差分

移動先: 案内検索

バカ

14 バイト追加, 2009年9月23日 (水) 01:04
概要
== 概要 ==
バカ(馬鹿)の名前が確認できる最初の文献は、古代[[中国]]の歴史書の[[史記]]である。その史記の記述によると、[[秦]]の二世皇帝の胡亥に対して、宦官の趙高が「珍しい馬がおります」として献上した動物がバカ(馬鹿)であった。ウマとシカの両方の特徴を持つその動物を見て、胡亥は「これは鹿ではないのか?」と言ったが、「これは馬です」と趙高が答え、群臣たちの間でもしばし論争になったと言われる。結局の所は、ウマとシカの中間の動物であるバカ(馬鹿)という事で決着したものの、趙高は後日、シカだと答えた官吏を軒並み捕らえて処刑し、反対派粛正に利用したと言われる。の二世皇帝の胡亥に対して、宦官の趙高が「珍しい馬がおります」として献上した動物がバカ(馬鹿)であった。[[ウマ]]と[[シカ]]の両方の特徴を持つその動物を見て、胡亥は「これは鹿ではないのか?」と言ったが、「これは馬です」と趙高が答え、群臣たちの間でもしばし論争になったと言われる。結局の所は、ウマとシカの中間の動物であるバカ(馬鹿)という事で決着したものの、趙高は後日、シカだと答えた官吏を軒並み捕らえて処刑し、反対派粛正に利用したと言われる。
しかしながら、その後の歴史でバカが確認されたという記録は存在せず、長らくバカは架空の動物の扱いをされていた。趙高が反対派粛正に利用した事から、実は趙高が献上したのは間違いなく鹿であった(馬だという説明は全くの虚偽であった)というのも有力な説であった。しかしながら、その後の歴史でバカが確認されたという記録は存在せず、長らくバカは架空の動物の扱いをされていた。趙高が反対派粛正に利用した事から、実は趙高が献上したのは間違いなくシカであった(ウマだという説明は全くの虚偽であった)というのも有力な説であった。
しかし1875年8月11日、博物学に長けたフランス人宣教師のフランソワ・ ボンジュールが、現在の四川省西部珍宝県にて、地元の猟師が持っていたバカの剥製を欧米人として初めて発見した。後日、パリの国立自然史博物館にその剥製を送った。これがきっかけとなり、バカの存在が広く知られるようになり、実在の動物である事が確認された。実は現地においてはかなりありふれた動物であったのだが、長らく中国において蛮族の住む地であるとされていたため、あまり知られていなかったのである(戦国時代の秦の領域内ではある)。発見後は世界各地の動物園に寄贈され、世界的に有名な動物となった。
2,955
回編集

案内メニュー