組み合わせて戦うスタイルになった。ステルス迷彩っぽい技術で姿を消したドローンが相棒。ああ、使っていいんだ、そういう兵器とか。
ジョニー・ケイジの元嫁でキャシーの母親。もちろんモーコン世界の住人なので、家族団らん仲良く殺し合いますよ。

代表的なフェイタリティ

  • 投げキッスで相手を燃やす。デッドリーアライアンスでは敵が嘔吐、そして吐血に至っており「それはいくらなんでも失礼すぎるんじゃない!?」といわんばかりにひざまずいてる敵の背中を踏み折って殺す。
  • 両足で敵を持ち上げながら倒立。そして開脚しながら体をちぎる。
  • ワイアーで首切り。リアル鬼ごっこが思い浮かぶ。
バラカ
牙一族の一員でスキンヘっド。肘から刀が出る。あれとは関係ない。口が裂けてる。
Xではデ・ヴォラにフェイタリティの練習に使われ、心臓と脳をぶち抜かれて死亡した。いつのまにか苗床にされてたらしく、こいつの胸を食い破ってエイリアンが登場・参戦する。
…といった具合にかなり散々な経歴をたどったが、11で参戦が確定。過去の自分が出現し、対立勢力と和解した。

代表的なフェイタリティ

  • みぞおちを刃でブっ刺し持ち上げた後、ピザみたいにくるくる回しながら刃で達磨にする。
  • 相手を仰向けに倒した後、馬乗りになり至近距離から刃を突き出し両肺をブッさす。
ジャックス
アメフト体形。アメリカ特殊部隊少佐であり、ソーニャのSENPAI。鉄の腕を持つ。
Xで一度殺されてゾンビ化するが、その後蘇生して子供を設けた。その後、妻に先立たれて11で鬱病を発症。敵側に加担したが、雷電の説得で再び味方側に就いた。
常時人類側にいるアメリカンナイスガイの役はジョニーに取られてしまっているので、その煽りを受けてフラフラさせられている可哀想なマッチョ。

代表的なフェイタリティ

  • ヘッドスマッシュ 頭を両手でぶぅあっちーん!とつぶす。vsDCでは頭が飛び散らず、ぺったんこになる。
  • 両腕もぎ取り これもCEROやESRBから激しく叱られた。
  • ものすごく巨大に変化し、敵を踏み潰す。 巨大になれる理由に特に説明はない。すごいね、米軍。
ストライカー
警官。魔法や超能力は一切使わず(ていうか使えない)、警察や軍隊で使うような一般的な武器で立ち向かう
一時期は超未来装備で身を固めたりしていたが、9参戦時にはまた手持ち武器と拳だけで戦うスタイルに戻った。すごい漢だ。
Xにて、同じように「一般的な手持ち銃器で戦う」というコンセプトのキャシー・ケイジが登場してしまい、アイデンティティの危機に。キャラを立たせるためにか悪役側に移るが、その後特に触れられることも無くフェードアウト。不人気だったのだろうか…

代表的なフェイタリティ

  • スタンガンで動けなくした後、ヘッドショット。
  • ハラワタにピンを抜いたグレネードをブチ込む。そのあとはお察しください
ナイトウルフ
インディアン(ネイティヴ・アメリカン)の戦士。羽飾りつけてて、トマホークを武器にして、精霊の力を借りて戦う。インディアンのテンプレを寄せ集めたようなキャラ。
MK3で色違い忍者がリストラされた隙間にしれっと参戦した、いかにも数合わせで作られたような適当なキャラであり、ゆえに書くこともあまりないのであり、できれば紹介せずに省略したかったのであるが、最新作の11にこれまたしれっと出演しやがったので書かざるを得なかった。

代表的なフェイタリティ

  • 祈りを捧げて奇妙なポーズと取ると光の柱がピカーッと降りてきて、相手の肉体はチリひとつ残さず消える。なんなのそれと言われても困る。
  • トマホークを天に掲げると雷がピシャーンと降りてきて、相手の肉体は燃え上って炭となる。なんなのそれと言われても困る。
エロン・ブラック
二丁拳銃を腰に下げ、テンガロン・ハットとバンダナマスクで頭と顔を隠し、拍車の付いたブーツを身に着けた、西部劇ガンマンのテンプレを寄せ集めたようなキャラ。
雇われれば誰とでも戦う仕事人。ストーリーにさほど深く関わらない、いかにも数合わせで作られたような適当なキャラであり、ゆえに書くこともあまりないのであり、わざわざ紹介する必要もないのであるが、ガンマンはやっぱり男の子のロマンだしカッコイイから書かざるを得なかった。

