差分

移動先: 案内検索

バカ

5,270 バイト追加, 2009年9月22日 (火) 14:01
編集の要約なし
#REDIRECT {{otheruses|動物|人間|馬鹿}} '''バカ'''(馬鹿)とは[[哺乳類]] [[鯨偶蹄目]](クジラ偶蹄目) シカ科に属する[[動物]]である。 == 概要 ==バカ(馬鹿)の名前が確認できる最初の文献は、古代[[中国]]の歴史書の[[史記]]である。その史記の記述によると、[[秦]]の二世皇帝の胡亥に対して、宦官の趙高が「珍しい馬がおります」として献上した動物がバカ(馬鹿)であった。馬と鹿の両方の特徴を持つその動物を見て、胡亥は「これは鹿ではないのか?」と言ったが、「これは馬です」と趙高が答え、群臣たちの間でもしばし論争になったと言われる。結局の所は、馬と鹿の中間の動物であるバカ(馬鹿)という事で決着したものの、趙高は後日、鹿だと答えた官吏を軒並み捕らえて処刑し、反対派粛正に利用したと言われる。 しかしながら、その後の歴史でバカが確認されたという記録は存在せず、長らくバカは架空の動物の扱いをされていた。趙高が反対派粛正に利用した事から、実は趙高が献上したのは間違いなく鹿であった(馬だという説明は全くの虚偽であった)というのも有力な説であった。 しかし1875年8月11日、博物学に長けたフランス人宣教師のフランソワ・ ボンジュールが、現在の四川省西部珍宝県にて、地元の猟師が持っていたバカの剥製を欧米人として初めて発見した。後日、パリの国立自然史博物館にその剥製を送った。これがきっかけとなり、バカの存在が広く知られるようになり、実在の動物である事が確認された。実は現地においてはかなりありふれた動物であったのだが、長らく中国において蛮族の住む地であるとされていたため、あまり知られていなかったのである(戦国時代の秦の領域内ではある)。発見後は世界各地の動物園に寄贈され、世界的に有名な動物となった。 == 身体的特徴 ==バカは多くのシカ科の動物と同様に、草食性で[[ウシ|牛]]のように4つに分かれた[[胃]]を持ち、[[反芻]]による[[消化]]を行う。また多くのシカ科の動物がそうであるように、バカのオスは枝分かれしたツノを持つ。成獣の体重は40kg〜80kgほどで、ニホンジカに近い。その一方で、蹄の形状はウマに酷似している。 そのバカ(馬鹿)の名前の通り、馬と鹿の中間の動物であるとして、長らく専門家の見解も一致していた。奇蹄目(きていもく)と偶蹄目(ぐうていもく)が分岐する以前の古い特徴を現在に残す動物ではないかという説が有力であった。そのためこの動物を奇蹄目と偶蹄目のどちらに分類するかについて、学会でもしばし論争となったが、蹄がウマに酷似する事から、バカは奇蹄目に分類する場合が多かった。 しかしながら近年の遺伝子の解析によって、間違いなくシカの近縁種であると確認された。そのウマに酷似した蹄は、収斂進化の結果であると結論された。そのため現在では鯨偶蹄目に分類されている。 == 逸話 ==近年になって一般に知られた動物であるが、馬と鹿の両方の特徴を備えた動物として有名になった事から、話題には事欠かない。そのため、バカに関する逸話は数多い。 *バカは風邪を引かない。:バカは普通感冒や流行性感冒(インフルエンザ)、つまり俗にいう風邪には決して感染しない事が知られている。家畜や野生動物にインフルエンザが流行した場合においても、バカへの感染例は皆無である。これはバカの鼻腔や咽頭の粘膜に寄生するバクテリアであるバカボノイドが、風邪のウイルスを駆逐するためである事が、近年の[[バカ田大学]]医学部の研究によって明らかになった。ただしバカボノイドはバカ以外の動物に寄生した場合、激しい毒性を示すため、これを人間の風邪の予防に利用する事は不可能であるとされている。 *バカと鋏は使いよう:バカの身体の大きさはシカと同程度であり、ウマのように人間や荷物を載せたり、農耕に用いる事は不可能であるとされる。だが、ウマと同様に人間に慣れやすいため、現地では子供がウマに乗る練習用として、広く用いられていた。 *特攻兵器:野生のバカを捕獲しようとすると、バカは激しく抵抗し、しばしば捕獲しようとする人間に体当たりして殺すとともに、自らもその衝撃で死んでしまう事がある。この事からアメリカ軍は、日本軍の特攻兵機である桜花に、「バカ」というコードネームをつけている。 == 関連項目 ==*[[バカの壁]]*[馬鹿[バカ田大学]]  {{スタブ}}{{DEFAULTSORT:はか}}[[Category:動物]]
2,955
回編集

案内メニュー