剣聖ビルゲニア

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

剣聖ビルゲニア(けんせい - )とは、特撮番組仮面ライダーBLACKに第18話~第35話にかけて登場したてつをのライバルであり、てつをファンクラブの一人。設定上はアポロガイストジャネラルシャドウの先輩に当たる。

新バダン帝国結成記念式典に出席した剣聖閣下。写真でもセンターを飾るとはさすがである。

概要[編集]

甲冑魚ビルケニアの怪人である。てつをやのぶひこと同様に3万年前の怪奇日食の日に生まれたが、3万年生まれるのが早かったため世紀王になれなかった。それに腹を立てたビルゲニアは三神官を屈服させて暴れたため、創世王に怒られて3万年間(意識があるまま)に閉じ込められていた。本来は、のぶひこの中の人が逃亡して迂闊にシャドームーンの変身解除ができなくなり、ライバル復活が遅れたため、のぶひこの代理人として急遽出されたキャラである。

戦闘能力はあのゼットン並みの強さがあり、第19話では老いたとはいえウルトラマンを『男同士で見つめ合う』戦法で瞬殺している。

てつをのストーカー[編集]

目覚めてからすぐにてつを討伐を命じられ、初めて見たときにてつをがイケメンだったために惚れ、以後はてつをのストーカーとして活動する。そのストーカーぶりはあの鳥人戦隊ジェットマンの結城凱すらも凌ぎ、てつをを一晩中寝ずに見張るなど、尋常ではない惚れこみようが伺える。てつをが殺されそうになると毎回のように理由をつけて助けに来る。第28話より突如顔色が悪くなっており、てつをに対する恋煩いが原因であると推測される。

てつをが悲しむのが嫌なので、てつをの友人の克美や杏子や克美の友人の君枝まで助けた。第34話でてつをへの感情が爆発し、のぶひこを倒しててつをを自分のものにするべく、サタンサーベルを自力で奪取し2刀流でてつをに斬りかかって奮戦する。しかし、その想いはてつをに伝わらず、てつをに誤解され殴られ蹴られて深手を負い、ゴルゴム神殿に帰ったところを同じくてつをのことが好きなのぶひことてつをを巡って対決し、自身が奪取したサタンサーベルで斬り殺された。仮面ライダーディケイドにもライバルのてつをは登場したのに、自身は登場せず、夏の映画でものぶひこは登場したのに結局登場できないなどやはり不憫な怪人である。

ビルゲニアの愛[編集]

  1. 黒松教授安楽死。
    大神官に痛い方法で処刑されそうになっている黒松を、哀れに思ったビルゲニアは黒松を楽な方法で逝かせてあげたのである。
  2. 光太郎殺害未遂
    ダウンした光太郎に止めを刺そうとしたビルゲニアは「女は殺せない主義」だったため看護師を殺せず光太郎の殺害を延期する。このおかげで人類はクライシスから救われた。
  3. ツルギバチ怪人の雇用。
    ハチ怪人の敵討ちに燃えるツルギバチ怪人を大神官に推薦した。
  4. アンモナイト怪人の助命を嘆願
    大神官に処刑されそうになったアンモナイト怪人の助命を嘆願し、さらに新しい鉄仮面頭を付けてやる。 
  5. カメレオン怪人の巻舌からてつをを救出。
    自身はこのことで謹慎処分を受けている。
  6. アルマジロ怪人に捕らわれた克美と君枝を救出。
    この後、ビルゲニアのおかげでスペースシャトルは宇宙に旅立つことができた。
  7. ラナとイカ怪人に苦戦を強いられているてつをを救援。
    口では「てつをはこの剣聖ビルゲニアが倒す」と言っておきながら、てつをを救助した。
  8. プログラマー殺害
    一見ただの虐殺に見えるがビルゲニアはプログラマーがこれからエロサイトを見ることを予想し、コンピューターのウイルス感染を防ぐためにやむを得ずプログラマーを殺害しただけである。
  9. クロネコ怪人殺害
    ライダーパンチを受けててつをに倒される寸前のクロネコ怪人を「せめて自分の手で」と思い殺害した。決して捨石にしたわけではない。
  10. バラオムにさらわれた杏子を救出。
    この後、恩知らずのてつをはビルゲニアに容赦なく必殺技を打ち込んだ。

武器・技[編集]

