国際オリンピック委員会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「国際オリンピック委員会」周辺は治安が悪化しているため、渡航の是非を検討してください。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「国際オリンピック委員会」の項目を執筆してくれています。

国際オリンピック委員会(こくさいオリンピックいいんかい、IOC)は様々な実験を実施する国際的な研究機関である。

概要[編集]

科学技術への投資が盛んに呼び掛けられる中、分野を問わず多くの研究者たちがこぞって国に予算を請求し始めたために、会計処理が複雑化したり類似した研究が乱立するなどという問題が各国で頻発していた。そこでIOCはオリンピックというイベントであらゆる実験をまとめて行うことにより諸問題の解消、最終的には科学技術の発展に貢献することを目指している。

主な行事[編集]

オリンピックには夏バージョンと冬バージョンがあるが、準備に多くの時間と人員が必要なので4年に一度の開催となっている。

夏季オリンピック
気候変動により世界各国で気温が上昇する中、科学者たちは「人間は高温にどこまで耐えられるのか」「どれぐらいの温度までならスポーツができるのか」等という疑問を抱き始めた。これらの疑問に答えるべく開催されているのが夏季オリンピックである。さらに夏開催の特徴を生かして夏風邪のクラスター感染を再現したり、熱中症の患者をどこまで受け入れられるのか等という社会実験も同時並行で実施されており、各分野に新たな知見をもたらしている。
冬季オリンピック
気候変動により氷が解けて北極圏への進出が進む中、「人間は低温にどこまで耐えられるのか」等という疑問に応えるべく開催されている。
ユースオリンピック
年少者向けに様々なワクチンが開発されている現在、多くの保護者達はどこまで効力があるのかを非常に心配している。そこでIOCはユース向けにユースオリンピックを開催し、年少者の集団免疫獲得を確認する実験を実施している。
数学オリンピック
日々進化する科学技術に対応するため、各国から基礎から学び独創的な計算をできるものを名誉と富をもって集めるために開かれるIOCの人材確保手段とされている。
技能オリンピック
数学オリンピックと同じく科学技術の発展に資するための人材を各国から効率よくピックアップするために開かれるオリンピックである。
芸術オリンピック
芸術は科学技術の発展の役に立つと夏季五輪冬季五輪の一部門として並行して開催していたが、第二次世界大戦の結果を見て芸術は科学技術の参考にならないとIOCは廃止することを決定した。

主な実験[編集]

経済学実験
スポーツに限らず、あらゆるイベントを誘致する際には経済効果を算出するのが不可欠となっている。しかし全ての国でそのような試算ができるわけではない。そこでIOCはオリンピックの開催と並行して大規模な経済実験を実施している。多くの経済実験は机上もしくはコンピュータ内で行われるが、IOCによる経済実験は実際の利益をもたらすため、経済学者も経済界も高く評価している。こうした計算や設計をするものは数学オリンピックや技能オリンピックのメダリストから集められる。
心理学実験
スポーツ心理学に限らず心理学全般では被験者の確保が課題となっている。このような問題を解決すべく、IOCはオリンピックにおいてスポーツ大会による心理的影響を調査する機会を提供しており、スポーツ心理学者たちの心強い味方となっている。
疑似戦争実験
戦争には金がかかって仕方ないということで戦闘行為をスポーツで代替するという平和なのかどうかよくわからないこともしていたりする。この実験のために本物の戦争は強制的に一時停止されるため、国家よりもIOCのほうが権力が強いのは明白である。
ゲーム実験
スポーツで戦争を代替するのもケガが発生するリスクが高まるため、マインドスポーツとしてチェス将棋、運要素入りとして麻雀やポーカー、近年ブームのEスポーツなどで代替えする実験も計画されていたが、かかるものの大きさから極限まで精神を削るため発狂するものがでたり脳が焼き切れたりして人体に有害と結論が出たり、国家の命運を簡単にチップに乗せることができる性質から、他人の金でギャンブル中毒になるような首脳が量産されたために危険度が本物の戦争とそこまで変わりないとシミュレートされたことから実行しないことが決定された。

役員[編集]

上記のように様々な分野で貢献するIOCが相応の待遇を受けるのは明白であり、役員たちは国家元首による出迎えから迎賓館での接待、さらには市民団体によるセレモニーなど多くの厚遇を受けている。また活動期間の長さや活動内容から考えて、ノーベル賞の受賞も確実視されている。

そもそも、IOCの役員は各国家の王家、最低でも爵位持ちに相当する家系から集められるとされ、民主国家が主体となった現世界体制に対して対抗しうる、血筋による正当支配を謳う形を変えた王政を担うともいわれる。だからこそIOCは国際連合にすら匹敵しうるのだ。

ただ、王家の血筋からのみ集めると人数が足りないため、著名な各オリンピックメダリストにはメダルの副賞として競技者引退後の国際オリンピック委員会や各国支部への役員就任権が与えられる。基本的には疑似戦争の兵士としてスポーツオリンピックの競技者が優遇されるが、それだけでは体育会系の組織になるため、数学五輪や技能五輪のメダリストたちも各国オリンピック委員会の役員として高額?の報酬をもって役員に召し抱えるが、スポーツ系と違い年をとっても技術系メダリストは各企業や国家に引っ張りだこのため役員になるものは少ない。

メダリスト役員の仕事としては天上の血筋であるやんごとなき役員の長ーい話を飽きることなく静粛に聞かなくてはならないとされる。会場で寝転んだり話の途中でツイッターで遊んだりしてはいけないのである。それをしたものは仮にメダルを取れても役員になる資格をはく奪される。つまり役員になりたくなければお偉いさんのお話は適当に聞くことだ。

なお、役員以外の待遇に関してはお察し下さい

総論[編集]

IOCをただの体育祭実行委員会といってはいけない。世界平和のために様々な実験と投資を行うやんごとなき方々の集まりなのだから。

関連項目[編集]

ExSport.png この項目「国際オリンピック委員会」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)