独身税

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
このページに対して編集合戦が行われています。編集合戦の首謀者は一度冷静さを取戻し、編集を一時中断してください。首謀者でない第三者は、このページのノートにどちらの版を支持するか記載し、ノートで合意を形成してください。合意が形成されたら、このテンプレートを剥がすなり、特定の版へ差し戻してください。
※ なお、これ以上編集合戦が続く場合、エゴイストの手によってサイレスの魔法を喰らうことは心の片隅にでも留めておきやがれ。
PushPlease2.png
プレビュー活用依頼
この記事はある編集者が保存ボタンを猛連打して編集しているせいでアンサイクロペディアのサーバがピンチです!
どうか記事を書き込む前にプレビュー機能を猛活用し、虚弱体質のサーバをいたわってください!
Justice and Law 2.png
法令情報に関する注意: この項目は特に記述がない限り、日本の法令について解説しているのかもしれません。最新の法令改正って何でしょう?
ご自身が現実に遭遇した事件については、このような場所に入り浸らず、その現実と向き合って解決して下さい。免責事項もお読み下さい。

独身税(どくしんぜい)とは、美しい国を永続させるため満30歳になっても結婚出産をしていない男女に課税される日本の税金独身税法が2020年2月29日に公布され、2020年4月1日より施行。国会における出席者が40%を切る中、与党のみの賛成多数で可決された。男性独身税および女性独身税をあわせた総称で、シングル税や結婚優遇税(けっこんゆうぐうぜい)ともいわれる。多くの反対派からはブサイク税、一部の者からは貴族税と呼ばれている。

背景

政府による一夫一妻制の結婚統制は、統計的に出産数が減少方向へ収束するものであり、先進国における少子化問題や、平均寿命が20年近くも伸びたことでの賦課方式による年金制度の崩壊及びその他の社会問題は、21世紀に入る前より事あるごとに取り上げられてきていた。2005年6月にNHKがこれら諸問題に対して「人口減少社会 幸福2020」にて「独身税」を施行すべきだと提言していた。

時悪く、2011年3月に東日本大震災が発生し、復旧には数十兆円規模の莫大な費用を要するものの、国会議員は右往左往し続けるだけで強力なリーダーを育てて協力する議論をしなかった。政府(与党と官僚の一部)はとにかく経済の成長を願い、2014年、東京都知事と協力して、2020年に五輪を招致することとした。チャイナでも日本の小笠原諸島への赤サンゴ応援ブームが見られた。当時の首相は、更なる活気をと「人材の活躍強化~女性が輝く日本!~」のキャッチフレーズで女性をドミノ倒しの道具にし、7条解散による総選挙を行って、真の自由と国連で当然に認められている国防力を取り戻した。しかし、なぜか多くの国民はすでに全世代で勤労意欲、納税意欲、消費意欲の減衰を起こしており、たった2520億円程度の新国立競技場は断念せざるを得なくなった。その後、五輪のエンブレムや開催地の決定に関する不透明さが話題となったり、2016年には、熊本地震も発生したり、公開性が保てない公用車の車内までも会議室にする知事が現れたり、さらにはビフ・タネンアメリカの大統領となり、多くの国民が税金の使い方を決める政治家の資質を問題とするようになった。

しかし、国家公務員マスコミは、合成の誤謬に伴う民主主義の無力さを逆手にとって、政治のコスト議論をウヤムヤにし軽減税率の採用によって天下り先を増やしつつ、二度も延期していた消費税の税率を2019年10月に10%へと増加させた。当然国民経済が回復することはなく、貿易も減衰し国内の大半の中小企業は倒産した。まるで戦争を期待するかのようなアジア情勢の緊張や不安も続いており、国民の不信感や不安感は増すばかりで、日本政府は憲法改正をするまではアメリカの軍事力を国民の税金でレンタルし続ける必要があった。若い世代の職業選択や労働条件も更に悪化し、経済的な不安に伴って結婚するのは一部の公務員だけで、数%のお金持ちは2号・3号を抱えるようになり、生活保護の受給率も急増し20代の未婚率が70%に突入した。

