ヤドン

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイ希望が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ヤドン」の項目を執筆しています。

ヤドンとは、現代ではポケモンと呼ばれている生物兵器のことである。かなりぼけーっとしている風を装いつつ、近づく人間を片っ端から排除しているという都市伝説はあまりにも有名である。 ときに海辺に行くと、あれを巧みに使って遊んだり、テトラポッドで人間を撲殺したりしているヤドンの姿が見うけられるかもしれない。 ヤドンの特徴として、ヤドンの尻尾は生物兵器としての活動に耐えうるために、切れても切れても生えてくるトカゲのようなな能力を持っている。 また、実はヤドンには生物兵器として、少々負傷しても活動できるようにが156個しかなく、そのほかの体のパーツと言ったら顔、手しかない。無論、脳味噌もない。

概要[編集]

ヤドンの真の恐ろしさと言えば、カスタム用の武装兵器として使う場合だろう。その破壊力はミュウツーサイコキネシスや、ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲にも匹敵するともいわれる。また、尻尾をカスタムパーツ・kaigaraに挟まれると、ヤドランになる。そのほか、カスタムパーツ・kaigaraを被るとヤドキングになる。見た目どうりやっぱりヤドキングのほうが強い。kaigaraを手袋みたいに使うヤドンはヤドリルになると予想されるが現在未確認である。

しばしノドンテポドンなどの核兵器、プテラノドンマストドンなどの古生物と混同されるので、命名主オーキド博士の元に批判が相次いでいる。しかし、オーキド博士およびPMO開発共同体はいっさいのコメントを発していない。

真の能力[編集]

ヤドンの最も恐ろしい能力は、接触した二枚貝巻貝に突然変異させるという点である。オーキド博士が行った実験によれば、ヤドンと接触した10000匹のシェルダー(二枚貝)が、皆巻貝に突然変異したのである。一方で、ヒトデマンなど他の水生生物を接触させても特に変化はなかった。このため、ヤドンの身体には二枚貝のみを巻貝に突然変異させる特殊な成分が含まれていることが推測されている。

なお、ヤドンの身体からはシェルダーら二枚貝を刺激して誘引する成分、一種のフェロモンのようなものが分泌されており、それに引き寄せられてシェルダーら二枚貝がやってくることが、実験の結果証明されている。おそらくヤドランやヤドキングに進化するためにこのフェロモンを分泌するのだと考えられる。なぜ、分泌する成分が二枚貝のみを誘引するのかは、謎に包まれている。

関連項目[編集]

こんな感じに捕まえてください。
WANTED ヤドン

この「ヤドン」は、研究中に逃げていきました捕まえてくださるハンターまたはトレーナーを求めています。よろしくお願いします、そこのあなた!
モンスターボールを持って、捕まえに行ってください。賞金は無量大数円です。 (Portal:スタブ)