人間ドック

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

人間ドック(にんげんドック、人間家畜)は、健康診断の一種であったもの。近年、日本医師会と行政機関および多数の有力圧力団体が行う、人間選別プログラムの一環へと変貌しつつある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「人間ドック」の項目を執筆しています。

概要[編集]

このプログラムは表向きには健康診断であるとされている。実際、従来の人間ドックというのはただの健康診断であった。しかし近年、その性格は人間選別のものへと変貌しつつある。つまり、その名のとおり、「人間犬」を作り出すシステムへとなりつつあるということである。このシステムの原型は、医師ヨーゼフ・メンゲレによって大成された。

変貌への過程[編集]

近年、地球温暖化人口爆発などの理由により、食糧不足を中心とした飢餓的状況が現実的になりつつある。また、先進国の間でも格差社会が発生しつつあるところも存在し、さながら「国内二極化」の状況が現れつつある。そんな中、一部の特権階級ではない人間たちは当然生きるのが困難になっていく。このような人々を、特権階級の人間が有効活用するために、制度を整える必要があり、そのために人間ドックの目的が変貌しつつある。

内容[編集]

人間ドックの内容は、被験者にとってはただの健康診断である。しかし、検査の裏では、被験者の職業・資格・犯罪の有無・家族構成から趣味にいたるまでありとあらゆる情報がかき集められ、健康診断の情報とともに、日本医師会のシークレットサービスのデータベースに保存される。もちろん本人が手にするのは健康診断のデータだけである。保存されたデータは、行政機関・有力団体(多国籍企業ふくむ)・高所得者・特権階級の人々の要請によって提供される。そして、「それなりの」待遇をあたえる。現在のシステムは発展途上段階であり、これから制度の進展が見込まれている。制度の発展により、生産性が低く、成長も見込めないものはより合理的なものに「リサイクル」されるようになるだろう。

選別後の過程予測[編集]

つまるところこのような人間の選別というのは、スウィフトが示したとおりの事柄である。「検閲により削除」という言葉に集約されており、このことは映画「ソイレントグうわなにをするやめくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」

CM[編集]

先程、不適切な表現により、視聴者の皆様に多大な不安感・嫌悪感を与えてしまったことを心からお詫びします。

申し訳ございませんでした。

・・・

「合成物不使用!!良性な動物性タンパク質によって作られた新商品「ソイレントグリーン」!! これさえあればもう飢える事はありません!!なんとお値段もお手ごろだ!! さあ、皆様。お近くのスーパーもしくはコンビニへ!! ~新商品「ソイレントグリーン」~」

関連項目[編集]

ミッキーマンソン.jpg この記事「人間ドック」を書いた人は大いなる権力により抹消されました。この記事を読んでいるそこの君も抹消される覚悟があろうとなかろうと編集し…あれ?こんな時間に客?誰だ? (Portal:スタブ)