代表的なフェイタリティ

  • 瞬く間に6発撃ちこんで相手は死ぬ。
  • ちょうど持っていたトラバサミで相手の腹をえぐり、さらにショットガンをぶち込んで相手は死ぬ。
ボーライチョー
いかにも中国感たっぷりなデザインながら、設定上の出身地は魔界で、名前の由来はスペイン語の「よっぱらい」という国際色豊かなふとっちょ。
かなりお下品で敵に向かってゲロを吐いたりオナラをぶっ放したりする。定期的に飲んでいないとすぐゲロ吐くアル中。

代表的なフェイタリティ

  • たいまつに火をつけた後、たいまつに向かって盛大に放屁をする。
  • 酒に火をつける。自分で口に含んで噴き出して火炎放射風に使うこともあれば、相手にたっぷり飲ませて火をつけて爆破することも。どんな酒だよ。
クン・ラオ
切れ味抜群の帽子をかぶってるアブない奴。あれとは関係ない。
帽子を投げると、瞬時に新しい帽子が頭に出現するという謎の能力を持つ。特に理由の説明はないので、修行の成果なのだろう。すごいね、拳法。
どうやらうさぎ好きで、フレンドシップではうさぎのぬいぐるみを出す。
おかげで、フレンドシップとフェイタリティの区別がつかない。
Xにて悪役側に移る。相変わらず彼自身の強さとフェイタリティのグロさは健在だが、ストーリーではライデンにボコボコにされる役回り。可哀想に。

代表的なフェイタリティ

  • 電動ノコギリよろしく帽子に猛スピンをかけて地面に投げる。そして相手を引きずり、木材を切る如く相手の股からズバァーーーー。
  • 帽子からウサギを出す。一見フレンドシップに則ったかのような技だが相手がそのウサギをかわいがってる最中いきなりそのウサギが相手をメチャメチャに喰らい尽くす。
クァン・チー
貧血が疑われる程の白い肌を持つ。シャンツン同様敵の技をパクるときがある。PS3盤MK9でゲスト出演したクレイトスとほとんど見分けがつかず、選択画面で間違えて選択するプレイヤーが続出した。
9以降のストーリー再編でいろいろと都合の悪いことを押し付けられており、濡れ衣着せられて可哀想な立場であるが、悪役としてはむしろオイシイかもしれない。
とかなんとか言ってたらXでスコーピオンに殺されちゃったよ!
よくスコーピオンに一緒に地獄へ堕ちようぜとせがまれる。

代表的なフェイタリティ

  • 敵の足をちぎって無我夢中で殴りまくる。たとえ相手が死のうが頭が千切れようが
  • 堂々と敵の技をパクり、まさかのそれを止めの技にする。
サイラックス
サイバネティック忍者(黄色)。サイボーグ忍者とはちと違う。無理やり燐塊にとっ捕まえられて改造手術されたという悲しき経歴を持つ。
砂風呂が大好きで砂漠のステージに行くとよく彼を見かける。けっして遭難したわけではない。

代表的なフェイタリティ

  • 頭のちょんまげタケコプターよろしくプロペラ回転させ飛び上がったあと相手の上でさかさまになって降下し、タケコpじゃなかったちょんまげで相手をズタズタにする。
  • 相手を自分の体のなかに押し込み、体内のミキサーで果肉入りミックスジュースにした後吐き出す。
セクター
サイバネティック忍者(赤)。他のロボ忍者たちは無理やり改造されたが、彼は「いろいろ便利そうだから。」とサイボーグ化計画に自ら立候補した。そのためかほかのロボ忍者よりロボットらしい挙動が目立つ。

代表的なフェイタリティ

  • 体から出した万力で相手を押しつぶす。指を挟むぐらいならよくあること[11]だが、これはひどい。
  • 相手をロックオンした後、ミサイルをガンガン打つ。
スモーク
サイバネティック忍者(灰色)。煙を操る能力を持っている。常に体から煙が出ており、嫌煙家から強烈に嫌われている。タッグバトルの先攻で登場すると、倒した後も煙が出続けるため正直うっとおしい。
生前はサブゼロ(弟)とは親友同士であり、両者ともイケメンであるため一部の腐った層に人気が出そうだが、そもそもそういう層はモーコンなんか見ないのでそんなことはなかった。
旧歴史では無理やり改造されてしまったが、9にて雷電の手によりサブゼロと立場が交代され、サブゼロがサイボーグ化してしまった。スモークは生身の体のまま死亡。

