司馬遷

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「司馬遷」の項目を執筆しています。

司馬 遷(しば せん、紀元前145年 - 2001年?)は、ウィキペディア草創期を代表するウィキペディアンである。

概要[編集]

自画像とされるイラスト

彼が得意とする執筆分野は、中国史である。ただしその知識は前漢時代よりも前に限定されていおり、非常に偏っている。前漢の武帝の時代以降についての執筆事例は2011年2月現在においては確認できない。

しかし、司馬遷がウィキペディアの執筆に心血を注いでいた事は事実である。これは頭の固い連中に反感を覚えるアンサイクロペディアンにも広く認められる事実である[要出典]。司馬遷は朝廷に使える役人であり、人材登用を担当しており、賢人を探し求め推挙するのが本来の仕事であった。だが司馬遷は公務をほったらかしにして執筆に励んだため、時の皇帝の怒りを買い、死刑か宮刑かの二者択一を迫られた。だが司馬遷は迷わず宮刑を選んだ。司馬遷はこの時の判断を、後にこう述べている。

「本来自分は死を恐れない、あの事件の時、死を選ぶのは実に簡単な事だったが、もしあの時死んでしまっては、自分はウィキペディアを執筆することが出来ない、仕事が途中のままで終わるのを自分はもっとも恥とするところでした。そもそも宦官として生き恥を晒している自分が賢人を推薦するなど滅相も無いことであったのです。今の自分はただ、ウィキペディアの完成のためだけに生き永らえている身であり、執筆を完成させてネット上に流布させることが出来たなら、自分は八つ裂きにされようともかまいません。」

執筆に関して[編集]

特異な執筆姿勢[編集]

彼の執筆姿勢は、まず第一に独自研究が極めて多い事で知られる。彼が執筆した記事において、参考文献を記す事はほとんど皆無である。

にもかかわらず、彼が執筆した記事は、未だ削除も、大幅な編集も、ましてや要出典を貼られる事すら皆無であるというのが事実である。これは頭の固いWeb辞書の編集方針からすれば、極めて異例の事であると言わざるを得ない。

彼の独自研究に偏った執筆が、何故これほどまでに赦されるのかというのは、現在に至るも大きな謎となっている。たとえばウィキペディアにて独自研究を記載した場合、記事の編集合戦が起こるか、ノート欄に反対意見が述べられることがほとんどである。しかし、彼の執筆した記事の履歴ノートを見ても、議論になった事の痕跡すら発見できない。

もっとも草創期のウィキペディアは独自研究が大いに認められていたのが事実ではあるが[要出典]、その後のウィキペディアは黄宗羲顧炎武といった有名な削除厨が現れ、「自分自身の見解に基づいて執筆するのではなく、出典に基づかないと駄目!」と、独自研究に陥っている記事を片っ端から削除した。ところがその彼らも司馬遷の執筆記事は完全にスルーしており、むしろ司馬遷の執筆記事そのものを出典として他の記事に貼付ける有様であった。

理由の推測[編集]

この一見理解できない現象についてはいくつかの説があり、「ウィキペディアには彼以外この時代の専門家が居なかったため、誰も突っ込めず、いつの間にか既成事実になった」「実は彼は管理者権限持ち、あるいは管理者と親友であり、論争や編集合戦になった記事を削除、なかったことにしている」という説が有力である。 なお、このことを調査しようとしたウィキペディアンがいつの間にか消えていたり[要出典]するため、ウィキペディアにおける100の暗黒面のひとつであるとされる[要出典]

主な執筆記事[編集]

こちらの記事のほとんどは、司馬遷がひとりで執筆したものである。ほどんどの記事に出典が記されていないが、なぜか黙認されている。
春秋時代に存在した国。司馬遷がかなり偏った執筆を行った結果、勾践が王だった時代の記事内容が、やたらと詳細に記述されている。建国時代の記述は皆無、滅亡する時の記述もかなり簡素なものとなっている。
司馬遷の執筆した内容と全く異なる文献が見つかったにもかかわらず、司馬遷による出典の無い記事内容と、出典に基づく記事内容が、両論併記されている。司馬遷の影響力の高さが伺える。

その他の活動[編集]

無駄に名文を書く才能に恵まれ、彼の書いた手紙が「文選」に掲載されたことがある。また、彼の書く文章には彼がちんちんをもぐ羽目になる原因の人物に対するあてつけや、俺様かっこいいという妄言にあふれているとされる。 以下は彼の記載した文章を引用したものである。

「世の中では悪行の限りを尽くした人間が天寿を全うし、行いに気をつけて、正しいことを正しいと言う人物(例えば伯夷・叔斉や顔回)が突然不幸な目に遭って死んでしまうことが数限りない。一体全体、天が示す正しき道などこの世に有るのだろうか?(いや無い)。善行を行った人物で歴史に残らなかった人物は数限りない。これらの人物は、孔子の様な人物に紹介されてやっと後世に名前を残してもらえるに過ぎない。」

-引用元:日本語版Wikipedia司馬遷

これはすなわち、「突然不幸な目にあった俺様は、『行いに気をつけて、正しいことを正しいと言う人物』に違いない!」といいたいだけなのである。

関連項目[編集]

  • 司馬遼太郎 - 日本を代表するウィキペディアンであるが、司馬遷には遼かに(遥かに)及ばないと謙遜している。