失われたn年

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
nの値が増加するに従って、これに近づく。

失われたn年とは、1990年の、泡(ソープ)の相重なる倒産による呪いである。この呪いを解かない限りnは永久に増え続ける。

2021年現在、n=0031

概要[編集]

1990年、一瞬、なにかの影響で急に株価が下がって大変なことになり、ソープ含む水商売が「ぜいたく品には手を出せない」という理由で客が激減したことによる水商売の倒産ラッシュが起こった(バブル崩壊) これにより、現代の日本を裏から支えてる裏社会の収益が激減し、その影響で経済が混乱し、日本からさまざまなものが失われていった。また、官僚のモチベの理由になっていた水商売の店が潰れたことにより、官僚はやる気をなくし、適当な国の運営をして、日本からさまざまなものを失わせてしまったことも原因となっている。水商売が無くなったら、風が吹けば桶屋が儲かるのように様々なところに影響が出るものである。

ここまでは勝手に考察された理由にすぎない。水商売の店が次々潰れたことにより、水商売の店に住み着いてしまった地縛霊が住むべき場所を失った。その地縛霊たちの怨念が集まって、日本に「失われたn年」という呪いがかかったのが真相である。住むべき場所を失われた地縛霊が、日本を失わせてしまうというのは実にダイナミックな動きであろう。 また、水商売の店は法律により規制されている。これは、日本政府が「水商売が急に無くなったから日本からさまざまなものが失われた、それなら最初から無ければいいじゃん!」と思ったからである。たしかに少しづつ規制すれば、怨念が少しづつ解放されて呪いがかかるに至らなかっただろう。だが、もう遅い。この呪いを解く方法を見つけたらノーベル経済学賞が進呈されると言う噂が広がり、陰陽師たちが呪いの解明に勤しんでいる。

バブル崩壊から、日本はn年の衰退期に陥り、どうしようもない国になっている。この国を改善するのはワンチンの記事をまともにするのと同じくらい難しいと言われている。 よくテレビに出ている専門家気取りは、これから先もずっと「失われたn年」と言い続けるであろう。「失われたn年」といえば専門家っぽく見えるのである。(もっとも、自明な事実を述べているだけであるが。)もっとも、誰かがノーベル経済学賞を進呈されればこの仕事はなくなるのである。

ちなみに、nは自然数であり、n=(西暦)-1990である。

数学的帰納法による証明[編集]

n=1の時、つまり1991年の時、失われている。 n=aのとき失われていると仮定すると n=a+1の時、この不景気が1年で回復するわけないので失われたままである。(1年でこの不景気を何とかするならば、それはインフレだろう。)

よって、日本はずっと失われている。この呪いを解くことは数学的帰納法を破るほどの実績である。n年間に渡って讃えられるであろう。

アベノミクス[編集]

n=22の時、安倍総理が「nを出来るだけ小さくしよう」と言って打ち出した制作がアベノミクスである。 安倍総理は、3本の矢を脅迫のために日本銀行アンサイクロペディア、民間企業に放った。 日本銀行には「お金をどんどん作れ」と矢を放ち脅迫して、アンサイクロペディアには「アンサイクロペディアに記事を執筆する仕事を作れ」と矢を使い脅迫し、民間企業には「投資するから競争して成果を出せ」と矢を放ちながら言った。

アベノミクスの影響で、0<n<25という範囲になると期待されていたが、しかしその期待は外れてしまった。これは呪いであり、そんな小手先の対策では失われたn年を打ち破ることはできない。

失われた16年[編集]

世界恐慌が起きたこれの影響により世界中で不景気が起き、それにより第二次世界大戦が引き起こされ、世界から16年が失われた。 ちなみに日本では1920年から1945年まで不景気が続いたことから、「失われた25年」と呼ばれている。しかし失われたn年のように現代科学では解決できないような性質ではないものなので幾分か楽である。

この前例から、日本で戦争が起きれば失われたn年は終わるのではないかと言われているが、日本は戦争をすることが出来ない。

失われたk年[編集]

コロナにより今までの生活が失われたことを指す。 このkは非負整数であるが、kがどこまで大きくなるかは議論の対象になっている。もしかしたらkはすべての自然数なのかもしれないと言われている。 今までの生活に変わり、小池百合子新しい生活様式というものを打ち出した。早い話「人と関わってはいけない」という話である。調査の結果、呪いは関係ないことになった。 kはkoronaを指すと言われているが、コロナの正しい綴りはcoronaである。

失われたn年の間に失ったもの[編集]

失われたn年では、インターネット環境が普及した。n≧10の時、一般家庭でパソコンが使えるようになり、n≧20の時、一般家庭でスマホが使えるようになった。 しかし、インターネット中の仮想社会が充実すると共に、現実社会は失われてしまった。みんながネットの仮想社会に生きるようになったのである。ツイ廃などのインターネット中で生きる人は社会問題になっている。さらた、ソビエト連邦構成国が0になってしまった。

また、失われたn年を起こした(と一般的に思われている)官僚の地位も失われた。それに応じて弁護士などの地位も失われた。 さらに、失われたn年の間にアンサイクロペディアの記事が失われたこともある。

失われた1000000円[編集]

国が民間企業(電通など)に案件を依頼する時、1000000円中抜きされて案件のクオリティが下がることを指す。違法だが誰も気にしない

失われた権利[編集]

失われたn年の間に同調圧力が強くなって様々な権利が失われた


関連項目[編集]