ビルセイバー
ビルゲニアの装備している魔剣でてつをの体を切り裂く威力がある。剣そのものがてつをやのぶひこのキングストーンに相当するもので、ビルゲニアに様々な力を与える。竜巻のダークストームや突風のプレッシャーウェーブなどを放つ。このことを考えるとてつをやのぶひこのキングストーンよりも優秀な気がする。のぶひこのサタンサーベルと相殺した際にはポッキリ折れちゃった。
ビルテクター
ビルゲニアの装備している盾でてつをのライダーキックを跳ね返せるだけではなく、投げつけててつをにぶつけることもできる。実はてつをのライダーキックにひびを入れられたことがあるのは黒歴史。最後はのぶひこに主ごと斬られた。
ダークストーム
ビルセイバーから放つ突風。その威力は続編に登場したガイナギスガンの風魔ビームハリケーンを凌ぐ風速200m。第30話ではラナとイカ怪人に殺されそうになったてつをを助けるために使用したが勢いあまっててつをを記憶喪失にした。
デモントリック
分身技。ビルゲニアが何人にも増える。元ネタはジェネラルシャドウの分身術。
プレッシャーウェーブ
ビルセイバーを時計回りに回転させることで突風を作り出して敵にぶつける技。てつをを地面に埋めて倒しかけたが、ピザバイクに邪魔されて失敗。
光球化
火の玉になって飛んだり、攻撃する技。後輩の再生アポロガイストも使用。
サタンクロス
ビルゲニアが自力で奪取したサタンサーベルとビルセイバーを併用することで放てる必殺技。
顔盗みの術
前述のように『男同士で見つめ合う』ことにより、相手の姿をコピーできる。しかし、老いていたウルトラマンは見つめられたことにより興奮し一度は変死してしまった。しかし、続編のウルトラマンメビウスでは普通に生きていたのでまた生き返ったようである。

後輩[編集]

アポロガイスト(再生アポロガイスト)
ビルゲニアが棺の中に閉じ込められていたときにXライダーのライバルとして戦ったGOD秘密警察第1室長なのだ。実は初代ライバルではなく2代目でビルゲニアの後輩に当たるのだ。
ジェネラルシャドウ
昭和ライダーシリーズ3代目ライバルで電気人間ストロンガーと戦った。アポロガイストより強く、チャージアップ後のストロンガーとも互角に戦った。
怪魔ロボット スクライド
「クライシス皇帝(創世王)の怒りに触れてスクラップ場で眠らされていたがてつをを倒すために目覚めさせられた」と見ての通りビルゲニアの後輩。ビルゲニアと違って最後はてつをに倒された。
査察官ダスマダー大佐
久しぶりのライダーのライバルかと期待させておきながら実は皇帝の分身でラスボスだった。しかし、ダスマダーの剣をよく見てもらいたい。ダスマダーの装備しているサーベルはビルセイバーと同型である。

別世界のライバル戦士たち[編集]

未確認生命体第3号コウモリ種怪人ズ・ゴオマ・グ(強化体)(究極体)
平成反逆怪人第1号。新しいアイテムを手に入れパアーアップし、主役ライダーすらも圧倒するが、真のラスボスには敵わず瞬殺されるという見ての通りビルゲニアの後輩。ディケイドの冬の映画でも究極体の姿で登場するため、クウガと決着がつくのかと思われたが、どうやらもやしに殺されたらしい。なぜ、スタッフはビルゲニアとビシュムとゴオマに主役ライダーと決着をつけさせないのか・・・。
北条透
仮面ライダーアギトに登場。ビルゲニアに性格がそっくりなのはビルゲニアが転生した姿だからである。今度はてつをではなく翔一を狙った。
『アギトを捕獲するんですよ!!』
ビショップ(スワローテイルファンガイア)
「二人のキング」を倒そうと目論むビルゲニアと同じ剣使いで753のライバル。最後は753に剣ごと(盾ごと)斬られて死亡する。
玉藻京介(妖狐・玉藻)
地獄先生ぬ~べ~に登場。同じ丸い物である広の髑髏(キングストーン)を狙う主人公のライバル。ビルゲニアがキングストーンを手に入れられればパワーアップできるように、この玉藻も広の髑髏を入手できればパワーアップできるらしい。広の髑髏を奪うべく奮戦するも失敗。以後は主人公に対して「私はあなたに興味がある」と告白し、なにかと理由をつけてぬ~べ~を助けに来るようになった。本人は「人間の女には興味がない」と断言しているにもかかわらず、男のぬ~べ~に対しては「あなたに興味がある」と言ったり、「一緒に愛について語り合おうじゃあーりませんか」などと怪しい台詞を吐き、デートに誘うなど積極的。そういう意味でもビルゲニアの後輩といえる。
園咲霧彦(ナスカ・ドーパント)
久しぶりに現れた組織に所属する剣使いの幹部怪人で主人公のライバルで別世界だがビルゲニアの後輩に当たる。しかし、性格は上記の玉藻にそっくりで愛がどうとか、「私はこの町を愛している」とか人目も気にせずに大声で言う。その点の共通点を考えると玉藻の後輩と言えるかもしれない。最後は玉藻そっくりにかっこつけて帰っていったが、自分の妻に殺されるという歴代ライバルの中で一番ショボい死に方をした。
高僧ビルゲニア
BLACK RXの世界」という別世界でビルゲニアの持っていたビルテクターが選んだ人間を改造した姿。

