安徳天皇

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

安徳天皇とは、水中にあるとされる竜宮城の第12代当主。

来歴[編集]

日本史の記述における安徳天皇は、父方の祖父に後白河法皇、母方の祖父に平清盛を持つ人物であり、その高貴な血筋から天皇となった。しかし源平の政争に巻き込まれ、平家一門に連れられて都落ち。一ノ谷の戦い、屋島の戦いと敗戦を重ね、壇ノ浦で平家一門は滅亡したものの、その際二位尼の助言によって水中の都の存在を知った。そこで安徳天皇は、彼女の言に従って水中の探索を開始した。彼は3か月ほどかけて関門海峡から瀬戸内海に入り、ついに詫摩湾に到達した。そこで彼は大きなウミガメを発見し、幼少期に彼が読んだ浦島太郎の話をもとに近くに竜宮城があると推定。さらに2週間の探索を加えて、彼はついに竜宮城を発見した。

竜宮城以後[編集]

彼が竜宮城にたどり着いた際、二位尼から預かっていた宝剣によってその身分を証明した。竜宮城はそのセキュリティの高さで有名であり、国賓であることを証明するか国民の紹介が必要なうえ、後者の場合は多少の粗相で取り返しのつかない結果を引き起こすことになる。

通された竜宮城で、彼はある美しい女性――乙姫――に目を惹かれた。乙姫も世代交代をしており、浦島太郎を罠にはめた乙姫からすでに7世代ほどが移っていた。折しも乙姫は第18代に代わったばかりであり12歳、当時数え年8歳だった安徳天皇の結婚相手として申し分なかった。竜宮城サイドとしても天皇家の正当な血筋を家系図に取り入れることは喜ばしいことであり、彼らの結婚はとんとん拍子に進んだ。第12代当主となった安徳天皇は地上での経験を生かした政治手腕をいかんなく発揮し、一方乙姫は良妻賢母として彼を支えるという最高の夫婦として竜宮城領内の象徴となった。それなりにんで子ももうけ、後継者の心配もなくなった。彼らは幸せの絶頂にあった。

しかし乙姫一族はその出自が魚類であることから寿命が短く、安徳天皇が四十路にたどり着いたころにはもはや寝たきりであった。建久8年、乙姫は安徳天皇の手を握ったままその最期を迎えた。彼は悲しみに打ちひしがれ、自堕落な生活をするようになった。堕落した彼は国からも見放され、国外放逐処分となったのちにそのまま溺死した。このあと、死体が発見され、すぐに溺死したと思われて後の平家物語に刻まれることとなった。

平家物語の記述について[編集]

平家物語の作者も、こうした事実は知っていたとするのが現代の理解である。しかし、天皇がこうした惨めな最期を迎えたとするのはあまりに気が引け、教育的な問題もあったために、竜宮城のくだりを省き、にはならない範囲で彼の最期を描いたとされている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「安徳天皇」の項目を執筆しています。
先代
高倉天皇
天皇
安徳天皇
次代
後鳥羽天皇