代表的なフェイタリティ

サイバーサブゼロ
サイバネティック忍者(青)。人間型冷凍庫。持ち込んでる玉の中には冷凍食品が入ってるってうわさ。正体はサイボーグ化されたサブゼロ(弟)。血の色もとい電解液の色は鮮やかなメタリックブルーでとってもきれい。

代表的なフェイタリティ

  • 自分ごと相手を凍らせ、爆発。
アーマック
忍者(赤)。ことの発端は初代MKで、レプタイルのカラーコードに赤が混じって赤い忍者になってしまうというバグに由来する。そう格ゲー史上初の元祖バグキャラクターなのである。
誰もが「こりゃバグやわ」と思ったのだが、開発者のエド・ブーンは「アーマック! 勝手に出てきちゃダメじゃないか!」とあくまで一人のキャラクターとしてミスを認めなかった受け入れたのである。
その後、色違い忍者の新キャラを増やすときに「どうせなら赤はコイツにしよう」と開発陣の悪ノリが発揮されたことで、正式プレイアブルキャラクターに任命される名誉までもらった。
いかにもバグキャラっぽいノイズみたいなボイスとよくわからない判定のヘンな動きを与えられ、「彼の声がヘンなのは彼が人間ではなく死者の魂の集合体だからです。彼の動きがヘンなのは彼が超能力者だからです」と設定が後付けでモリモリ追加され、なんだかんだで人気キャラへと成長した。めでたしめでたし。

代表的なフェイタリティ

  • 相手を虫レベルまで小さくし、そのままGKBRを踏み潰すかのごとく蹂躙する。
ケンシ
剣士である。加納が国籍不明となった今、数少ない日本出身のキャラクターである。盲目であり、代わりにサイコキネシスを使うことで周囲の状況を読み取ったり、喋らずとも相手にダイレクトに意志を伝えたり、剣を浮かせて攻撃したりできる
超能力はアーマックに教えてもらったという設定があるが、9で歴史改変されたことで時系列的にアーマックに教えてもらえるタイミングがなくなってしまい、なんだかわからないけど超能力が使える人になった。きっと日本でなんか修行を積んだんだろう。すごいね、武士道。
Xでは息子を率いて参戦。日本人の癖に日本語が下手で、ストーリーモード中に、扉を開けようとして発した"Anata ga Hirakimasu..."(あなたが開きます…)は作中屈指の迷言。ちなみに本名は「高橋 剣士」。あらステキなキラキラネーム

代表的なフェイタリティ

  • 相手をカメラにぶつけ、その後剣で一刀両断。顔を執拗に何度もぶつけまくるため、カメラに外れた目がへばりつく。カメラ目線どころの話ではない。
デ・ヴォーラ
虫をこよなく愛するキャラクター。登場時にいきなりデカいを連れて来るので苦手な人は注意。(でもまあそもそも芋が耐えられない人がこのゲームの演出に耐えられるとは思えないが…)
モータルコンバットXの加納(ケイノー)参戦のPVでいきなり頭をぶち抜かれた。
新キャラのくせにXでは二名の大御所キャラの殺害に関わり、11では何とスコーピオンを殺害した。それ故存在感は大きく、ファンからは「調子乗んなクソ虫」「12で殺されることを祈る」と熱い声援を送られている。

代表的なフェイタリティ

  • 大勢のスズメバチに相手の顔を喰らい尽くさせる。虫が苦手な人要注意。
ゴロー
人呼んで4つ手の五郎。かつてクン・ラオの先祖を殺した実力者。キタナ同様見た目以上に歳をとっている。500歳だそうで。何を言う!? キタナ姐さんは10000歳だぞ!?

