栗林みな実

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「栗林みな実」の項目を執筆しています。

栗林 みな実(くりばやし みなみ、1976年6月11日 - )[1] は、静岡県出身のおっぱいである。副業としてシンガーソングライター声優として活動することもある。愛称栗の子。干支が辰年なので、竜の子とも自称したことがある[要出典]AB型で、双子座。芸名の由来は、栗林忠道 旧・日本陸軍大将及び南雲忠一 旧・日本海軍大将から取ったものだと、左翼思想者たちが陰謀論を唱えている[2][3]。前述の両名ともに、名前の一部に「忠」が付いていることや、生前の階級が中将(戦死による特進のため、大将に昇格)だったこと等から一部から「ちゅーちゅー・おっぱい」とも揶揄されている。そのため、芸名改名騒動の一因になったとも言われている。

概要[編集]

[編集]

乳以外[編集]

  • 「30歳過ぎていつまでも『栗の子』でもないだろう」という一部のツッコミに、本人も気がつき始めているようである。しかし、相方の水月23歳教を始めたので、それに便乗していつまでも「栗の子」で押し通すつもりかもしれない。
  • 人見知りは卒業したらしい。
  • アダルトゲームなどにも別の芸名を使わずに出演し、顔出しOKである。
  • 中出しはバキューン!!うわ!!たすけて!!!!!。アージュ的には便利だと思われる。社員みたいなもんだし。いいえ違います、社長の秘書です。榊原ゆい一条和矢と同じ事であるらしい。
  • パ行やラ行が多い「萌え系」の単語を、素で(キャラとしてではなく栗林みな実本人として)しゃべるのは苦手らしい。よく斉藤K谷山紀章にからかわれている。
  • 斉藤Kがマネージャーを務める傍らで彼女とぴーをしているのではないかと、ファンに命を狙われる羽目になる。
  • 奥井雅美をはじめとするJAM Projectの大ファンであり、最近はよく仕事を一緒にしている。
  • 特技は、ピアノリコーダーマッピーで、マッピーの腕前は、最高で53面に到達するほどである。てかマッピーってなんだよ。
  • 本名の残滓が、君が望む永遠のラストにおける遙のペンネームにかいま見えるというツッコミは、某所ではタブーらしい。
  • 遙の「孝之くぅうぅ~ぅん」、「えぇ~ぇちがうよぉぉぉ~」、「ゲロゲログエギョニョョウ!!」の決めゼリフで156人のエロゲ廃人を本当の検閲により削除にした。
  • School Daysでの「イジワルさん」は、役名(小渕みなみ)からして本人そのものだが、本人は「いじめられてる子(言葉様)がかわいそうで結構悩んだ」と言ってる。でも、ゲーム版の弁当サッカーや、アニメ版の「伊藤にフられたの認めたくないのわかるけどさー」「あーあー、なにやってんのよー」「あはははははははは」のコンボはなかなか気合いが入ったイジメセリフだった。見た目がダース・ベイダーだけに邪悪なのか。

持ち歌[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「風のゆくえ/yours」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「君の中の英雄」の項目を執筆しています。
  • ジャンボフランク
    内気な少年と心優しい少女の、ほのぼのとした恋愛別れを描いた名曲。
  • Rumbling Hearts
    シングルカットされてないのに代表曲。それもいかがなものかと。15周年記念として、実に18年の歳月を経て、セルフカバーがリリースされた。
  • キューティーハニー
    実写版キューティーハニーの主題歌を、ワイルド三人娘名義で歌った。だがしかし当時、本人は三十路を越えており、他二名はそもそも女性でないというありさまで「どこに娘が居るんだ?」というツッコミが噴出した。
  • Yours
    リリース後、8年の歳月を経て、24時間365日・遺伝子組み換え食品・飲料を提供し続ける某社社員食堂の名前の由来となった。
  • 君の中の英雄(ひでお)
    「ひでお」て誰やねん。もしくは「君の中の」とも言われる。一応、機動戦士ガンダムAGEの主題歌になった。

脚注[編集]

  1. ^ ある一時期、Minami(みなみ)名義に改名したが、結局的に定着せず、元の名義に再改名した
  2. ^ 当時本人が所属・協力していたアージュをはじめとするちよれんの各事務所が千代田区靖国通りに面している点
  3. ^ 有名になるにつれて、親日的な台湾等での海外公演が増加してゆく一方で、しばらくの間、大陸半島での公演が見送られていた点。特に半島南部では、前述の二軍人を戦犯として扱っている点や、戦前・戦中に積極的に行われていた宮城遙拝の「宮」・「遙」を連想しやすい点、一部から呼称されている「朝鮮」に対して否定的な立場にあることから「南(みなみ)」に強い拒否反応がある点に加え、冬ソナ盗用疑惑問題、前述の冬ソナを含む4シリーズ(春・夏・秋・冬)と本人が主題歌を担当した君がいた季節がタイトルの通り四季の要素を多分に含んでいるとの類似点等が複雑に絡み合った結果、当該国での海外公演実現には2015年まで待たなければならなかった