女子会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「女子会」の項目を執筆しています。

女子会(じょしかい)とは、女子達が日々のうっぷんを晴らすための宴会のこと。2008年頃からブームとなっている。

概要[編集]

写真が無かったので、絵で代用。これが女子会の例である。見れば、何か話したりしていそうだ。

「普段いえないことがストレス無しにいえる」というメリットによって、「女子会」は普及した。2010年には、新語・流行語大賞にて、トップ10入りを果たした。

ストレス解消のために月に一回または週に一回[要正確に]の頻度でその会が開かれるのが主流となっている。また、中には「企業内で男子と平等に扱ってもらえるようにするための女子だけの会議」を目的に開く女子会も存在する。

起源[編集]

1990年代[本当に?]のかつて、この世において、女子男子より立場が低かった。そこで、女子会を開くことで、女子達だけでしか言えない事を話しあうようになったのだ。

現在では、男女平等に近い状態だが、まだまだ女子の立場は低いこともあって、女子会もまだまだ開かれている。

方法[編集]

この節では、現在の主流の方法を記述する。

  1. あらかじめ、その会を開く場所[1]を決めておく。
  2. 当日、女子達だけで集まる。
  3. 料理を注文する。
  4. 料理を待つ間、愚痴話や世間話、日常話や普通の話、その他の話などをする。
  5. 料理がやってくる。
  6. 料理を食べながら、話を続ける。
  7. 食べ終わっても、話を続ける。
  8. 解散する。
  9. 帰宅する。
  10. SNSチャットなどでまだまだその話を続ける。
  11. 眠くなるまでその話を続ける。[2]

まれに、例外として、

などの場合がある。

女子会の時代による移り変わり[編集]

もともと、「女子会」は、「女子達だけで行われるうっぷんを晴らす宴会」となっていたが、今では、「女子達だけでなく、たまに男子達も含めた、日々の会話」となっている。

さらに、最近では、「オネエ達による女子会」もまれに存在しており、もはや本来の「女子会」とはかけ離れている。また、時間帯がに限らず、にも女子会が開かれることも有る。

女子会による社会の変化[編集]

もともと、雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律が施行されていても、男女の立場がまだまだ均衡にはなっていない状態であった。女子会がブームになったところで、女子の立場は上がることはなかった。

さらに、「女子会」は同性だけの人たちだけで構成されるため、「女子会」において、男子の意見が反映されないという問題が生じた。

脚注[編集]

  1. ^ 主にカフェレストランなど。
  2. ^ 厳密には、眠い状態でも続くこともある。いや、あるのは当然。

関連項目[編集]


Upsidedownmainpage.jpg 執筆コンテスト
本項は第30回執筆コンテストに出品されました。