宇宙飛行士

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「宇宙飛行士」の項目を執筆しています。

宇宙飛行士(うちゅうとびゆきさむらい)とは宇宙に飛んで行ってしまうのことである。宇宙飛行(うちゅうとびゆき)は江戸時代にあった刑罰の一つであり、最高に重い刑である。この刑に処せられた侍を宇宙飛行士と呼んでいた。

概要[編集]

宇宙飛行は江戸時代、犯罪の増加により厳罰化する刑罰の中で「市中引き回しのうえ打ち首獄門」よりも厳しい刑罰が必要になり作られた刑でありこの刑を受けるのが宇宙飛行士である。 宇宙飛行士は訓練という名の厳しい拷問のあとロケットと呼ばれる棺桶に閉じ込められ宇宙に打ち捨てられる。打ち上げの時の衝撃は想像を超えるものがあり、宇宙に行った後は無重力という上も下も分からない状況にされ食事もままならない状況になる。また宇宙酔いと呼ばれる病気になり、筋力も低下させられ長期間宇宙に放置されたものはたとえ地球に帰還しても歩くことが困難になる。 さらに宇宙飛行中の様子は全世界に向けてテレビなどで晒される。これは従来の「市中引き回し」を強化したものであり、その最中、中継により子供からも罵声(インタビュー)を受けるという屈辱的なものである。

現在でももっとも重い刑であるが、その厳しさのため生きて帰還ができれば罪を償ったとされ開放される。だが、失敗したらオワリ。爆発四散して遺体もバラバラ運が良かったとしても遺体が何とか残っているか。それでも多くの志願者が現れるが施行されることは少ないため、宇宙飛行士は少数のみであり極めて厳正に選ばれる。また帰還しても引き回しの刑は続き、テレビなどで晒し者になるという屈辱を味わう。

現在ではあまりに残酷なのでアメリカとロシアに刑の執行を依頼しているが、刑の執行は国内という原則から将来的には日本でもできるようにしようとしている。

歴史[編集]

江戸時代中期、飢饉や疫病の影響で貧困層がが増え、犯罪は増加の一途をたどっていた。これを重く見た家老松平定知は犯罪抑制のため刑罰の厳罰化を打ち出す。これにより考え出されたのが宇宙飛行である。 最初のうちはゴムのカタパルトや振り子による投げ上げであったが宇宙に到達しないため、火薬を使って強引に飛ばすようになった。 最近では火薬よりも威力の強い水素と酸素を燃やすというより残酷な方法になっている。

歴代の宇宙飛行士[編集]

  • 毛利衛
  • 向井千秋

宇宙飛行士を扱った主な作品[編集]

流刑だけでなくゴキブリ駆除もさせられる。
この話は正確には「地球に流された月人」の話である。
アサリ、ハイ貝、カモ貝の三人が度重なる会社への損害の罰として火星に飛ばされる。

関連項目[編集]