代表的なフェイタリティ

  • 敵の四肢をもぎ取ったあと、体を引き裂く。海外の人にもこのフェイタリティは人気。
キンタロー
擬人化したトラ。前足が四本ある。その強さならマサカリいらないね。

代表的なフェイタリティ

  • 相手の四肢を掴み、そのままちぎる。ゴロー顔負けである。
モタロー
残念ながらモーコンには猿もキジも犬もいないんだなー。
レイン
忍者(紫)。雨と雷を操る忍者。ゴリマッチョな忍者が多いこの世界において、草食系の体型である。
さすがに色違い忍者のキャラ付け差別化にも苦労したと見えて、スコーピオンが使う「画面端に消えて逆の端から出てくる瞬間移動技」をマリオブラザーズを参考に大胆にアレンジ、「相手を画面端に蹴り飛ばして画面の反対側から飛び出させる」という豪快な技へと昇華した。
Xでもちょっとだけ登場し、11でDLCキャラとして操作可能に。まあもともと空気だし、誰も気にしないけど。

代表的なフェイタリティ

  • 水で相手を包み込み、相手の皮膚をふやけさせてちぎる。
シャオ・カーン
なんか古代ギリシャに出てきそうな暴君である。何度体が爆発してもその次の作にて何事もなかったかのようにまた悪事を働く。手からクソでかい金槌を出す錬金術じみた技を使う。
MKのCPU戦は伝統的に敵を1人倒すごとに塔を1階ずつ上っていく演出を模しているのだが、MK2では最上階で身を乗り出して「俺はここだぞ! さあ上ってこい!」と言わんばかりに存在をアピールしたり、プレイヤーがコンボを決めるたびに「HaHaHa…」という笑い声をあげて祝福してくれたりと、視聴者へのサービス精神が旺盛な魔界の王の鑑である。
9で本当に死亡しました11で参戦確定しました。 モーコンの悪役と言ったら俺だろうというプロ意識に満ち満ちた元気な爺さんである。

代表的なフェイタリティ

  • ブン投げた相手を巨大ハンマーでミンチにする。あたりいったいに広がるためハンバーグは作れない。
シンデル
キタナの母ちゃん。どっかの異世界の女王様。シャオ・カーンに洗脳NTRされて利用されていたという、その筋の人にはたまらない設定の持主だが、顔がバタ臭いので日本人は誰も薄い本を描かない。
空を飛び、髪の毛を武器とし、口から超音波を放つ。アレアレとは関係ない。

代表的なフェイタリティ

  • 至近距離でスゴイ超音波をガンガン浴びせて、肉を吹き飛ばして骨だけにする。
タケダ、クン・ジン、キャシー・ケイジ、ジャッキー、コータル・カーン
Xにて登場した、人気キャラの弟子とか子供とか後継者とかの新世代組。
武器を受け継いでたり、得意技を受け継いでたりする。例として、キャシーは父親のジョニー・ケイジ譲りの男の股間パンチをする。なにもそれを受け継がなくたっていいだろうに。
キャシーはXや11のストーリーモードの主人公、ジャッキーはその相棒にして親友、コータルは「少しは話が通じる魔界の指導者」という都合のいいポジションの人としてストーリー面でも優遇されている。後の二人はお察しください
ちなみにタケダは苗字に見えるが実は名前で、フルネームはタケダ・タカハシである。盛大に間違っている。21世紀になって久しい現在でもまだこのインチキ日本感が出せるとは、さすがはモーコン。

代表的なフェイタリティ

  • タケダ:ご自慢の鞭的な何かで肋骨抜き取って口にザk
死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。
  • クンジン:相手の頭を足でふっ飛ばした後、自慢の弓矢で目と口に同時に刺す。全国の弓道部の方、参考にしてください。
  • キャシー:警棒で相手の顎を砕き、スマホで記念撮影、拡散。ちなみに、拡散するSNSの名前は"FRIENDSHIP"である。どこがだよ。
  • ジャッキー:相手の首を折った後、鉄拳(物理)で頭貫通。
  • コータル:相手の胸に一貫を喰らわせ、心臓引っこ抜いて絞って飲む。
トライボーグ
過去作のサイラックス、セクター、スモーク(サイバネティック)がまとめられた形態。MKXでは各キャラごとに「戦闘スタイル」が存在し、その選択で技性能などが少し異なるのだが、ロボ忍者3人も出すなら1キャラにして戦闘スタイルで切り替えるようにすればよくね?と開発者が気付いてしまったためこうなった。因みにその後サイバーサブゼロが追加された。どこが"トライ"やねん。

