差分

移動先: 案内検索

お年玉

21 バイト追加, 2009年10月9日 (金) 12:53
罠の数々
*「うん!母さん!」
何と微笑ましい 会話(talk)であろうか。だが、子どもはよく考えるべきである。こんな、千円、二千円、一万円も少なくはないが、将来の為にどれだけ役立つというのだろうか?確かに子供から見れば何でも買える(気がする)大金であるが、社会に出る頃に見れば子供時代のお年玉なぞ一年分の学費にも満たない端金であり、無論ほとんど意味をなさない。それに、将来の貯金ならば、まともな親を持っているならば既に親が実行済みだろう。確かに子供から見れば何でも買える(気がする)大金であるが、社会に出る頃に見れば子供時代のお年玉なぞ一年分の学費にも数カ月の家賃にも満たない端金であり、無論ほとんど意味をなさない。それに将来の貯金ならば、まともな親を持っているならば既に親が実行済みだろう。
本当に将来の為の金が必要なら、こんな遠回しな言い方はしない。では何故、こんな風に言うのか。答えは簡単、自分の金が欲しいからである。祖父母や一年に数えるぐらいしか会わない親戚の金すらも巻き上げ、全て自分のものにするべく戦略を立てているのだ。
匿名利用者

案内メニュー