差分

移動先: 案内検索

お年玉

14 バイト除去, 2006年12月29日 (金) 12:25
編集の要約なし
'''お年玉'''とは、[[中学生以下中学生]]にとっては、唯一の以下にとっては、唯一の[[収入源]]である。一方、その裏では、である。一方その裏では、[[親]]([[製造者]])の巧みな)の巧みな[[罠]]も仕掛けられている。ここで、それをどう切り抜けられるかが[[ポイント]]なのである。
==お年玉の落とし穴==
それはやはり、それはやはり[[銀行]]と呼ばれる、大人にとっては[[安全地帯]]で子どもにとっては、いわゆるで、子どもにとってはいわゆる[[奈落の落とし穴奈落]]である。というのは、[[銀行]]から金を引きおろせるのは、[[親]]の製造者のみ。つまり、ここに入ってしまえば、子どもはという製造者のみ。つまり、ここに入ってしまえば、子どもは[[指を咥えて]]見ていることしかできない。裏を返せば、誰にも邪魔されない、見ていることしかできない。裏を返せば誰にも邪魔されない、[[親]]の[[聖地]]と呼べよう。
==罠の数々==
*「うん!母さん」
何とも微笑ましい [[会話]](talk)であろうか。だが、[[子ども]]はよく考えるべきである。こんな、[[千円]]、[[二千円]][[一万円]]も少なくはないが、[[将来]]の為に役立つだろうか?無論。無駄な話だ。それに、[[将来]]の貯金は、おおよそ[[親]]が既に[[実行]]済みだろう。なぜなら、済みだろう。 なぜなら、[[将来]]の為の[[金]]が必要なら、こんな遠回しな言い方はしない。では、何故、こんな風に言うか。自分の金が欲しいからである。[[祖父母]]の金すらも巻き上げ、全て自らのものにすべく、[[戦略]]を立てているのだ。ちなみに、こう考えれば、貯金するより、欲しいものに使うべきである。を立てているのだ。ちなみにこう考えれば、貯金するより、欲しいものに使うべきである。
==対処法==
15,659
回編集

案内メニュー