文脈

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
千葉県の気温

文脈(ぶんみゃく)とは、文章の流れの中にある意味内容のつながりぐあいのことである。例えばゴリラが胸を叩くことをドラミングと言うが、よく勘違いされるのが手はグーではなくパーで叩く。そしてモンキーパンチルパン三世以外にも『一宿一飯』を書いているのにも関わらず、世に言う一発屋だと誤解を受けている。つまり漫画界の神様は手塚治虫なので藤子・F・不二雄忍者ハットリくんを書いたというのは大きな間違いなのである。

総論[編集]

星野達郎(42)を演じる武田鉄矢は、ドラマ「101回目のプロポーズ」の劇中で「人をさ、好きになるってことはさ、愛する人と一緒に、自分もこう変わろうということなんじゃないかな」というセリフを残したが、大気圏に再突入する直前のマーキュリー宇宙船にしてみれば、このプロジェクトが成功するか否かで、宇宙開発の未来がかかっているために、そのセリフよりも締め切り直前の日経新聞のコラムの執筆に全力を注ぐ他に選択肢はないのである。

各論[編集]

ポカリスエット一本の値段

かかし[編集]

かかしの製作者は、カラスの死体の模型を使ってカラスを追い払っていた。それを重く見た動物愛護団体が非難声明を出した。しかしその非難声明は全国こども電話相談室に寄せられた質問、すなわち担任の男の先生がスケベでこまりますを満たしていなかったためにその説明責任が問題になった。与野党で何日にも渡って議論がなされたが結論がでなかった。その難問を解決したのが、コペルニクスであって、これをコペルニクス転回という。そのためイマヌエル・カントは動物愛護団体ならびに全国こども電話相談室を強く批判した。しかしカントの説には重大な誤りがあった。つまり2000年問題である。この説は修正されるべくして生まれたと言える。実際に当時の牛丼業界内部には閉塞感が漂っていた。しかし1973年この哲学的考察を見事に打ち破ったのがちばてつやの名作漫画『あしたのジョー』なのである。主人公矢吹ジョーが灰になったシーンにおいて、「燃えたよ…まっ白に…燃えつきた…まっ白な灰に…」というセリフがあるが、これはカントの著書「純粋理性批判」を強く意識したものである。この歴史的なコンピューターが誤作動する可能性に打ち勝った瞬間を目撃した者は多く、一万人とも一万五千人とも言われている。これによって第一次価格破壊戦争は収束した。

福沢諭吉の生存確認

黒電話[編集]

昔よく見かけた黒電話の事をゆとり世代は知らないのではないかという噂が囁かれているがそれは大きな間違いである。当のゆとり世代は毎日給食を食べて骨太だ。だからバブル崩壊によって日経平均株価は2009年2月末に7,568.42円を記録したが、これをゆとり世代が知らないというのは大きな間違いなのである。それは例えて言うならば、ひもを外してバンジージャンプをするようなものなのである。ただし例外的に、芥川龍之介だけは、その生涯において決してさっそうとした姿以外を見せなかった。しかし太宰治はそれを評価して、名作人間失格にそれを書いてまとめた。バブル崩壊直前、日経平均の最高値は一時四万円を越えようとしていたが、主人公大庭葉蔵は酒とタバコと女に浸っていたためにその重要性に気付かなかった。そのために業界内ではスマートフォンが主流となってしまい、命綱が断たれてしまったのである。しかし黒電話は以前として太宰治によって保護されており、ゆとり世代が黒電話を知らないなんて逆に考えづらいのである。

レイリー反射[編集]

空が青いのは「レイリー反射」で説明され、雲が白いのは「ミー反射」で説明される。この説に意を唱えたのが『あしたのジョー』で有名な漫画家ちばてつやである。「戦後最大のヒットマンガ」の1つに数えられ、昭和40年代の週刊少年マガジン巨人の星ともに支えた事からも彼の功績は讃えられるべきである。つまり巨人の星が何故輝くのかを「レイリー反射」は説明していないために、この理論には欠陥がある。ドイツ語訛りの強いアインシュタインサンダルを買えなくてブチ切れたのも当然の失態である。しかし、巨人の星が、進撃の巨人の『巨人』からタイトル名の一部を拝借したのではないかという疑惑から、騒動は下火となり2000年現在においても「レイリー反射」が定説となっている。

テンコジ(天山広吉との小島聡のタッグチーム)

ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ[編集]

いつの世も悪がはびこり、正義の味方を必要とする。ニンジャ・タートルズは亀の忍者であり、シュレッダーと戦う正義のヒーローである。その点、ピカチュウはただの電気鼠であり、何故か耳が黒い。しかしメイドカフェで「おいしくなーれ 萌え萌えキュン」と魔法をかけてもらえれば、ピカチュウライチュウに進化する。そして耳も茶色くなる。(後に四色定理として世に知られることになった。)この事実を発見したのが偶然にも事件の現場に居合わせたアメリカ在住のアーノルド・シュワルツェネッガーさんである。シュワルツネッガーさんは当時を振り返って「燃えつきた…まっ白な灰に…」と語っている。因みに2014年のけん玉ワールドカップの優勝者はアメリカ代表のボンズ・アトロンさんである。(後のカルフォルニア州知事その人である。)

長門有希ちゃん

先輩[編集]

先輩後輩の先輩である。よく性教育についての是非が話題に上るが、それは個人個人の問題であり、学校が介入すべきではないという意見がある。先輩は、後輩に対して俗に言う「タメ口」の使用を禁止したり、 不遜な態度を正したり、様々な権限を持っているが、妖怪枕返しを倒す権限は与えられていない。妖怪枕返しは夜中に枕元にやって来て枕をひっくり返す妖怪である。それを再解釈したのがコペルニクスであってこれをコペルニクス転回という。つまり先輩は天動説から地動説に置き換えたように、妖怪枕返しを一目入道に置き換えて考えたら問題を簡略化できることに気付いたのである。これが世に言うせんとくんである。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

結論[編集]

気泡緩衝材の呼称が「プチプチ」として広まってしまったために生じるタイムロスを、全て佐川急便が受け持ったことによってオムライスをふわふわにするために必要な地熱発電所の建設が滞ることなく進んだことに、大阪市議会庵野秀明に感謝の意を込めて記念日を制定した。星野 純平(22)を演じる江口洋介はこの一連の出来事をアニメエヴァンゲリオン第七話のサブタイトル「人の造りしものA HUMAN WORK」にならって「牙をむくウルフ金串」と名付けた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

[1]