六道

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「六道」の項目を執筆しています。

六道(りくどう)とは、コンピューターゲーム『仏教』におけるシナリオの総称。これを一定以上のスコアで、ごくまれに特定のアイテムを装備してクリアしなければグッドエンドに行けず、再びキャラメイクから周回プレイをすることになる。

概要[編集]

『仏教』では新規スタート時の[1]ポイント割り振りやチュートリアルでの選択に加え、周囲の環境などのランダム要素も加味した上でシナリオが六種類の中から一つ選ばれる設定になっている。なお、これは周回毎に六本すべてが新しく作成される為、プレイ回数が増えても毎回新しい気持ちでプレイする事が可能。

プレイヤーの初期状態が良い順から「天道」「人間道」「修羅道」「畜生道」「餓鬼道」「地獄道」と並ぶが、悪条件の方がポイントを貯めやすい傾向がある為、初回プレイで地獄道に行ったとしてもクリア条件を満たすことは不可能ではない。どのシナリオでも共通する点として、リタイアに対するペナルティの大きさがある。一度リタイアすると累積ポイントから大きくマイナスされ、クリア条件を満たすのがどんどんと困難になっていく。各シナリオには思いがけない突発イベントも多いので、現状が悪くても一気に解決してしまうケースもしばしばあり、タイムアップまでプレイすれば意外となんとかなるものである。

各道の解説[編集]

天道
まず「天道」は、初期配置のエネミーがおらず全プレイヤーは飛行能力を標準装備している。難しいギミックもなくアイテムも入手しやすい分、戦闘が少ない為経験値を稼ぎにくい、出てくる敵も弱いという難点がある。またある程度プレイ時間が進み中年期になると、一気に老いが進んでパラメータが下がりプレイが苦しくなっていくのも特徴である[2]。そうなってから天道でスコアを稼ぐのは非常に難しく、一見楽そうだが初心者には向かない。
人間道
「人間道」はごくごく普通にエネミーやイベントが設定されており、また裏ルート[3]が存在していたりとプレイヤーの技量次第で一足跳びにゲームを進められる。ただし立ち回りで失敗すると後を引きやすいので、慎重なプレイが求められる。
修羅道
「修羅道」は人間道に近い雰囲気だが強化エネミーや強制エンカウントが多くなっており、人間道の高難度版と言って差し支えない。とにかく戦闘が多いのでスコアは稼ぎやすいが、イベントがそこばかりに集中してしまうのが難。また、敵も序盤から強めである。
畜生道
「畜生道」も戦闘が非常に多いが人間道のような裏ルートは存在せず、またバグにより畜生道プレイ中はスコアが加算されない事がある[4]為畜生道からのクリアは余程前周までに稼がない限り不可能に近い。とは言え畜生道ではルートシナリオが殆ど固定され分岐が少ないので、戦闘さえこなせるようになればタイムアップ[5]まで安定したプレイが楽しめる。敵はそこそこ強かったり、ちょっと弱かったりする。
餓鬼道
「餓鬼道」は食糧系アイテムによる回復不可という厳しい縛りが課せられるハードルートになっており、また取得したアイテムもランダムで燃えてしまったりするという厳しいもの。プレイタイム設定は15000年になっており、リタイアせずに完遂すればそれだけで莫大なポイントを稼ぐことが出来るがその道は険しい。敵も畜生道のボス並みに強いのを連戦しないといけない。
地獄道
最後に「地獄道」であるが、これは餓鬼道を上回るハードなものとなっており仏教のクリエイターである仏陀氏も「どんな喩えを使っても説明出来ない」と解説書『賢愚経』で語っている。過酷な分スコアも期待できそうだが、何周もしたベテランプレイヤーでなければ厳しいだろう。
しかも地獄道は八層に分かれており、一層目や二層目という生ぬるいものをおもいっきり超えた存在である八層目の「阿鼻地獄」ルートを選んだら、よほど仏教を周回しないとクリアできず、リタイアするはめになる。

余程の事がなければ地獄道や餓鬼道で始めるのはお勧めしないが、ランダム要素もあるので完全にそれらのルートを避けるのは不可能である。しかし累積ポイントやチュートリアルでの行動によっては人間道辺りになる確率を上げることは可能なので、なるべくならば良い状態でスタート出来るように調整するべきだろう。

脚注[編集]

  1. ^ 二周目以降の場合は前周回までの累積となるが、過去のプレイによってはマイナスから開始する。
  2. ^ あるプレイヤーは「地獄道の16倍キツいルートだった」と語っている。
  3. ^ 「仏法」と呼ばれるイベント。これを起こすと無条件でスコア条件を満たしてクリアとなり、浄土へ移動してエンディングイベントが始まる。
  4. ^ 内部的にはちゃんと貯まっており、次周以降に反映される。
  5. ^ 畜生道のプレイタイム設定は配置時の「種族」パラメータによってかなり差があり、短いと数時間だが長いと一万年に及ぶ事もある。

関連項目[編集]

Ronjeremy mario.jpg このゲーム「六道」には、致命的なバグ・不具合が含まれています。このままでは発売できませんし、仮に発売しても非難の嵐となるでしょう。発売を延期してでもデバッグに参加して下さる開発者を求めています。 (Portal:スタブ)