税収の減少がさらに心配される中、かほく市ママ課の地方公務員財務省に子供のいる家庭へのさらなる補償をお願いしたところ、ついに政府は地方創生の名の元、東京都知事と協力して経済及び司法・立法・行政の独占を図り東京23区以外の住民の自立独立を求めるべく、「独身税」の施行に踏み切ることとした。

課税内容

  • 保育の無償化、育児休暇時に給与の半額を支給、子供が成年するまでの手当の財源として未成年の子供を持つ夫婦に再分配されるほか、あらゆる少子化対策に用いられる地方税(都道府県の目的税)。収監者と生活保護受給者は法定免除。AV男優AV女優は作品を添付して市町村へ申請することで免除される。自衛隊員警察官国家公安委員会接待費に流用可。
男性独身税
  • 30歳以上65歳未満で、妻に出産歴がないか婚外子の認知を行っていない男性。離別した場合は再課税が始まる。
無精子症や勃起不全症は、医師の診断書(ただし、独身税適用年齢以前の診断書に限る)を添付して申請することにより減免対象となる
  • 都道府県民税比例の定率制(2022年度より、都道府県民税の19.19%)。
応能主義の原則より、高所得者ほど高額の税負担を求める
女性独身税
  • 30歳以上65歳未満で、未婚の女性。離別した場合は再課税が始まる。
不妊症と診断された女性は、医師の診断書(ただし、独身税適用年齢以前の診断書に限る)を添付して申請することにより減免対象となる
  • 月割賦課の定額制(2024年度より、月10,721円)。
応益主義の原則より、平等に税負担を求める

過去の改正

結婚相談所開設の資格認定化(2021年度)
高い会費を払ってもなかなか結婚できない結婚相談所のあり方については、発足時より問題となっていた。2021年度より、各都道府県のハローワークで開催される研修を受けて資格認定を受けなければならなくなった。なお、専門職の公務員が増えることとなったのは言うまでもない。
男性独身税の定率制への変更(2022年度)
当初は男性独身税も女性独身税と同様に定額制であったが、相対的に税負担が重くなる低収入の男女からは大きな批判が寄せられていた。男性は所得と結婚の難易度に強い相関関係があることから、低収入の独身男性に過度の税負担を求めると一層の非婚化を助長するとの批判により、2022年度以降は男性独身税が都道府県民税比例の定率制に変更された。一方で女性は所得と婚姻率の間に相関関係が見られなかったため、改正は見送られた。
女性独身税の減免・不妊治療補助費への年齢制限(2023年度)
当初は女性独身税の不妊による減免申請や不妊治療補助費への年齢制限がなかったが、そもそも加齢により産む機械としての性能が損なわれるのは当然であり、高齢女性の不妊症診断による減免申請が相次いで独身男女間の納付率が大きく乖離したため、是正のために年齢制限が導入された。
離婚時における独身税の再課税(2024年度)
当初は婚姻歴が一度でもあれば納付対象外であったが、偽装結婚増加への対策のため婚姻歴要件が除外された。なお、偽装結婚でも離婚の際には男性が女性に慰謝料を払うべきという最高裁の判例により男性の偽装結婚がありえないだろうと男性独身税からの婚姻歴要件の除外が検討されたものの、子供がいる場合に養育費を払わない男性が多すぎるため、やはり改正された。
不妊認定の年齢要件厳格化(2025年度)
加齢によって不妊が起こりやすくなるのは男女とも同じであるし、それによって独身税を免除されるのは本来の立法目的から逸脱しているとの批判により、2025年度以降は税の減免に係る不妊認定の年齢要件が「独身税適用年齢以前の診断書に限る」と厳格化された。この改定により、女性側の閉経および男性側の生殖機能不全も減免要件から除かれることとなった。