華麗なる歴史[編集]

仮面ライダーBLACK
てつをを倒すため三万年の封印から復活し、てつを討伐に向かうもイケメンのてつをに惚れて恋煩いにより顔色が白くなったりした。本人はてつをとの決着を望んでいたが自分が奪取したサタンサーベルを奪われてのぶひこに斬られるという悲惨な最期を遂げる。
RX
続編だが、のぶひこは出たものの本人は名前すらも出ない。その代わりに後輩のダスマダーとスクライドが登場。こちらは見事にてつをに倒された。ビルゲニア本人はてつをにも視聴者にも存在を忘れられる。
マスクドライダー
リメイク。ライバルのてつを本人が出ないため駄々をこねて出演しなかった。シャドームーンはロボライダーとして登場。ビルゲニアは米国のファンにはその存在を気づかれることはなかった。
仮面ライダークウガ
コウモリ種怪人ズ・ゴオマ・グという顔色の悪い後輩が登場。ダグバのベルトの破片(サタンサーベル)を発掘し自分が使って強化するも、ビルゲニア同様ダグバ(シャドームーン)に殺されるというビルゲニアそっくりな最後を遂げた。
仮面ライダーアギト
北条透というエリートのビルゲニアの転生体が登場した。ビルゲニアと同様に上司に対して敬語で嫌味を言う。この世界では主役ライダーのライバルではなく氷川のライバル。ビルゲニアと違って最後まで生き残る(ヘタレ化したが)。
仮面ライダーキバ
「二人のキング」を倒そうと頑張るオーエン・バーネットに似たビショップ(スワーロテイルファンガイア)が登場する。「キバ」を倒すと豪語していたものの753に斬られて死亡。やはり主役ライダーとは決着つかず。
地獄先生ぬ~べ~
玉藻京介というビルゲニアや再生アポロガイストの後輩とも言うべきキャラが登場。歴代ライバルの中では唯一生き残ったが、その後はかませ犬の道を辿る。主人公が岩天狗に苦戦していることに気づかず助けに行けず自分は結婚式場で待っているなどわけわからない奴。
仮面ライダーW
園咲霧彦(ナスカ・ドーパント)という久々のライバルキャラが登場。一時期強くなったりして期待させたが歴代ライバルの中で一番ショボい死に方をする。
平成ライダーVS昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊
バダン幹部としてあの世から蘇った。

専用マシン[編集]

  • ヘルシューター
ビルゲニアのバイク。てつをのピザバイクよりかっこいい気もする。ミサイルやレーザーも装備されてて、ピザバイクよりも強い。スパークリングアタックに匹敵する体当たりも可能。最後はてつをの蹴りで壊された。しかし、免許持ってるてつをですらピザバイクを操縦するのに苦労したというのに、免許も持ってないビルゲニアは初めての運転なのにてつをと互角以上のバイクの腕だった。この差はいったい・・・
仮面ライダーSDではのぶひこの専用マシンになってた。後に修理され続編では「ストームダガー」としてガデゾーンの愛車となった。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「剣聖ビルゲニア」の項目を執筆しています。


ミスターデンジャラス!!.gif この項目『剣聖ビルゲニア』は仮面ライダーに関連した書きかけ項目なんだよ。誰かみんな、加筆してくれよ! ミスターデンジャラス!!  (Portal:スタブ)