代表的なフェイタリティ

  • いくぞトライボーグ! 1号、2号、3号、合体だ! 巨大ロボットとなって敵をうちくだけ! 相手をハープーンで確保しろ! 引き寄せて巨大な電のこで斬殺だ! そのままプレス機で成型して排出しろ! 敵の肉の塊「いっちょあがりー!」
シノック
MK4で登場したラスボス。リブート後もXでまたラスボスを務めた。
「シャン・ツンを裏で操っていたシャオ・カーンをさらに裏で操っていた」という、後付けの後付けで悪の大物ポジションをかすめ取った悪い奴。話がこんがらがった戦犯のひとりと言えなくもない。
Xで、地球パワーを吸収して強くなるが、ライデンにやられた。

代表的なフェイタリティ

  • でっかい手を召喚して、相手を掴んで、パピコをちぎるみたいに、ぶちっと。
  • でっかい手を召喚して、相手を掴んで、チョコベビーのフタを親指で上げるみたいに、ぶちっと。
クロニカ
11のラスボス。なんか宇宙が誕生して以来時を操っているらしい神様。シノックの母ちゃん。
「今までのストーリーは全部私が砂時計で操っていました」と制作側から言わされ、都合の悪い部分を全部押し付けられたかわいそうな奴。

代表的なフェイタリティ

  • 相手を八つ裂きにしては時を戻し、これをn回繰り返す。
ゲラス
11で登場。クロニカが生み出した忠実な家来だが、神の力を得た癖に武器はメリケンサックというとんだチンピラである。時を操れる体を砂にできるなど、やたらとアレを連想させる。

代表的なフェイタリティ

  • 怪力パンチで相手の胸板を崩壊させた後、後頭部に強烈すぎる張り手をかまし、顔面上部と脳を射出させる。
セトリオン
11で登場。クロニカのでシノックの。植物性の髪の毛を持ち、青肌巨大化も出来るという数多の性癖を詰め込んだようなキャラ。

代表的なフェイタリティ

  • 地球よりもデカくなり、口から光線を吐いて相手を粉砕する。
フレディ・クルーガー
映画「エルム街の悪夢」より出演。ホラー映画からは初の参戦となる。

代表的なフェイタリティ

  • 相手を地獄に引きずり込み、血肉にして現世に戻す。トマトジュース製造機
ジェイソン
映画「十三日目の金曜日」より。HP0になっても落雷で生き返るしぶとさは完全に映画そのものだが、前ダッシュで細かく間合いを詰めてからしゃがみ小パンチでコンボを繋ぐ戦術が映画そのものと言えるかは微妙なところだ。

代表的なフェイタリティ

  • 相手を引きずり回して四肢もぎ取る。さすがはジェイソン。このときの、映画の雰囲気と同じBGMに変化する演出はファン感涙ものである。あるいは別に誰も気にしないかもしれない。
プレデター
映画「プレデター」より。血の色はCEROの規制とかそういうのは関係なく緑。

代表的なフェイタリティ

  • 相手の腕を吹っ飛ばして、苦しむ顔を拝んだあと、頭を吹っ飛ばす。サディストの気があるのかも知れない。
レザーフェイス
映画「悪魔のいけにえ」より。武器はチェーンソー。顔面は3つのバリエーションがある。

代表的なフェイタリティ

  • どっから持ってきたかは知らんが、フック付きチェーンで相手をつりさげ、チェーンソーで体ぶちぃぃぃ。相手に向かって吠える。「ヲああああああああ!」
エイリアン
映画「エイリアン」より。宿主にしていたバラカの能力をコピーしており、完全に立ち位置を奪っている。装束は黒。

代表的なフェイタリティ

  • 相手をバラカからパクったアームソードでブッさして自分の顔へ。そして、第二の口で頭ごしゃああ。
  • 厳密にはフェイタリティではないが、勝った後、巣にお持ち帰りして、チェストバスターの養殖場にする。彼に見逃されても、結局死ぬのである。
T-800
映画「ターミネーター」より。ビジュアル的には2019年の「ターミネーター:ニュー・フェイト」からの参戦か。あっシュワちゃんだ!
隠し持っていた銃を取り出した箱から薔薇…ではなくジョニーケイジのフィギュアがこぼれ落ちるといった登場演出があったりと、「ターミネーター2」を意識した演出も目立つ。 