問題点

消費税増税による購買意欲の停滞はもとより言われていたが、人間の欲望における「飲む(酒やタバコ)」「打つ(パチンコやバクチ)」「買う(異性)」に対しては、国民の幸福追求に対する心情的に課税しにくいものと考えられている。2011年7月に当時の財務相が「たばこ税や酒税の引き上げはオヤジ狩りみたいなもの」と発言したり、「宝くじは社会的弱者への税金」と言われたりパッキーカードが警察の天下り先となっていたりで、残る「異性」に係る欲望に課税策を取るしかなくなっていた。

どのような法律や課税でもスキマが存在してしまう。現在の法令においてもすでに偽装結婚や、医師による診断書偽造及びその闇ビジネス化といった問題が指摘され、「子無し税」への変更や「国民年金」の廃止、また、育児をしている夫婦への補助金を厚くして北欧のように負担と福祉を比例させるための改正が求められているが、国民の存在しない国家を存続させようとする既得権者及び国会議員のなれあいが続いている。

派生現象

2ヶ月以上日本で生活する外国人も課税対象である。2ヵ月目に納入通知書が送られると外国人はすぐ帰国するようになり、ここ数年各自治体は滞納処理対応に頭を抱え、政府に1ヶ月以上のビザの取得条件を難しくして欲しいと要望している。このことに関連して外国人の日本離れが進むこととなり、貿易赤字も増加して悪循環に陥っている。

2011年8月のiPS細胞でのマウス実験により、性交を経ずに男性女性も作れるようになるというマンガのようなトンデモ説が現実味を帯びている。しかし政府は、倫理観(相続差別や奴隷制への危惧)から、推進を認めていない。公務員の受験資格においては、既婚者であることあるいは職員の結婚の義務付が議論されようとしている。

換金免許制度の創設による「パチンコ税」や年少者の各種事件に付随した携帯電話の利用者に対する新税の案など、国民を堕落させる行為には各種の法令で厳しく取り締まるべきだという理由から、ほかにも次々と天下り先の新設を目論む意見が官僚より挙がっている。40歳を超えた魔法使いは、すでに困窮から逃れる術をもち一切の迷いがないため、「まあ使っていないチンコにチンコ税がかかってもしょうがないわな」と賛成や反対を表明していない。

規制の歴史

政府が増税によるペナルティーを課してまで国民の結婚や家族関係に対して規制を行っているのは、2024年12月現在日本だけであるが、OECDでは低負担低福祉の代表である韓国では、日本同様に少子化に悩まされ、2017年より結婚に対する婚姻税額控除が実施された。

現在の増税が抱える問題の根源は、民主主義において税収に対応しようとしない議員や公務員の人件費高騰である。本当の意味での少子化対策としては戦時にも検討されていた。国税庁メールマガジン(第41号、H20/11/4)において、

Q 太平洋戦争も差し迫った昭和16年(1941)1月、政府は「人口の永遠の発展」を目指し、人口政策確立要綱というものを策定しました。この要綱では、どのような租税政策が提言されたのでしょうか。
A この要綱では人口増加と死亡減少の二つの方策が考えられました。後者については、当時の死亡率で重大な比率を占めていた結核対策を行うとともに、健康保険制度の拡充を図ることも盛り込まれています。一方、人口増加については、結婚の平均年齢を3歳引き下げることや、一夫婦の出生児数を増やすことが目標とされました。そのため結婚が奨励され、紹介やあっせんを行う以外にも、結婚費用の徹底的軽減を図ることとし、同時に婚資貸付制度を導入することとしました。このほかにも家族の医療費、教育費などの扶養費の負担軽減を図ることとしました。
 このような計画から、扶養家族が多い人には税負担を軽くし、独身者には重くするという人口政策を加味した租税政策を採ること、いわゆる「独身税」の採用がこの要綱では提言されています。

と取り上げられている。

関連項目