一万円ショップ

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

一万円ショップ(いちまんえんしょっぷ)とは、名の通り、どれでもぜーんぶ一万円で売っている恐ろしい店のことである。通称・一均(いちきん、ICHIKIN)。

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「一万円ショップ」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。
Google-girl.jpg
宇宙の隅々まで知りたいあなたのために、グーグル大先生が「一万円ショップ」について分析しています。

概要[編集]

この店は、東京・南青山の一ヶ所にしか存在しない店である。大金持ちたちの専用の店であり、店の品をまとめ買いする人が多くいる。店内は広く、数多くの防犯装置が設置されている。

この店に一度入ったら、何か商品を一つでも買わないと店から出してくれない。もし何も買わずに店を出たら、レーザー光線が出口付近に突然現れ、その人に向かって発射される。そこまでも厳しい店であるため貧乏人たちは怖がっており、近づくことすら出来なくなったらしい。つまり、貧乏の人たちは行くところではない店なのだ。

また店舗地下部では店主自ら出入口において会計作業をするという、シレン方式を採用しているフロアも存在する。そのようなフロアでは万引きが発覚した時点で私設警備部隊や強化・訓練をほどこされた番犬が放たれ、文字どおり"万"引きした人間を殺害し店の利益と秩序を守る。警備隊や番犬は驚異的な強さと量を誇るため、創業より万引きが成功した事はないと店側は主張しているが、「あんな店チョロイっスよ」とうそぶくシレンジャーも存在する。

駐車料金も1分間1000円と非常に高額。

どんな商品が売られているか[編集]

  • 文房具(画鋲ホッチキス鉛筆定規コンパス消しゴム等):もちろん一個一万円である。
  • 乾電池:無論一本一万円である。
  • つまようじ:なぜか八本で一万円である。
  • コーヒー:どんな味がするのだろうか? ただの缶コーヒーでない事は確か。
  • ビール:どんな味がするのだろうか? ただの缶ビールでない事は確か。
  • ミネラルウォーターエベレスト山頂で採取した水らしい。本当なら一万円というのも納得だが。
  • 1万1000円分のプリペイドカード:1000円お得w
  • カップラーメン:世界三大珍味入りらしい。
  • シャンプー:容器は異様に小さいらしいが、一本一万円である。
  • トイレットペーパーイタリアのボローニャ産らしい。
  • 果物中国から輸入して来たメタミドホス入りの超高級の果物であるらしい。ただしメロン夕張産。それと、ココナッツ南国の指定農園で栽培された物らしい。
  • 駄菓子:駄菓子屋に売っている菓子とはぜんぜん種類が違うらしい。
  • プリン:同店で売っている卵(一万円)と牛乳(一万円)で作られている。おまけにフランスの一流プリン職人が作ったもので、フランスからの直行便で空輸されている。常識的に考えて採算が合っていない。猿の餌にも最適らしい。
  • 100円ライター:形は100円ライター。値段は一個一万円。100円ライターの100倍長持ちする…のかと思いきや、100円ライターと同じ回数しか使えない。
  • 使い捨てカメラ:何枚撮れるかはよく分からない。「セレブショット」の名前で販売されているらしい。
  • 高級カレンダー:イギリスの新聞紙を再利用しただけのカレンダー
  • 充電ケーブル:0.01mmの物から10㎞の物まであるらしい。 充電スピードが100円ショップの物より100倍の速さで充電されるため、相当な高圧電流が流れているという噂も。 0.01㎜の物と10㎞の長さの物で充電速度は違うのかある実験番組が実験したところ、ほぼ同じということが判明した。

などである。上述の商品リストから簡単に推測できるように、一万円ショップはフリーマーケットYahooオークション、ゴミ捨て場等から商品を安価に仕入れ、一万円均一という言葉でお徳感を煽ることで利益を得ている。このビジネスモデルは「ゴミのような値段で仕入れた商品を安価で販売する」ブックオフ商法を一歩進めたものとして、専門家から評価された。

掘り出し物[編集]

一万円ショップの商品は原価が一万円以下のものが大半であるが、まれに価値が一万円を大幅に超える商品が店頭に並ぶ場合がある。この現象の原因としては仕入れ担当の未熟さが考えられ、このお値打ち商品を狙う主婦やコギャルトレジャーハンター等が店内でよく見られる。

一万円以上の価値がある商品には

といったものがある。しかしながらこういった商品の中には故買品など、法的に問題のあるものが含まれている場合があり、購入者が深刻な法的トラブルに巻き込まれる事も少くない。しかし一万円ショップでの購入は完全に自己責任であるので(全商品および店内に注意書きあり)店側は購入者がどのような事になっても責任を取らない。

一万円ショップは返品も一切受け付けていないが、唯一の例外として2003年6月に起こった「温水洋一事件」がある。これはショップ併設の一万円ガチャガチャの中身「温水洋一の髪(血統書付き)」の血統書に誤りがあったという事件である。店側はこの件に対し謝罪し代金を返金した。

100円ショップとの関係[編集]

それについてはここで語ることが出来ない。100円ショップで聞いてください。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


この項目「一万円ショップ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)