代表的なフェイタリティ

  • 男のバイクはハーレー、男の武器はソードオフショットガン。バイクで轢いて、ショットガンで撃つ。
ロボコップ
映画「ロボコップ」より。デザインはリブート版の方が不評だったからか1987年版の方。中の人もまさかのピーター・ウェラー氏本人である。
大腿部のM93Rだけでなく、火炎放射やロケットランチャーまで装備しており、もはや警察官というレベルではない。
ゲームだと前ダッシュで機敏に間合いを詰める動きが基本となるので原作の動きとは似ても似つかなくなるというジェイソンと同じ問題を抱えているが、それぐらい我慢しなさい。

代表的なフェイタリティ

  • 情報端末接続用のニードルで喉を突き刺し、右手を銃で吹き飛ばし、最後は対戦車ライフルをぶち込むという、「ロボコップ」オマージュのフルコース。右手を吹き飛ばされたのはマーフィ君だった気がするけど気にしてはいけない。
ジョン・ランボー
映画「ランボー」より。若き日のスタローンの見事な肉体ともっさもさの髪の毛と超絶に聞き取りにくい滑舌を完全再現。

代表的なフェイタリティ

  • 『ランボー2 怒りの脱出』でランボーがかけられた電気拷問を相手にお見舞い。とどめにかの有名なランボー・ナイフで顔を真っ二つ。
ジョーカー
アメコミ「バットマン」より。デザイン的には全く異なるが時期的には映画「JOKER」よりと言ってもよいかも。相変わらず様々なジョークグッズで相手をおちょくるような戦い方をする。

代表的なフェイタリティ

  • ろうそくの立ったケーキをプレゼント。FRIENDSHIPだと思った? 残念、ケーキ型爆弾でした!
スポーン
アメコミ「スポーン」より。地獄から来た男。
赤と黒の衣装で緑色の魔力を操る姿がシャンツンとかアーマックとかぶっている気が無きにしも非ず。まあ時系列的にはスポーンが大流行していたからモーコン側がパクってアーマックとかのデザインに使ったんだと思うけどね。

代表的なフェイタリティ

  • 鎖でグサグサグサッと刺して… ボーン!

用語[編集]

フェイタリティ/FATALITY
fatality
ご存知みんな大好き止めの技。ギャグ交じりなものから本当にシャレにならないものまで様々。
我々の世界でも拷問です。
テーレッテーオーモーイーガーはメチャメチャ元気な人を一撃死に追いやるのに対し、こちらはライフがゼロで意識朦朧の相手にこれでもかッというほど残虐にぶち殺す技である。
その雰囲気やタイミングから、やめたげてよぉ!もうやめて!とっくに○○のライフはゼロよ!を想像する人も出るのではないだろうか。
日本語にすると究極神拳だが日本版のモーコンが出なくなってから急速に死語となってしまった。
ステージフェイタリティ/Stage FATALITY/PITs ※あの天使とは関係ない
モータルコンバット2より実装。とげに突き刺して団子三兄弟風にしたり高所からどーんと突き落としたりトゲつきローラーにぶち込んでミンチにしたりとステージの仕掛けを用いて相手を殺す。
ディセプションやアルマゲドンではFATALITYではなく、DEATH TRAP。すなわちとどめ扱いではなく、即死トラップになる。1ラウンド目からいきなりこれを使って骸骨にしたりグッチャグチャにひき潰したりしても次のラウンドで相手は何事もなかったかのように復活、そのまま勝負再開。お前ラ不死身?(でもマッチポイントのときにやったらそのまま勝負ありになる。)
フレンドシップ/FRIENDSHIP
相手を無残に殺すことをやめ、一緒に戦ってくれたライバルを祝福するフレンドシップにのっとることを誓います!
FRIENDSHIP! FRIENDSHIP! AGAIN!?
ベイバリティ/Babality
相手を赤ん坊の姿に変えて屈辱を味わわせる。9では仕草も追加され萌死注意
マーシー/Mercy
勝負が3ラウンド目に持ち込まれたとき。まだ終わってなぁぁぁい!!とばかりに相手の体力を回復させる。
アニマリティ
マーシーを行うとできるようになる。傷つきぼろぼろのプレイヤーに代わり動物が相手に止めをさす。なかには吼えながら相手を喰らい尽くすウサギなどトンでもない奴もある。
ブルータリティ/Brutality
君がッ! 砕けるまでッ! 殴るのをやめないッ!!
ハラキリ/HARA-KIRI
敗者は潔く腹を斬って死ぬべきである。相手にFATALITYされるぐらいなら、プライドを保ったまま天に帰るべきであるからだ。詳しい方法は攻略本などで熟知すべし。
相手にマッチポイントを取られ、自分の体力が0になると使用できる。でも文字通り本当に腹を切ってるのはケンシキラぐらい(厳密に言うと腹を刺してるんだが)。なかには自分で脊髄ぶっこ抜きをする強者もいる。
クリエイトフェイタリティ/Kreate a Fatality
アルマゲドンにて実装。アルマゲドンの人気が低い最大の原因
コマンドを入力するたびに相手の体をちょっとずつ破壊していく。ただし入力がそこそこシビアなうえ面倒くさく、コマンドが間に合わずに中途半端に終わることが多く、また完走したところで「1発ずつ攻撃してちょっとずつ破壊していく」という、どのキャラを選んでも代り映えのしない地味なフェイタリティが見られるだけという根本的欠陥がある。
キャラクリエイト機能が実装されたアルマゲドンでは、作ったキャラのフェイタリティをどう実装するかが課題となった。そこで、殺し方までクリエイティブなものにしよう!というわけで作ったらしい。クリエイティブさは微塵も感じられないが。
ヒロイックブルータリティ/Heroic Brutality
前述したブルータリティとは何の関係もございません。
罪を憎んで人を憎まずな決め技であり、相手を倒すよりかは成敗が目的となっている。
これも含めvsDCユニバースの止めの技はモーコンの一番の目玉であるグロさに欠けるが、その次回作がその分インパクトが強烈になったからいいよね。
X-Ray move
9にて実装されたいわゆる超必殺技。発動中は音楽が止まり、プレイヤーに骨の折れる音、内臓がつぶれる音をダイレクトに伝える何ともえげつないモーコンらしいシステムである。
脳ミソを完全にブチ抜いてるものとかハラワタ引き裂いて背骨までブチ砕いてるものとかあるが、モーコンのキャラクターはFATALITYをキメられない限りは死なないのだ。
ブルータリティ/Brutality
Xで登場。上記のブルータリティとはまた別モノ。特定の状況・特定の技で体力を0にすると、相手をSATUGAIする特殊な演出になる。
トドメをさした技でダイレクトにFINISH HIMできるのでテンポがよく爽快感がある。だからついつい狙いたくなるんだよね~、などと口に出すようになったらモーコン中毒末期である。
フェイタル・ブロー/Fatal Blow
11で登場。X-Ray Moveがナーフされた代わりに登場した、新たな一発逆転技。かつてのフェイタリティを超必殺技にしたような代物で、レントゲンのような演出こそないものの、頸動脈を切り裂き、頭蓋骨を粉砕し、9時代からのX-Ray Moveに慣れている諸兄でもこれ絶対死んでるだろと突っ込まざるを得ない所業を見せてくれる。

脚注[編集]

  1. ^ まあ、すでにストリートファイターがこのシステムを採用しているが、
  2. ^ おもに操作性が悪いやらグロすぎやらとかで。
  3. ^ 相手を凍らせた後裏拳でカキ氷にしてしまう。イチゴシロップはついていない。
  4. ^ 相手を焼き尽くしたりアッパーカットを決めると製作スタッフが出てきてこういうのである。正確には「Toasty!」。意味? 知らん。また、サブゼロで相手を砕くと「Frosty!」という。意味?(ry
  5. ^ サブゼロ、スコーピオン、キタナ、ミレーナなど。みんな人気のキャラだったが誰も気にしない
  6. ^ 正確にはロボット忍者。色違いで3人いる。繰り返すが、色違い忍者が減らされているのに、色違いロボは3人いる。
  7. ^ 頭に手を突っ込んだ後画面が暗転してブチィっと言う音がなった後不気味な笑い声となんか別の意味でトラウマになりそうな仕様となっている。
  8. ^ シャンツンとクァンチーがタッグを組んだ死の同盟(デッドリーアライアンス)である。
  9. ^ ゴローやシャオ・カーンなどでっかいキャラクターが追加参戦。ディスクは小さくなったのに…
  10. ^ たとえばマリオとか孫悟空とか。でも人型のキャラクターじゃないと場合によってはキモくなるのでご注意を。また作れるのは一人だけなのでそこんとこ注意。
  11. ^ 良く考えたら、指を挟むのもそんなによくあることではない。いろんなフェイタリティの見すぎてちょっと感覚が麻痺していたかもしれない。

関連項目[編集]

この「モータルコンバット」はピヨリ状態になりました。FINISH HIM(HER)してください (Portal:スタブ)